半日コースのお手軽トレッキング4選

半日コースのお手軽トレッキング4選

海のイメージが強いハワイですが、実は景色が素敵なトレッキングコースもたくさんあります。でも「長いトレッキングは疲れるから」いう方へ、今回は半日程度で楽しめるお手軽なトレッキングを4つご紹介します。

マカプウトレイル/Makapu’u Trail

「マカプウトレイル」はワイキキから車で30分ほどの、オアフ島東部にある初心者向けのハイキングコースです。
実はこのマカプウにあるハイキングコースは入口から入ってすぐに2つのコースに分かれます。
1つは途中で右に分岐し、ペレの腰掛けと呼ばれるパワースポットを目指す「カイヴィ・シーニック・ショアライン・トレイル」へ向かうコース。
もう一方がマカプウの灯台が見える展望台を目指してコースを真っ直ぐ進む「マカプウ・ライトハウス・トレイル」で、一般的にマカプウトレイルと呼ばれています。
マカプウトレイルはゴールまでの道のりは片道45分ほどで、標高も200mほどですので、初心者の方でも楽に登れるコース。さらに歩道はスタートからゴールまで舗装されていて、デコボコもなく、とてもスムーズです。
そのためベビーカーや車いすの方を押していくこともできるほど、楽にゴールまでたどりつけるコースになっています。コース途中の展望所からはハナウマベイやココクレーターが望め、遠くにダイヤモンドヘッドも望めます。
ゴールの展望台からは、眼下にオアフ島最東端となるマカプウ灯台を望め、目の前には大パノラマの絶景が広がります。冬期にはアラスカから訪れるザトウクジラの姿が見られることもありますよ。

マカプウトレイル/Makapu’u Trail アクセス+店舗情報

マカプウトレイル/Makapu’u Trail

住所:
Makapuu Lighthouse Rd, Honolulu Hawaii 96825
定休日:
無休
URL:
https://dlnr.hawaii.gov/dsp/hiking/oahu/makapuu-point-lighthouse-trail/

ダイヤモンドヘッド・トレイル/Diamond Head Trail

ハワイの象徴としてその印象的な姿がテレビや雑誌などにたびたび登場する「ダイヤモンドヘッド」。
この山はおよそ45万年前に溶岩の水蒸気爆発でできたクレーターで、標高が232mあります。その形がマグロの頭に似ていたことから、ローカル達にマグロの頭を意味する「レアヒ」と呼ばれていました。
ところが英国から訪れた船員が山腹のキラキラ光る方解石をダイヤモンドと間違えたことから「ダイヤモンドヘッド(ハワイ語でカイマナ・ヒラ)」と呼ばれるようになりました。
戦時中には要塞として利用するため軍事物資を山頂まで運ぶための道路が整備され、現在はその道路を使い、山頂まで片道40分ほどのトレッキングが楽しめます。
頂上からはワイキキビーチやホテル群から、コオラウ山脈やハンチボウル、さらにハワイカイの方角にはココヘッドやハナウマベイなど、360度のパノラマが見渡せます。
一年を通して麓の入口が6:00に開門するダイヤモンドヘッドですが、冬の季節に開門と同時に登り始めれば、山頂で美しいサンライズも眺めることができます。
レンタカーはもちろん、ザ・バスやトロリー、タクシーなどで気軽にアクセスできるのもダイヤモンドヘッド・トレイルの魅力のひとつ。初めてハワイを訪れた方にもおすすめしたいハイキングコースです。

ダイヤモンドヘッド・トレイル/Diamond Head Trail アクセス+店舗情報

ダイヤモンドヘッド・トレイル/Diamond Head Trail

住所:
Diamond Head State Monument, Diamond Head Road, Honolulu
電話番号:
808-587-0300(ハワイ州 州立公園課)
営業時間:
6:00~18:00
定休日:
無休
URL:
https://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/oahu/diamond-head-state-monument/

カイバリッヂ・トレイル/Kaiwa Ridge Trail

「カイバリッヂ・トレイル」はオアフ島の東部にあるカイルアに近い高級住宅街ラニカイにあるトレッキングコースです。
コースの途中に2カ所のピルボックスがあることから、「ラニカイ・ピルボックス・トレイル」と呼ばれることの方が多いようです。このピルボックスというのは戦時中に敵を見張るために作られたコンクリート製の要塞のこと。
ラニカイのピルボックスはポップでカラフルなペイントが施されていることで人気があります。
ところでトレイルの場所がラニカイと聞くとアクセスに時間がかかると思われるでしょう。でもワイキキからレンタカー利用でカイルアビーチパークに駐車し、そこからトレイルの入り口まで歩いても、渋滞などよほどのことが無い限り90分ほどで到着できます。
それからトレッキングをはじめ、景色を眺め写真を撮影しても1時間ほどなので、ワイキキを朝早く出発すれば半日ぐらいで楽しめるコースです。
トレッキングコースのスタート地点は急坂ですが、そこを過ぎればラニカイの絶景を横目に見ながらトレッキングが楽しめます。
頂上のピルボックスの上で、息をのむようなラニカイの絶景をバックにした写真撮影はこのトレイルでのお約束。カイバリッヂ・トレイルでSNS映えする写真をゲットしてくださいね。

カイバリッヂ・トレイル/Kaiwa Ridge Trail アクセス+店舗情報

カイバリッヂ・トレイル/Kaiwa Ridge Trail

住所:
382-498 Kaelepulu Dr. Kailua
営業時間:
随時
定休日:
無休

マノアフォールズ・トレイル/Manoa Falls Trail

雨が多く虹がよく見られることからハワイ語で「虹の谷」と呼ばれるマノア渓谷。まるでジャングルのような緑の中を、コオラウ山脈の麓に位置するマノアの滝までのハイキングを楽しめるのが「マノアフォールズ・トレイル」です。
アラモアナセンターから出発するザ・バス(5番)を利用しても30分ほどで到着できる他、有料の駐車場もあるのでレンタカーでもアクセスが可能です。
このトレッキングコースはなんといってもハワイの様々な植物を観察できるのが特徴です。コースの所々に植物の枝が覆い被さるように生えているので、頭をぶつけないように注意して進みましょう。
スタートしておよそ30分でマノアの滝に到着します。この滝は約46mの落差があり、オアフ島では最大の落差を誇っています。
以前は滝つぼで泳ぐローカルの姿も見かけられましたが、土砂崩れを起こしてから立ち入り禁止になっているので絶対に立ち入らないようにしましょう。
全体的にコースがぬかるんでいるので、汚れても良い靴で訪れることをおすすめします。
マノアの自然をよく知っているガイドさんのオプショナルツアーに参加すれば、より楽しむことができますよ。
2019年10月から12月までの間は改修・整備工事が行われているので、お出かけの際は公式サイトなどで確認してくださいね。

マノアフォールズ・トレイル/Manoa Falls Trail アクセス+店舗情報

マノアフォールズ・トレイル/Manoa Falls Trail

住所:
3737 Manoa Rd., Honolulu
電話番号:
808-587-4175
営業時間:
随時(駐車場を管理するレインボーズ・エンド・スナック・ショップの営業時間)8:00~18:30
定休日:
無休
URL:
https://hawaiitrails.hawaii.gov/trails/#/trail/manoa-falls-trail/225

今回紹介したトレイルはいずれも半日程度で楽しめる場所ばかり。とはいえ、訪れる際には履き慣れたスニーカーやペットボトルの水、日焼け止めの対策を万全にして、ケガなど無いように楽しんでくださいね。

関連する記事