初心者でも大丈夫!日本人が選ぶハワイの「トレッキングコース」BEST3

初心者でも大丈夫!日本人が選ぶハワイの「トレッキングコース」BEST3

ハワイにはビーチやグルメなど色々な楽しみ方があるが、初心者から楽しめて景色も素晴らしいトレッキングコースも多い。その中から今回は日本人によるオンライン投票によってランキングを決める「111ハワイアワード2017」で、多くのハワイフリークに支持されたトレッキングコースを紹介しよう。

第3位 マカプウポイント・ライトハウス・トレイル/Makapu‘u Point Lighthouse Trail

マカプウポイント・ライトハウス・トレイル/Makapu‘u Point Lighthouse Trail

オアフ島の東海岸にあり、美しい景色と共にハイキングを楽しめるトレッキングスポットが「マカプウポイント・ライトハウス・トレイル」だ。このトレッキングコースはカ・イヴィ州立海岸線にある片道30分ほどのコースで、ゆるい坂道のコースは岬の突端にある展望台まで舗装されており、初心者でも安心してトライできるだけでなく、ベビーカーを押してトレッキングするファミリーもいるほどだ。

このトレッキングコースの魅力はサンディビーチやココヘッドが見渡せ、遠くにはダイヤモンドヘッドも望める美しい景色。ゴールの展望台では眼下に映画『50回目のファーストキス』のロケ地ともなった赤い屋根のライトハウス(灯台)を見ることができ、コバルトブルーの美しい海にはラビットアイランドの愛称で呼ばれるマナナ島や、ワイマナロビーチなどウィンドワードの美しい海岸線が広がり、遙か彼方にはラニカイビーチのモクイキ、モクヌイの双子島まで見渡せる。

マカプウポイント・ライトハウス・トレイル/Makapu‘u Point Lighthouse Trail

またマカプウの海域一帯はクジラの保護区域となっているので、冬には子ども連れのクジラや海上をジャンプするクジラを見られることもある。このトレッキングコースには日陰がなく日差しも強いため、日焼け止めや帽子など日差しを遮るものを用意して行こう。さらに周囲には売店などがないので、水分補給のための水も忘れないように持参したい。強い風が吹き付けるので帽子を飛ばされないように。

マカプウポイント・ライトハウス・トレイル/Makapu‘u Point Lighthouse Trail アクセス+店舗情報

マカプウポイント・ライトハウス・トレイル/Makapu‘u Point Lighthouse Trail

住所:
Makapuu Lighthouse Rd, Honolulu Hawaii
営業時間:
常時開放
定休日:
無休

第2位 ダイヤモンドヘッド・トレイル/Diamond Head Trail

ダイヤモンドヘッド・トレイル/Diamond Head Trail

ワイキキから簡単にアクセスができ、トレッキングを楽しめるコースが「ダイヤモンドヘッド・トレイル」だ。現在もアメリカ軍の管轄にある入り口のゲートは6:00に開門し、徒歩の場合は1人1ドル、乗用車の場合は1台5ドルの入場料が必要となる。

トレッキングは頂上までおよそ40分のコースで、以前は頂上付近の急な階段や、狭いらせん階段を通らなければ頂上まで行けなかったが、迂回路ができてからはより初心者がチャレンジしやすいコースとなった。しかしそのトレイルコースは全体的には舗装されておらずデコボコも多いので、履き慣れたスニーカーでのぞんでほしい。

ダイヤモンドヘッド・トレイル/Diamond Head Trail

1年を通して頂上からパノラマの絶景が楽しめる「ダイヤモンドヘッド・トレイル」だが、一番人気があるのは頂上でサンライズが見られる冬期だろう。この時期、開門時間の6:00はまだ暗く、トレイルコースには照明施設がなく真っ暗なので、懐中電灯などの照明は必需品だ。さらに頂上からサンライズを見ようとする登山客で渋滞ができてしまうので、開門後すぐに登山を始めないと日の出までに頂上までたどり着けないこともある。是非早めに登り始めて、ダイヤモンドヘッドの頂上から朝日に染まるワイキキの街や、マカプウ岬の方向から登る美しいサンライズを望んでみてほしい。

ダイヤモンドヘッド・トレイル/Diamond Head Trail アクセス+店舗情報

ダイヤモンドヘッド・トレイル/Diamond Head Trail

住所:
Off Diamond Head Rd. Between Makapu’u Ave. and 18th Ave., Honolulu
電話番号:
808-587-0300
営業時間:
6:00~18:00
定休日:
無休
URL:
http://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/oahu/diamond-head-state-monument/

第1位 ラニカイ・ピルボックス/Lanikai Pillbox

ラニカイ・ピルボックス/Lanikai Pillbox

インスタ映えするポイントが多いラニカイビーチ。全米ナンバーワンに選ばれたこともあるこのラニカイビーチを見下ろせるトレッキングコースが「ラニカイ・ピルボックス」トレイルコースだ。ピルボックスとは戦時中に造られたコンクリート製の陣地(トーチカ)のことで、正式名を「カイヴァリッジ・トレイル」といい、2つのピルボックスを辿るコースになっている。

このトレイルの入り口は、ラニカイ住宅街の中でも小高い場所にたてられているポップな看板が目印。スタート地点からは手すり代わりのロープがあるものの、きつい傾斜となっており注意が必要。ここは雨が降るとぬかるみになるので、そんなときには引き返す勇気も必要だ。コース自体も他の初心者向けのコースに比べるとあまり整備されていないので、トレイル初心者は少し注意してトライしてほしい。

ラニカイ・ピルボックス/Lanikai Pillbox

この往復1時間30分ほどのコースは戦時中に敵を見張るために造られただけあり、見晴らしが非常に良い。眼下にはモクイキ、モクヌイの双子島が浮かぶラニカイビーチが広がり、高級住宅街に植えられた木々のグリーンと、ラニカイの沖に広がるコバルトブルーとのコントラストには息をのむことだろう。コースに2つあるピルボックスにはフォトジェニックなストリートアートが描かれ、雰囲気抜群。入り口周辺の住宅街には駐車場がないので路上駐車などせず、できればカイルア・タウンでレンタサイクルを借りるのがベストだ。

ラニカイ・ピルボックス/Lanikai Pillbox アクセス+店舗情報

ラニカイ・ピルボックス/Lanikai Pillbox

住所:
Kaelepulu Drive., Kailua
営業時間:
常時開放
定休日:
無休

「111ハワイアワード 2017」は多くのハワイファンの投票によって様々なジャンルの人気ベスト3を決めるアワードだ。今回紹介したのはそんな投票で決まったファッション・ビューティ・レジャー部門のトレッキングコースのベスト3だ。いずれも初心者でも楽しめるコースではあるが、準備をしっかりとしてケガなどしないように楽しんでほしい。