いつもの味も限定メニューも外せない!ホノルル進出を果たした旨い日本のラーメン店

いつもの味も限定メニューも外せない!ホノルル進出を果たした旨い日本のラーメン店

日本の国民食であるラーメンは、いまや専門のガイドブックが作られるほどの人気ぶり。訪日外国人にも人気が高く、本場中国に逆輸入されるなど世界を席巻しているラーメンは、もちろんハワイにも上陸済み。日本の味が恋しくなったときは寿司や天ぷらも良いが、ふらっと気軽に立ち寄れるラーメンに足を向けてみてはいかがだろう。ハワイならではのサイドメニューも味わってみて。

つけ麺「つじ田」/Tsujita 

つけ麺「つじ田」/Tsujita

東京は御茶ノ水に本店を構える、濃厚つけ麺の人気店「つじ田」。”Zagat LA times”や”LA Weekly”でも毎年賞を受賞しており、LAではなんと開店当初に2時間待ちという脅威の行列が話題となった名店だ。

そんな世界でも人気のラーメン店が店を構えるのが、ワイキキ・ショッピング・プラザの地下1階に現れた、日本食の名店が集まるフードコート「ワイキキ横丁」。江戸時代の街並を模したこの場所は、ハワイにおけるラーメンの聖地とも呼ばれている。

世界各国に店を展開しているつじ田だが、”どこにいても本店と同じ味がいただける”というコンセプトにのっとり、ハワイでも味は御茶ノ水本店のまま。ハワイの製麺所と共同開発した麺を使用するなど、味の再現性をとことん追求している。 本店で人気のサイドメニューといえばチャーシューごはんだが、ハワイ店にはマグロ丼やツナ丼といったハワイらしいサイドメニューが用意されている。お馴染みのラーメンにハワイ限定のサイドメニューとあれば、つけ麺好きであれば足を運ばないわけにはいかないだろう。

つけ麺「つじ田」/Tsujita

つけ麺「つじ田」/Tsujita

つけ麺「つじ田」/Tsujita アクセス+店舗情報

つけ麺「つじ田」/Tsujita

住所:
2250 Kalakaua Ave, Honolulu
電話番号:
808-777-3546
営業時間:
11:00~24:00(LO 23:00)
定休日:
無休
URL:
http://www.tsujita-hawaii.com/

 

LaniLani掲載のSHOP記事

つけ麺「つじ田」/Tsujita

Bario/バリオ

バリオ/Bario

がっつり食べたいときのラーメンといえば、新橋や日本橋などビジネスパーソンが集う街にて人気を誇る「バリオ」ではないだろうか。

こちらのラーメンの特徴といえば、これでもかと言うほど具材が乗せられたボリューム満点で濃厚な豚骨味。“男のための一杯”と言われるのもうなずける、ニンニクがしっかり効いたパンチのあるラーメンだ。

バリオが世界進出を視野に入れていたのは、ラーメン好きなら周知の事実。そんな名店が海外1号店に選んだ場所は、選ばれし人しか店を構えることのできないハワイの「ワイキキ横丁」。吉祥寺店や小川町店を閉店してまで、ハワイ店に注力しているという噂もあるほどだ。

豚骨スープに麺が絡むベーシックなラーメン も人気だが、ハワイではまだまだ馴染みの薄いつけ麺も人気の模様。どうしようもないほど空腹で仕方がない…といった際には、ラーメン同様に丼から溢れそうなほどのチャーシューが乗ったチャーシュー丼も併せてオーダーしてみてはいかがだろう。

バリオ/Bario アクセス+店舗情報

バリオ/Bario

住所:
2250 Kalakaua Ave, Honolulu
電話番号:
808-674-7156
営業時間:
11:00~24:00(LO 23:00)
定休日:
無休
URL:
http://bario.co.jp/

 

LaniLani掲載のSHOP記事

バリオ/Bario

豚骨火山/Tonkotsu Kazan

 豚骨火山/Tonkotsu Kazan

エンターテインメント性の高いラーメンとして知られる、大阪生まれのラーメン店「豚骨火山」。バンコク・シンガポール・ジャカルタと世界進出を果たしている人気店の看板メニューが、最後のスープ一滴まで熱々で食べられるようにと開発された“火山らーめん”だ。

こちらは丼の代わりに熱々の石鍋が使用されており、提供された時点では未完成 。目の前でスープが注がれ、特徴的な赤いふたがかぶされると、ふたの上部から火山噴火のようにもくもくスープの蒸気が沸き上がる。ここでやっと、火山らーめんは完成するのだ。

毎日食べても飽きがこないよう開発されたベーシックな豚骨ラーメンだが、そこに新しいエッセンスが加わったことで、好奇心がくすぐられる一杯となった。写真映えするインパクトあるビジュアルのラーメンは、旅のみやげ話としてもぴったりだ。

豚骨火山/Tonkotsu Kazan アクセス+店舗情報

豚骨火山/Tonkotsu Kazan

住所:
2250 Kalakaua Ave, Honolulu
電話番号:
808-777-3547
営業時間:
11:00~24:00 (金〜土曜 〜翌日2:00)
定休日:
無休
URL:
http://tonkotsukazan.com/

 

LaniLani掲載のSHOP記事

豚骨火山/Tonkotsu Kazan

えぞ菊/Ramen Ezogiku

 えぞ菊/Ramen Ezogiku

札幌ラーメンといえば、ラードを使用したこってりスープに、黄色みを帯びた太くて固めのちぢれ麺。そんな札幌ラーメンの味を東京中に広めた大衆食堂「えぞ菊」が、ハワイに上陸した。

昭和43年開業という老舗ラーメン店が生み出す一杯は、北海道出身者でさえ「懐かしい!」と感じるベーシックな味噌ラーメン。限られたスタッフしか配合を知らないという門外不出の自家製味噌ダレには、3種類の味噌と30種類以上のスパイスを使用。これらを数ヶ月間寝かせることで深みを出したスープは、やみつきになること間違いなしの味だ。

そんな庶民的な味は、日本人だけでなくロコをも虜にしているようで、レジ前はいつも長蛇の列。アボカドやバジルといった食材を使用したハワイならではの期間限定ラーメンも提供されているため、こちらも味わってみてはいかがだろうか。

ラーメン以外にも、チャンポンやソース焼きそばといった、懐かしい日本の味も勢揃い。ロイヤル・ハワイアン・センターのフードコート内でいただけるので、小腹が空いたら買い物ついでに立ち寄ってみよう。

えぞ菊/Ramen Ezogiku アクセス+店舗情報

えぞ菊/Ramen Ezogiku

住所:
2201 Kalakaua Ave, Honolulu(ロイヤル・ハワイアン・センターB館2階)
電話番号:
808-447-7595
営業時間:
10:00~22:00
定休日:
無休
URL:
https://ezogiku.jimdo.com/

 

LaniLani掲載のSHOP記事

えぞ菊/Ramen Ezogiku

梅光軒/Baikohken

梅光軒/Baikohken

ワイキキ・ショッピング・プラザ1階より地下へと続く階段を降りると、目の前に現れるのが旭川ラーメンの名店である「梅光軒」。昭和44年創業の老舗で、”市民が選ぶ旭川ラーメン大賞”最優秀賞や、”ミシュランガイド北海道2012”にも掲載されたことのある有名店。そんな北国の味を、南の島ハワイでいただくというのはオツではないだろうか。

梅光軒で提供されるラーメンは、創業当時から変わらぬ濃厚なしょうゆ味 。豚骨・鶏ガラといった動物系と魚介系を組み合わせたWスープに、加水率の低い色白のちぢれ麺といった旭川ラーメンの特徴をギュッと詰め込んだ、懐かしい味をいただくことができる。

店内の大きな丸テーブル中央には桜の木が飾られるなど、和風カフェのように落ち着いたインテリアが特徴的。おしゃれな店内でいただく懐かしい味は、これまたオツなものではないだろうか。

梅光軒/Baikohken

梅光軒/Baikohken アクセス+店舗情報

梅光軒/Baikohken

住所:
2250 Kalakaua Ave Suite LL100-4 Honolulu
電話番号:
808-777-3549
営業時間:
11:00~24:00(LO 23:00)
定休日:
不定休
URL:
http://baikohken.com/

 

LaniLani掲載のSHOP記事

梅光軒/Baikohken

ふとしたときに食べたくなるものが、日本人のソウルフードでもあるラーメン。今回紹介したラーメン店では、どこも日本と変わらぬ味が楽しめる。ハワイならではの限定メニューも多く提供されているため、ラーメン通ならずとも一度は足を運んでみてはいかがだろうか。