ハウス・ウィズアウト・ア・キー/House Without a Key

ラグジュアリーホテル内にあるレストラン

ハウス・ウィズアウト・ア・キー

ハワイ語で“天国にふさわしい館”という名前の「ハレクラニ・ホテル」。この高級ホテルに“お客様に気兼ねなく来ていただけるように”という思いで名付けられたレストラン「ザ・ハウス・ウィズアウト・ア・キー」がある。

小説家アール・ビガーズが1925年にスタートさせた小説シリーズ『チャーリー・チャン』、その処女作『The House Without a Key(鍵のない家)』に登場するレストランだ。

毎晩開催されているフラ・ショーで有名だが、朝食にも定評がある。ハワイの新鮮な食材を使った料理が数多く並ぶビュッフェ式の朝食では気の利いたサービスも。料理を取りに行く時に使う“料理を覆うカバー”だ。食べ物を残して席を立つと“あっ”という間に鳥に食べ物を荒らされてしまうハワイではちょっとした工夫が嬉しい。

「ザ・ハウス・ウィズアウト・ア・キー」の代名詞“フラ・ショー”

ハウス・ウィズアウト・ア・キー

「ザ・ハウス・ウィズアウト・ア・キー」といえばやはり“フラ・ショー”。これはハワイ定番のアトラクションだが、ルアウ・ショーほどの予算をかけずに本格的なフラ楽しめるのが「ハウス・ウィズアウト・ア・キー」のショー。

毎晩17:30~20:30まで開かれており、おつまみ(スナック)とノンアルコールカクテルなら6ドル~7ドル、カクテルなら12ドルほどで、歴代の元ミス・ハワイが美しいサンセットをバックに優雅に踊るフラを楽しむことが出来る。

ハウス・ウィズアウト・ア・キー

 

入店時にディナーかドリンクのみのどちらかを選ぶが、ドリンクのみのほうが前の席に案内される。ディナーだとやや後方にはなってしまうが見難いというほどではないので、ゆっくり食事を味わいながらのショーも捨てがたい。

ハウス・ウィズアウト・ア・キー

金曜日はカノエ・ミラーさんなど“元ミス・ハワイ”の美しいフラだけでなく、午後8時頃になるとヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジの花火も楽しむことが出来るので、時間があえばとてもお勧めだ。

倒れてもフラを見守っているキアヴェの木

このレストランのフラ・ショーで最も有名なフラ・ダンサーは、やはり「ハレクラニの華」と呼ばれる、カノエ・ミラーさんだ。現在はフラ・ショーやワークショップ等でハワイを離れていることが多く、ここでフラを見ることが出来ないこともあるようだが、他にもデビー・ナカネルアさんなど、元ミス・ハワイが美しいフラを披露してくれている。

ハウス・ウィズアウト・ア・キー

さて、「ザ・ハウス・ウィズアウト・ア・キー」といえばフラとともに樹齢100年を超えるキアヴェの木が有名だったが、2016年8月早朝、根元から折れて倒れているのが発見された。危険防止等の理由から一部を切り落とされたが、いまも倒れた当時の場所に置かれ、フラを見守っている。

ハウス・ウィズアウト・ア・キー/House Without a Key アクセス+店舗情報

ハウス・ウィズアウト・ア・キー/House Without a Key

住所:
2199 Kalia Rd
電話番号:
808-923-2311(ホテル)
営業時間:
7:00~21:00(ショーは17:30~20:30)
定休日:
無休
対応カード:
VISA、マスター、アメックス、ダイナース、JCB
URL:
http://www.halekulani.com/jp/