ハンドメイドでキュート!環境に優しいShop Toastのギフトボックス

ハンドメイドでキュート!環境に優しいShop Toastのギフトボックス

views:0

ハワイのローカルたちに絶大な人気を誇るローカルブランド、ショップ・トースト(Shop Toast)。
木を使った手作りの雑貨アイテムたちは、温もりが感じられ日々の生活に癒しを与えてくれる。
ロコの間で特に人気なのがギフトボックスだ。
ぽち袋の代わりにお金やギフトカードを入れたり、ばらまきギフトとしてキャンディーやチョコレートを入れたり、はたまたスペシャルギフトとしてジュエリーを入れたり…。
ボックスの中が空洞になっているので、小さなアイテムだったら割と何でも入りそう。
このユニークなボックスを作っているのは、生まれも育ちもホノルルという生粋のローカル、ジェレミー・ショウダ(Jeremy Shoda)さん。
ハワイ大学マノア校の建築学部を卒業し、3Dデザインが得意な彼は環境に優しいパッケージを模索して、2006年にこのユニークな木製のギフトボックスにたどり着いた。
 「ノープラスチック(No plastic)、ノートキシック(No toxic)で、持続可能な方法で育てられた木を使ったギフトボックスです。
『持続可能』の意味は、一本木を切ったら、一本植林するということ。
常に森があることになります」と、エコシステムについて語ってくれたショウダさん。
ショウダさんが作り出すユニークなアイテムに地元ファンは増え続け、2007年にはカイムキ(Kaimuki)に小さな直営店を構え、100種類以上のキュートなアートデザインがあしらわれたギフトボックスが所狭しと並んでいる。
全てホノルルのアトリエや店内でショウダさん自身が手作りしているハンドメイドアイテムだ。
 ローカルの心をつかむデザインの数々 ロコに人気なのは動物のアートデザイン。
犬や猫などが人気だそう。
特に犬はボストンテリアや柴犬、チワワなどブリード別のデザインがありポピュラーなアイテムだ。
その他、だるま柄や干支を使ったデザイン、学校の卒業シーズンに大人気な卒業生デザイン、ホリデーシーズン用のクリスマスデザインなど、ローカルのライフスタイルに合わせた様々なデザインがあり、コレクターもいるほど。
値段はシンプルなデザインのもので$5からフィギュアスタイルの$15までと、買いやすい値段からプチ贅沢品まで用意している。
しっかりした作りなのでギフトボックスとして再利用できるのはもちろんのこと、インテリアとして部屋に飾ったり、ギフトボックスのライフサイクル…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事