ハワイアンアヒポキ丼を作ってみよう♪マクアヒネに教わるレシピ!

ハワイアンアヒポキ丼を作ってみよう♪マクアヒネに教わるレシピ!

ハワイで最もポピュラーな料理、ポキ。
特にハワイ近海で揚がるマグロ(アヒ)を使ったアヒポキは、身近な食べ物として昔からロコに親しまれてきました。
作り方も簡単で、日本人に馴染み深いマグロの”漬け”のよう。
濃いめの味付けと、アボガドのクリーミーな味わいがマッチしてご飯が進む一品です!

今回はハワイのお母さん(アクアヒネ)から教わった秘伝のレシピを再現!
自宅にいながらハワイの風を感じてみませんか?

ハワイアンポキの材料!

アボガドは熟しきった食べ頃を、マグロは赤身を使うのがポイント!
完熟のアボガドとあっさりした赤身のマグロが合間って、トロのように濃厚な味わいになりますよ!

ハワイアンアヒポキ丼(1人前)

アボカド 半分
マグロ 150g
ごはん 1膳

たれ
しょうゆ 大さじ4
みりん 大さじ2
ごま油 大さじ1/2
わさび 少々
すりおろしニンニク 少々
白ごま 少々
万能ネギ 少々

ハワイアンポキを作ってみよう!

万能ネギを約3cmに切ります。

アボガドは半分を使います。
皮をむき、食べやすい大きさにさいの目に切っていきましょう。
アボガドの半身を使う際は、タネのついている方が悪くなりにくく、表面にレモン汁を塗ると、傷むのを和らげる効果がありますよ!

マグロもさいの目に。
大きめに切ることでボリューム感を出しても美味しそうですね!

続いて、タレの下準備。

大きめのボウルに
しょうゆ
みりん
ごま油
を入れて軽く混ぜます。

混ざり切ったところで
わさび
すりおろしニンニク
白ごま
を入れて混ぜます。

準備していたマグロを混ぜ入れ、約15分味をなじませます。
マクアヒネポイント!
同じタイミングでアボガドも一緒にいれて漬け込みましょう!
タレの味が染み込んで、柔らかみも増し、マグロと合わせて食べることでトロのような食感になりますよ!

15分待ったら、ご飯をよそったボウルにポキを盛り付け!
最後に、ネギをふりかけて完成です!

手軽にハワイの風を感じられるポキ丼は、ランチにもディナーにもおすすめ!
ぜひ試してみてくださいね〜

kazuki
著者:kazuki
ハワイ情報サイトALOHAPOST発信中!
高校時代ハワイに留学し、海と山と街の丁度いい距離感。
ハワイの時間の流れに惚れこみ、ほぼ毎年渡ハしてます。
得意なガジェット、マイレージの貯め方を中心に、ハワイ永住を計画中(!?)のハワイ通らしく、一味違ったディープな遊び方を提案していきます。