ダイヤモンド・ヘッド/Diamond Head

ダイヤモンド・ヘッド/Diamond Head

ハワイのシンボル!山頂からは360℃の大パノラマ

ダイヤモンド・ヘッド/Diamond Head

約30万年前の噴火によって形成された標高232mの死火山。1900年代初頭には軍事施設として利用され、1968年に国定自然記念物に指定。現在はダイヤモンド・ヘッド州立自然記念公園となっており、ハワイのランドマークとして親しまれている。ダイヤモンド・ヘッドという名前は、19世紀に英国の船乗りがクレーター斜面で発見した輝く石(方解石の結晶)をダイヤモンドと勘違いしたという逸話に由来する。ちなみに、ハワイ語では「レアヒ」(マグロの額)と呼ばれている。

ワイキキの東側、車で約10分のところに位置し、整備されたハイキング・コースを登ると、山頂から大パノラマでワイキキを一望できる。入園料は$1(3歳以上)、または車1台につき$5が必要だ。アクセスはワイキキトロリー(グリーンライン)でもThe Busでも可能だが、登山口まで歩いて20分かかるバス停で下車となるものもあるので、最適ルートをよく確認してから出かけよう。

初めて訪れるなら要チェック!ダイヤモンド・ヘッド・トレイル

ダイヤモンド・ヘッド/Diamond Head

ハイキングコースは片道約40分で、こどもでも登れる初心者向け。山頂まではほぼ階段が設置されている。中腹部の休憩所に隣接する展望台はかつての砲台だった場所。眺望も素晴らしく、巨大なクレーターやワイキキの街を一望できる。そこから急勾配の階段やトンネルを進み頂上の展望台に到着すると、ワイキキとその奥に広がる太平洋の大パノラマが見渡せる。頂上にある小屋では、名前と日付の入った「登頂証明書」を寄付金$2で発行してくれるので、記念に手に入れよう。

気軽に挑戦できるトレイルではあるが、売店がないので飲料水を事前に確保し、こまめな水分補給や、日よけの帽子、日焼け止め、歩きやすい靴を忘れずに。トイレは、登頂口にあるインフォメーションセンターにしかないのでご注意を。

早起きして日の出ハイキング&ブレックファストを楽しもう

ダイヤモンド・ヘッド/Diamond Head

ダイヤモンド・ヘッドを訪れるなら、早朝がおすすめ。朝日でキラキラ輝くワイキキを眺められ、朝独特の澄んだ空気は格別。入場は毎日6時から。冬期なら日の出を見ることもでき、特に観光客で混雑する。駐車場やハイキングコースに長い列ができることもあるので、オープン同時に入れるよう頑張って早起きしよう。

ハイキングをした後は、近隣にある人気のカフェやレストランでブレックファーストを食べるのもいいだろう。土曜の朝に登頂するなら、オワフ島で最も賑わうKCCファーマーズ・マーケットはセットで訪れたい。ハワイ産の新鮮野菜や果物をはじめ、フード屋台など100店舗以上が出店する大規模な青空市とあって、話題性のあるヘルシーな食事が楽しめる。

 

ダイヤモンド・ヘッド/Diamond Head アクセス+店舗情報

ダイヤモンド・ヘッド/Diamond Head

住所:
Diamond Head , Honolulu
電話番号:
808-587-0300
営業時間:
6:00~18:00
定休日:
無休