カライ・クラブ/Karai Crab

カライ・クラブ/Karai Crab

辛いカニを手づかみで豪快に!話題のシーフードレストラン

カライ・クラブ/Karai Crab

店名の通り、スパイシーなカニが名物のシーフードレストラン。チリやタバスコなどを使用したアメリカ南部のケイジャン料理が味わえる。新鮮なカニやエビ、クロウフィッシュ(アメリカザリガニ)を手づかみで食べるスタイルは、ワイワイ盛り上がりたいツーリストにうってつけ。もちろん、辛くない料理、こども向けのメニューもあるので、ファミリーも安心。

カライ・クラブは、モイリイリに佇む1944年創業のガーデンレストラン「ウィローズ」が手掛けるお店。同じ敷地内にあるため、テラス席ならトロピカルな庭園を眺めながら食事が楽しめる。ワイキキ中心部からは、車で10分ほど。日本のメディアでも話題となっている人気店なので、念のため予約してから訪れよう。

食材、ソース、辛さをチョイス!食べたいものを好みの味付けで

カライ・クラブ/Karai Crab

カライ・クラブの魅力は、なんといっても食材、ソース、辛さを選んで、自分好みにカスタマイズできるという楽しさ。食材はエビ($13)、ムール貝($14)、カニ(スノークラブ・キングクラブ・ダンジネスクラブ、時価)といった単品メニューと、エビや活アサリ、コーン、ポテトなどが入ったお得なセット「カライコンボ」($25)を用意。カライコンボには名物のカニが入っていないので、好みのカニを追加オーダーしよう。

自家製ソースは、ガーリックとスパイスが効いた定番のKaraiスペシャル、ハワイ風にアレンジしたトロピカルハワイアン、胡椒がアクセントになったレモンソースなど全6種類。辛さはマイルドから激辛まで4段階。辛いのが苦手な方は、マイルドのバターガーリックソースがおすすめ。

お酒が進むサイドメニューや激辛チャレンジメニューも

カライ・クラブ/Karai Crab

サイドメニューは、自家製ソースをつけて食べたいフランスパン($2)をはじめ、ガーリックヌードル($7)、チキンウィング($12)、フライドキャットフィッシュ($11)など、ビールが進むメニューが揃う。激辛のチキンウィングを制限時間内に食べるユニークなチャレンジメニューもあるので、自信のある方は旅行の記念にトライしてみると楽しいかも。

カライ・クラブを訪れるときは、汚れてもよいカジュアルな服装で行くのがおすすめ。カニのロゴが入ったかわいいエプロンを支給されるが、お気に入りのワンピース、白系の袖付きのトップスは避けるのがベター。スパイスは洗濯してもなかなか落ちないので、特にお酒を飲んで盛り上がりたい方は汚れが目立ちにくい黒系トップスを一枚準備しておこう。

カライ・クラブ/Karai Crab アクセス+店舗情報

カライ・クラブ/Karai Crab

住所:
901 Hausten Street, Honolulu
電話番号:
808-952-6990
営業時間:
17:00~21:00
定休日:
サンクスギビング、12/24、12/25、12/31、1/1
URL:
http://karaicrab.com/jp/

周辺のお店

全てのお買い物のショップを見る

関連する記事