お子さま連れの旅先をチョイス!「ハワイ・グアム・沖縄」はどこがベスト?

お子さま連れの旅先をチョイス!「ハワイ・グアム・沖縄」はどこがベスト?

リゾート地への旅プラン。何を基準にしていますか?

青い空とキレイな海!
毎日忙しい日本での時間を忘れて、のんびりと過ごしたい!と多くの方々から支持を受けているリゾート地への旅行。
時間とお金があれば、LaniLani読者は迷わず「ハワイ」を選択!?
しかし、小さなお子さま連れや、初めてのリゾート地への旅行で心配になるのが、旅行日数・フライト時間・旅先での移動手段や食べ物ではないだろうか。
今回は、お子さま連れの初リゾート地としても人気が高い、「ハワイ・グアム・沖縄」のエリアについて紹介しよう。
それぞれのメリット、デメリットから、無理のない旅行プランを立ててみてはいかがだろうか。

フライト時間と平均滞在日数比べ

平均的な旅行日数と飛行時間は、沖縄で「2泊3日」で約3時間、グアムで「3泊4日」で約4時間、ハワイで「4泊6日」で7~9時間。
移動時間と滞在日数が長いのはハワイである。
フライト時間によって、現地での滞在時間が異なり、同じ日数でも滞在時間で大きな差がでる場合もある。

沖縄は、時差の心配がなく楽しめる。
11~3月頃までは、寒くて海や屋外のプールに入ることができないため、南国リゾートを存分に楽しむためには、ベストシーズンを選ぶか、室内プールのあるホテルを選ぶ必要がある。

グアムは、時差が1時間。11~5月までは乾季で、さほど雨も降らずベストシーズンだ。
湿度は高いが、日本ほどの不快感はなく、過ごしやすい。
夜行便が多いので、仕事後にそのまま空港へ行き、帰国後そのまま会社へ向かう方もいる程、気軽に海外を楽しめる。

ハワイは時差が19時間あり、時差ぼけの心配がある。
旅行後に時差ぼけを調整する時間があるとベター。
旅行日程プラス1日でプランを立てると良い。
ハワイはまさに南国で晴天が多く、雨が降っても直ぐにやむことが多い。
冬場は少し寒いが、日中であればプールや海を楽しめる。

移動手段はどうするの?

リゾート地では、ホテルのプールや海でのんびりと過ごすのも楽しいが、観光や買い物のプランも取り入れたい。
ツアーに申し込む以外に、どのように移動をしているのかを紹介しよう。

沖縄では「車が運転できない」「旅行メンバーで車酔いをする人がいる」場合は、おすすめしづらい。

グアムでは、中心部での移動であれば、バスやタクシーでの移動が気軽にできる。
その他の場所は、レンタカーを借りての移動が多くなるだろう。
日本とは交通ルールも異なるため、運転に自信のない方は、迷わずツアーに申し込むことをおすすめする。

ハワイでは、トロリーやバスが充実しているので、レンタカーを借りなくても気軽に各所へ移動できる。
運転に自信がない方には、ハワイがおすすめである。

お子さま連れ旅行なら、どこがベスト?

小さなお子さま連れでは、大人だけの旅行と違い、プランが大きく変わってくる。
日本と海外、フライト時や時差だけでなく、ゆったりとしたプランをたてることをおすすめする。

沖縄では、普段から利用している日本製のオムツや離乳食をスーパーやドラッグストアで購入できるので、少ない荷物で旅行できる。
何か困ったことが発生しても、同じ日本であるため、対処がしやすい。
旅慣れしていないご家族であれば、最初のリゾート地旅行として最適である。

グアムやハワイであれば、キッズプログラムや、ベビーシッターが充実しているので、家族での旅行を楽しみながらも、夫婦だけの時間を過ごしやすい。
子ども好きの方が多いので、手助けをしてくれたりと、心温まるコミュニケーションを味わえることも。

お子さまの年齢によって、やれること、過ごし方は大きく変わってくるが、初めてのリゾート地として訪れるのなら、沖縄→グアム→ハワイへと、徐々にレベルアップされる方が多い。
お子さまの成長に合わせて「いつかハワイへ」と、無理のないプランをたててみてはいかがだろう。