ハワイ州観光局、2月にハワイ語のプロモーションキャンペーンを実施〜 2月はハワイ語月間「マヒナ・オレロ・ハワイ」の州法制定10周年を祝う 〜

ハワイ州観光局、2月にハワイ語のプロモーションキャンペーンを実施〜 2月はハワイ語月間「マヒナ・オレロ・ハワイ」の州法制定10周年を祝う 〜

views:0

ハワイ州観光局は、ハワイ州が2月をハワイ語月間「マヒナ・オレロ・ハワイ(Mahina ʻŌlelo Hawaiʻi)」に制定して10年目の節目を迎えることから、ハワイ語を通してハワイの文化への理解を深める「マヒナ・オレロ・ハワイ」プロモーションキャンペーンを2022年2月にハワイ州観光局公式SNSで開催します。
 現在、ハワイ州は英語とハワイ語を公用語に指定していますが、かつてハワイ語の使用が禁止されていた時代がありました。
1896年にハワイ語の使用が禁じられ、20世紀になるとハワイ語を話す人が激減し、その後1980年頃にはハワイ語を話せる人が2千人以下になり、ハワイ語は絶滅寸前でした。
その頃、ハワイ文化復興運動(ハワイアンルネッサンス)が広がり、固有の言語なくして文化は残せないという考えのもと、ハワイ語を継承していくための教育が見直され、1978年にはハワイ語が英語と並びハワイ州の公用語として認定され、公立学校の必須科目になりました。
現在は、ハワイ大学ヒロ校によるとハワイ語を話せる人はおよそ3万人いると推定されており、増加傾向にあります。
2012 年のハワイ州改正法により、2 月をハワイ語の継承、使うことを奨励するハワイ語月間「マヒナ・オレロ・ハワイ」が制定されました。
マヒナとはハワイ語で「月」、オレロとは「言語」を意味します。
ハワイ語は、ポリネシア諸語に属するタヒチ語と同じ系統の言語で、書き言葉を持っていなかったことが特徴のひとつです。
声に出した言葉が、現実の事柄に何らかの影響を与えると信じられており、良い言葉を発すれば良い事が起こり、不吉な言葉を発すれば凶事が起こると考えられていました。
ハワイでは言霊を「マナ」という言葉で表現し、マナは霊的な力であり、生命力であると考えられています。
言葉、人、土地、物など万物にマナが宿っていると考えられ、それらを大切に想う心を象徴する言葉が「マラマ」です。
 ハワイ州観光局は、ハワイの文化を理解するためにハワイ語を学ぶことは不可欠であると考え、ハワイ語月間の2月に公式SNSでハワイ語の魅力を紹介するキャンペーンを展開するほか、ハワイ州公式ラーニングサイト「アロハプログラム」にハワイ語を学ぶ講座シリーズのページを作成し、ハワイ語を学びやすい環境を設けました。
ハワイ州観光局は、旅行者の体験をより多様で豊かなものにするために「マラマハワ…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事