食でハワイの自然に恩返しを…想いが詰まった幸せ空間ナチュールワイキキ

食でハワイの自然に恩返しを…想いが詰まった幸せ空間ナチュールワイキキ

views:50

2021年12月、ワイキキのシーサイド通りにオープンした「natuRe waikiki(ナチュール・ワイキキ)」。
オープン以来、ずっと気になっていた、サステイナブル・アイランド・フレンチ・レストランです。
 ワイキキの歴史指定建造物が、また新たな扉を開いた なにせ、この建物自体がすごい。
1935年に建てられた、歴史指定建造物を時間と手間を掛けて改築したレストランなんですよ。
古民家を改築、その良さを残しながらリノベーションするのは、新築でビルを作るよりもずっとずっと大変なんですよね…。
ほんと、ハワイの歴史を感じます。
 1階に和食レストラン「ZIGU」があり、その2階へと階段を上がった2階がnatuRe waikiki。
外観とは印象の違う、ウッディで落ち着いた空間が広がります。
 エントランスを入って、まず目に飛び込んでくるのは、お洒落なバーカウンター。
ここから既に、素敵だーーー!ワクワク感が、止まりません!! 若き日本人シェフ・小川苗さんの“決意”がすごすぎる 今回お話をうかがったのは、エグゼクティブシェフの小川苗さん。
若き日本人女性のシェフが、ハワイで生み出すフレンチ!そのこだわりをお聞きしました。
苗さんは、東京出身で調理師専門学校を卒業、東京の二つ星レストラン「NARISAWA」で経験を積んだ後、単身ニューヨークへ渡ってさらに二つ星レストランで腕を磨きました。
さらにパリのビストロでも経験を重ね、ハワイへやってきたそうです。
ハワイでフランス料理って、ある意味チャレンジな気もしますが…? 「そうですね。
新しい挑戦という部分に惹かれたのもあるんです。
フレンチの技法を使って、ハワイの食材をどうやって美味しく提供できるかというチャレンジですね。
フランス料理には“テロワール”(土地の個性)という言葉があるくらい、産地と食材の関係性を大切にする考え方があるんです。
それを、ハワイという場所で実践したいと思っています。
もちろんフレンチだけにこだわらず、ハワイの伝統や日本文化も取り入れてオリジナルの料理を目指してます」と苗シェフ。
 “Farm to Table”の先、Beyond the “Farm to Table”へ 「イートローカル(地産地消)はもちろんですが、単にハワイ産食材ならいい、というわけじゃないと思っていて。
たとえば、農薬を使わない有機野菜とか、環境に配慮された育て方をし…

ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)
allhawaii(オールハワイ)は、ハワイ州観光局公認総合ポータルサイトです。
ハワイの情報収集に役立つホテル、レストラン、アクティビティ、買い物、結婚式のスポット、イベント、コラム、みんなのおすすめのハワイなど、さまざまな情報を提供しています。

関連する記事