キラウエア灯台/Kilauea Lighthouse

キラウエア灯台/Kilauea Lighthouse

カウアイ島の最北端にそびえる回転式灯台

1913年5月から1970年代まで、アメリカ西海岸とアジアを結ぶ航路を守り続けた回転式灯台。キラウエアという名前の灯台だが、ハワイ島にあるキラウエア火山とはまったくの別物。カウアイ島の北東、リフエから車で約45分のところに位置する。灯台には登ることはできないが、最北端の岬から眺める美しい景色を求めて年間50万人の観光客が訪れている。

灯台周辺は国立公園となっており、国の野生動物保護区に指定。敷地内へ入るには入園料$5が必要だ。コアホウドリやカツオドリ、グンカンドリなどの多くの海鳥たちが子育てのために飛来することで有名で、冬にはホエールウォッチングに最適な場所となり、特にこの時期は多くの人が訪れる。営業時間は10時~16時。遅くても15時前には訪れたい。

のびのびと暮らすワイルドな生きものたちを観察しよう

駐車場を入るとハワイ州の鳥であるネネの親子がのんびり歩いていたりするので、脅かさないように注意したい。シーズンよっては、道沿いの茂みに鳥たちの巣を目にすることもある。岬に立つと、自然の営みを感じるダイナミックな大パノラマが広がっている。上空にはグンカンドリ、ミズナギトリ、カツオドリ、コアホウドリなどが優雅に飛び交い、沖合に浮かぶ小島・モクアエアエ島は美しい鳥たちで埋め尽くされている。

また、希少なハワイアン・モンクシール(アザラシ)が気持ちよさそうに昼寝している姿にも出会えることも。冬には潮を吹くザトウクジラ、ハシナガイルカの群れを岬からみることもできる。これだけの野生動物たちが集まるというのは、カウアイ島ならでは。地球に残された貴重な楽園だ。

絶景とあわせてみたい観光施設も!

敷地内には小さなビジターセンターがあり、この地に生息する鳥や自然などが映像などを使って展示されている。隣のギフトショップではこの野生生物保護区をはじめ、ハワイ諸島全体の自然をモチーフにしたオリジナルグッズなども取り扱っている。慈善団体による運営とあって、この大自然を守りたいという気持ちで何か購入するのもいいだろう。

キラウエア灯台を訪れた後は、近くにあるハナレイ・タウンに立ち寄ってみよう。雨が多く頻繁に虹が見られることから「虹の里」と呼ばれているのどかな場所だ。かわいいショップやレストランもあり、美しいタロイモ畑が広がるノスタルジックな雰囲気が心地よい。夕方ならサンセットが有名なハナレイ桟橋へも足を延ばしてみよう。

 

アクセス+店舗情報

住所:
3500 Kilauea Rd., Kilauea
電話番号:
808-828-0384
営業時間:
10:00~16:00
定休日:
無休
URL:
http://www.kilaueapoint.org/