ハワイのソウルフード「ポイ」を食べられるレストラン

ハワイのソウルフード「ポイ」を食べられるレストラン

ハワイに来たら1度は食べてみたいハワイアン料理。日本人の口に合いにくい料理も多いが、ハワイの文化を知るためにチャレンジしてみるのも良い経験になるはず。ポイを食べられるレストランを紹介しよう。意外と病みつきになるかも?

ポイ・ボウル/Poi Bowl

観光客やローカルで賑わう大型ショッピングセンターのアラモアナ・センター。その1階にあるフードコートのマカイ・マーケットにはハワイアンをはじめ、インド、ベトナム、アメリカ、和食、韓国、中華などの料理を提供するお店が30店近く並び、座席数も1500席以上と、ホノルルでは最も大きなフードコートだ。この一角にある本格ハワイアン料理のお店が「ポイ・ボウル」。プレートランチにしたハワイアン料理を比較的手軽な価格で体験できるお店として、ローカルだけでなく観光客にも人気のお店。

この「ポイ・ボウル」でオススメのメニューは、カルア・ピッグ、ロミロミサーモン、ポイ、ハウピアなどの代表的なハワイアン料理がセットになった「ハワイアン・プレート」。主食にはライスかポイを選択することができるが、是非ポイに挑戦してみてほしい。この店のポイは少し大きめの容器に入って提供されるもので。少し発酵が強く、ネイティブ・ハワイアン好みの本格的な酸っぱい味。それだけに日本からの観光客には少しクセを感じるかもしれないので、メイン料理の塩だけで調理されたカルア・ピックや、付け合わせのロミロミサーモンと一緒に食べていただきたい。買い物の途中に気軽に立ち寄ることが出来る「ポイ・ボウル」でネイティブ・ハワイアン料理を是非とも体験していだだきたい。

ポイ・ボウル/Poi Bowl アクセス+店舗情報

ポイ・ボウル/Poi Bowl

住所:
1450 Ala Moana Blvd Honolulu (アラモアナセンター・マカイマーケット)
電話番号:
808-949-8444
営業時間:
8:00~21:00(金・土曜~22:00、日曜9:00~19:00)
定休日:
無休

LaniLani掲載のSHOP記事

ポイ・ボウル/Poi Bowl

ザ・ウィローズ・レストラン /The Willows Restaurant

1944年に開店した「ザ・ウィローズ・レストラン」はビュッフェスタイルのハワイアン料理レストランだ。サウスキングストリート沿いにあるダウントゥアースから、ハウステン・ストリートを歩いて3分ほどの場所にあるこのお店の外観は、ハワイと言うよりポリネシアのレストランという雰囲気だ。お店の中には池や豊かな緑と共にたくさんのハイビスカスが咲き乱れ、南国の雰囲気満点。毎週木曜日と金曜日の夕方には、フラやウクレレの生演奏を見られるショーが開催されている。

ビュッフェスタイルの料理はカニやローストビーフをはじめ、日本のビッフェレストランと同じようにチラシ寿司やカレー、ケーキやフルーツなども並んでいる。もちろんハワイアン料理も人気があり、マグロのポキをはじめ、タコのポキ、ティーリーフに包んだ豚を蒸し焼きにしたカルア・ピッグ、タロイモの葉っぱで豚を包み蒸し焼きにしたラウラウ、そして蒸したタロイモをすりつぶしたハワイアンの主食「ポイ」だ。この店のポイは主に観光客をメインゲストとしていることもあり、酸味が少なくて比較的食べやすく水分は少なめで粘りけがやや強い。この「ザ・ウィローズ・レストラン」のポイは、少し味が薄めなのでラウラウやロミサーモンに付けて食べると良いだろう。

ザ・ウィローズ・レストラン /The Willows Restaurant アクセス+店舗情報

ザ・ウィローズ・レストラン /The Willows Restaurant

住所:
901 Hausten St, Honolulu
電話番号:
808-952-9200
営業時間:
11:00~14:00, 17:30~21:00 (土・日曜 10:00~14:00, 17:00~21:00 )
定休日:
無休
URL:
http://www.willowshawaii.com/jp/

ハレ・アロハ(ポリネシアン・カルチャー・センター)/HALE ALOHA(Polynesian Cultural Center)

「ポリネシアン・カルチャー・センター」は2600万平方メートルの広大な敷地のなかに、ポリネシアと呼ばれるハワイ、マルケサス、サモア、フィジー、トンガ、タヒチ、ニュージーランドをテーマとした7つのエリアから構成され、それぞれの民族の歴史や文化を学べるハワイ最大のテーマパーク施設だ。ここで働くスタッフは隣接するブリガム・ヤング大学ハワイ校の学生が多く、日本人のスタッフ=学生も数多く働いている。

この「ポリネシアン・カルチャー・センター」でハワイアン料理を食べられるのは、ハワイの宴会をテーマにした「アリイ・ルアウ」(王族の宴)で、これはハワイの伝統的な食事を楽しみながらフラなどのエンタテインメントを見られるディナーショーだ。このルアウを体験出来るのは「アンバサダー・ルアウ・パッケージ」「アリイ・ルアウ・パッケージ」「アリイ・ルアウ・パッケージ(イブニング・ショー無し)」の3コースへの参加者で、「ハレ・アロハ」と呼ばれる会場で行われている。ちなみに他のツアー参加者は「プライム・ダイニング」もしくは「アイランド・フィースト」が食事会場となっている。

「ハレ・アロハ」で行われるルアウはブッフェ形式で、メニューはポイ、カルア・ピッグ、ポケ、ロミロミサーモン、タロパン等伝統的なハワイアン料理やデザートなど。このブッフェで提供されているポイは小さめのカップに入っており、酸っぱさも控えめでクセが感じられず、日本人でもそのままでも食べられるほどだ。もちろんカルア・ピッグやロミサーモンと一緒に食べても十分楽しむことが出来るだろう。このルアウの後、園内のシアターで開催されるイブニング・ショーは総勢100名あまりの出演者によって演じられる迫力あるショーで必見だ。

ハレ・アロハ(ポリネシアン・カルチャー・センター) アクセス+店舗情報

ハレ・アロハ(ポリネシアン・カルチャー・センター)/HALE ALOHA(Polynesian Cultural Center)

住所:
55-370 Kamehameha Hwy Laie
電話番号:
808-367-7060
営業時間:
11:45~21:00
定休日:
日曜
URL:
http://www.polynesia.jp/

アイ・ラブ・ナロ/Ai Love Nalo

ワイマナロの街にある「アイ・ラブ・ナロ」はビーガン料理を提供する店としてローカルに人気のレストランだ。ビーガンとはベジタリアンをさらに突き詰めたもので、肉や魚はもちろん卵や乳製品などの動物性食品の使用も控えた料理のことだ。さらにここではレストランだけでなく、レストラン裏のガーデンでは有機野菜が栽培され、ロミロミ・マッサージやヨガ教室、さらに料理教室も開かれて地域の健康センターのような役割を果たしている。このレストランでポイがついてくるメニューはカウカウ・ルアウ$11とオ・ワオ・ラウラウ$11の2つ。

ラウラウは一般的には肉や魚をタロイモの葉で包んで蒸し焼きにするが、「アイ・ラブ・ナロ」のラウラウには人参とタロ・イモがゴロッと入っていて、優しい野菜の味が感じられるお勧めのメニューだ。さらにこの店のポイは少し甘みが感じられ、日本人の口にも合いやすい味なのでそのままでも食べることが出来るだろう。また、ポイだけでもオーダーが可能なので、プレートにはご飯をチョイスして、追加でポイをオーダーすることも可能だ。この「アイ・ラブ・ナロ」はローカルの間では話題のレストランなので、食事時にはお客でいっぱいになり、駐車場も車を止められないこともあるので、少し時間をずらして行った方がよいかもしれない。

アイ・ラブ・ナロ/Ai Love Nalo アクセス+店舗情報

アイ・ラブ・ナロ/Ai Love Nalo

住所:
41-1025 Kalanianaole Hwy,Waimanalo
電話番号:
808-888-9102
営業時間:
10:30~17:00
定休日:
火曜日
URL:
http://ailovenalo.com/

ハワイアンにとって神聖な食べ物とされているポイ。それは、ハワイにはタロと人間が兄弟であるという神話が古くから伝えられているからだ。ネイティブ・ハワイアンが好む酸味が強いポイは日本人の口に合いにくいだろうが、酸味の少ないものを味の濃いおかずと一緒に試すことから初めてみてほしい。日本人も外国から来た人たちが梅干しや納豆を食べてくれれば親しみを持つように、ポイがハワイの人々と出会うきっかけをくれるかもしれない。