カララウ展望台/Kalalau Lookout

カララウ展望台/Kalalau Lookout

 

カウアイの絶景ポイント

カウアイ島コケエ州立公園の北、ワイメアキャニオンロードの終点に位置する展望台。ナ・パリコーストの断崖とカララウ渓谷を見下ろす事ができ、カウアイ島を代表する絶景ポイント。標高1200mの展望台の下には巨大な谷、断崖が広がり思わずその迫力に圧倒されてしまう。その絶景っぷりに感動を覚え、忘れる事が出来ず何度も訪れる人もかなりいるのだとか。野生の花や野鳥なども頻繁に目にする事が可能。「真の自然」を感じられる貴重な場所の一つだ。ワイメア渓谷の展望台で引き返してしまう人もいるようだが、せっかくカウアイ島まで行ったならば、ぜひここまで辿り着きこの景色を自分の目でそして身体で感じてみる事をおすすめする。

カウアイの絶景ポイント

変わりやすい天気は日常のこと。備えを忘れずに。

カララウ展望台/Kalalau lookout

カララウ展望台を訪れる際に忘れてはならないのは、変わりやすい天候のための備え。変わりやすい天気は、一瞬にして霧に包まれることもあれば突然短時間で快晴になることもある。雨に備えて滑りにくい靴は勿論、軽めの防寒具などもあると安心だ。小雨や霧だからと行って簡単に諦めずに安全な環境で待機していれば、急に天候が好転し目の前に雲の合間から緑や青が色濃く美しい景色が覗いてくる確率も高い。ただし、濃い霧の中を奥深く進むのはとても危険なので、十分に注意をしよう。比較的午前中の方が天気が安定していると言われているので、少し早起きをして出かけてみるのも良いだろう。

カララウ展望台/Kalalau lookout

映画で見たあの絶景に出会う事ができるかも?

綺麗に晴れていれば、山・海がため息が出るほど美しく、楽園のような世界を連想させるカララウ展望台。その周りには広場やテーブルなどもあるので、絶景の中でランチを食べるのもオススメだ。ピクニック気分で簡単な食べ物を持って出かけよう。コケエ周辺や展望台にハイキングトレイルもあるのでエクササイズが好きな人は挑戦もできる。ただし、超上級者向けの危険な秘境のようなコースもあるので下調べをしてから無理の無いように。最高の自然を楽しむからには自己管理の意識も忘れないようにすることも大切だ。運が良ければ、映画「ファミリーツリー」でジョージ・クルーニーが見下ろした先祖代々の土地が綺麗に望むことができるかもしれない。

カララウ展望台/Kalalau lookout

 

アクセス+店舗情報

住所:
Kokee Rd, Kapaa,(Kokee State Park)
営業時間:
常時開放
定休日:
無休