【徹底解説】ハワイの木にぶら下がっている黒い箱ってなに?カブトムシとの関係性をご紹介!

【徹底解説】ハワイの木にぶら下がっている黒い箱ってなに?カブトムシとの関係性をご紹介!

Aloha!

日本の子供たちはこの時期になると、カブトムシ採集に夢中になりますよね!
今日はハワイのカブトムシ問題についてお伝えしたいと思います!

ハワイでカブトムシ採集はできるの?

rhinoceros-beetle-1521626_1920

夏に日本に帰国すると、必ずカブトムシ採集へ行きたがる娘たち。
なぜならば、残念ながらハワイではカブトムシは害虫扱いをされていて、子どもたちが家で飼う事は禁止されているのです。

そのため、カブトムシを探す子供たちの姿をハワイで見ることはありません。

どうして害虫扱いなの?

2013年にハワイ大学とハワイ農業省(HDOA)による定期調査中にジョイントベースパールハーバー・ヒッカムで「ココナッツカブトムシ/Coconut Rhinoceros Beetles(CRB)」というサイカブトが発見されました。

CRBは「ココヤシ/Cocos nucifera」や「ギニアアブラヤシ/Elaeis guineensis」などの木の中に入り込み、繊維を食い荒らしたり樹液を吸い取ったり、葉をV字形にかじったりして木を枯死させてしまいます。過去にマレーシアやパラオ、グアムなど、CRBの天敵がいない太平洋諸島にて被害が深刻化し、場所によっては島全体のの50%ものヤシが被害に合うなどの問題が起き、今でもあちこちでCRBの駆除は続いています。

木にぶら下がっている黒い箱は何?

2黒い箱

サイカブトは生命力が強く、ハワイで認められている農薬や殺虫剤ではほとんど効かないため、オアフ島だけでも3,000個以上のトラップが仕掛けられています。
それが、この木にぶら下がっている黒い箱です!

ハワイで散歩をしていると、よく見かけたことがありませんか?
もちろん、トラップだけではなく、樹木の損傷をチェックしたり、CRBの繁殖地を探したりする専門のチームも組まれていて、時にはCRBをの臭いを察知できるように訓練されている犬も出動して調査が進んでいます。

私はまだ実際にCRBを発見したことがありませんが、万が一CRBを発見したら害虫ホットライン643-7378まで電話をして駆除に協力をしてくださいね!

こぼれ話:ハワイではハリネズミが飼えない!?

ハリネズミ

数ヶ月前に日本のテレビドラマを見た娘たちに「ハリネズミを飼いたい」と言いわれたのですが、実はハワイでは「ハリネズミ」を飼うことは禁止されています。

理由は保護する在来の昆虫がハリネズミに襲われてしまわないようにらしいです!

このようにカブトムシだけではなく、日本ではペットとして飼育できる生き物もハワイでは飼えないなんてこともあり、よく驚かされています!

アメリカにしては、意外な法律なのかもしれませんね。

▶ 【2021年最新版】ハワイのダイソーは何が売っているの?ハワイならではの商品をたっぷりご紹介!|LaniLani

▶ 【在住者レポート】ハワイを舞台にした映画「50回目のファーストキス」の裏話を聞きながら「ケネケスグリル」で楽しくランチ|LaniLani

▶ 【在住者レポート】今年もハワイのワヒアワ地区に桜の季節がやってきた!ハワイで過ごすお花見パーティーの様子もお届け|LaniLani


ハワイ在住、2人の女の子ママがハワイの情報と一緒に、日常で見つけた子供も大人も喜ぶハワイを紹介していきます!
娘と一緒に思いっきり遊んで、食べて、笑ってハワイを満喫!
子連れハワイ、楽しみましょう!

ハワイの週末 -with my little ohana-|コラム一覧

Mami
著者:Mami

35歳の時に長年勤めていた新聞社を退社し、思い切ってハワイにやって来ました。
今はオアフ島にて2人の女の子の子育てに悪戦苦闘しながらも週末は家族でのんびり。

ハワイの風を皆さんにもお届けできたらと思います!!

アメブロ「Ninjaのハワイで子育て生活 英語力0の嫁と日本語力0の旦那」

関連する記事