レイに宿る大いなるマナの恩恵

レイに宿る大いなるマナの恩恵

views:326

 

 5 月1 日はレイの日

そこに込められたアロハの精神

 

もともと魔よけやラッキーアイテムとして身につけられていたハワイの伝統的な装飾品レイ。今では信心深い高齢者を除くと日常的に身につける人は少ないが、自然への敬意とその恩恵への感謝、祝福や愛情、ハワイを訪れる人への歓迎=「アロハの精神」を象徴するものとして、広く親しまれている。 レイには動物の歯や鳥の羽、植物の葉などが使われているが、最も印象的なのは色とりどりの花を使ったものだろう。しかし、花であれば何でもよいというわけではなく、レイ作りによく使われるのは豊かな香りをもったもの。香りにはヒーリングの作用があるとされ、プルメリアやオーキッド、チューブローズやプア・ケニケニが好まれるのに対し、見た目が華やかなのにハイビスカスやブーゲンビリアのような香りが少ない花はあまり用いられることはない。 ハワイではお祭りやイベントのときにレイを見かけることがあるが、街がレイでいっぱいになる日といえば、なんといっても5 月1 日の「レイ・デー」。1 9 2 8年にハワイの伝統文化を讚える日として制定されて、各地でさまざまなイベントが行われる。 なかでもひときわ賑わいを見せるのが、ホノルルの「レイ・デー・フェスティバル」。レイ作りコンテストをはじめとしたさまざまなイベントが開催され、メイン会場のカピオラニ公園はさながらレイの海に。ハワイでも日ごろあまり見かけることのない貝、羽などで作られたレイも、この日ばかりはたくさん見かけることができる。