ハワイ版の灯籠流し!幻想的なサンセットに染まる海に弔うグリーフ・ケア

ハワイ版の灯籠流し!幻想的なサンセットに染まる海に弔うグリーフ・ケア

views:0

来る2022年の8月28日、3年間にも渡る雌伏の時を越えてフローティング・ランタン・フェスティバルが盛大に行われました。
 フェアモント・オーキッド – ハワイとノース・ホスピス・ハワイ ハワイ島はコナの中心地から車で40分弱、コハラ・コースト沿いにあるフェアモント・オーキッド – ハワイはその海の美しさで知られています。
そしてノース・ホスピス・ハワイは1986年の開業から今年で36年間に渡り、ハワイ島で終末ケアの治療を提供してきたホスピスです。

https://northhawaiihospice.org/

ノース・ハワイ・ホスピスが主催するコチラのいわゆる灯籠流し、ハワイ島でも有数の超高級ホテルであるフェアモント・オーキッド – ハワイとのパートナーシップで開催されており、今年でなんと11年目になります。
この3年間はコロナの影響もあり苦渋の決断で中止になっていたのですが、ポストコロナ景気に沸くハワイ下でようやく決行されました。
 OBONとして認知されているお盆 日本のお盆を踏襲したこのイベントは、毎年たくさんの人で賑わう一大イベントです。
灯籠流しは、故人を想って偲び、敬い、感謝と愛を灯籠に託して故人に届けるお盆の送り火の一環の行事で、魂は灯籠に乗って川や海を渡り、海の向こうにあるあの世へ帰っていくと伝えられています。
そもそもは川施餓鬼と呼ばれる、水害で亡くなった故人の霊を弔うための供養から始まったともいわれています。
 ノース・ホスピス・ハワイのエグゼクティブ・ディレクターであるキャサリン・ブルックス氏は、こうして故人を偲ぶ日本のお盆を大変リスペクトしており、このランタン・フェスティバルでも近年大切な人を亡くした人だけでなく愛する人を想う時期として何年にも渡って来場される方もおり、グリーフケアのための大切な場所になっていると語ります。
 ビッグアイランド・ナウなどハワイ島のメディアも多数取材に来ており、関心の高さを伺わせていました。
 このイベントは無料で参加でき、20ドルを寄付することでメッセージなどを書き込める灯籠をいただけます。
ビーチサイドでカクテルや軽食なども提供されていました。
駐車場は無料なのですが、17時のスタートに合わせて16時半に向かったところ駐車場は満車になっていました。
その場合、かなり遠くの駐車場に停めることになるので、できれば早く行ってビーチで飲み物を…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事