地元に密着!ローカル感漂う「ロコ御用達の店」5選

地元に密着!ローカル感漂う「ロコ御用達の店」5選

ホノルルにはワイキキから一歩出ただけで、ローカルが足繁く通う御用達の店がある。そんなローカル感が漂うショップやレストランを5つ紹介しよう。

レインボー・ドライブイン/Rainbow Drive In

レインボー・ドライブイン/Rainbow Drive In

1961年からカパフルアベニューで営業している老舗プレートランチ店。リーズナブルなだけでなくボリューム満点のプレートランチが食べられるとローカルに人気の店だ。一番人気のプレートランチはボーンレスチキンとマヒマヒ(シイラ)、バーベキュービーフに2スクープライスとマカロニサラダがセットになったミックスプレート。肉と魚が一皿になったとても欲張りなプレートランチだ。

また、ハワイ島のロコモコ発祥の店として知られるカフェ100と同じレシピで調理されているロコモコも人気メニューのひとつ。この店の初代オーナーは第二次大戦中に日系人だけで編成された第100歩兵大隊に所属していたが、調理係をしていたときに仲良くなったハワイ出身の日系人がカフェ100の初代オーナーだった。こんな縁からレシピを教えてもらい、オアフ島で初めてロコモコを提供した店となった。

レインボー・ドライブイン/Rainbow Drive In

ホノルル動物園から徒歩で15分ほどの「レインボウ・ドライブイン」。広い駐車場もあるので車で訪れても便利なプレートランチ店だ。

レインボー・ドライブイン/Rainbow Drive In アクセス+店舗情報

レインボー・ドライブイン/Rainbow Drive In

住所:
3308 Kanaina Ave, Honolulu
電話番号:
808-737-0177
営業時間:
7:00~21:00
定休日:
無休
URL:
http://rainbowdrivein.com

ベイリーズ・アンティーク・アロハシャツ/Baileys Antiques & Aloha Shirts

ベイリーズ・アンティーク・アロハシャツ/Baileys Antiques & Aloha Shirts

日本移民が日本から持っていった着物の生地を、作業用のパラカシャツと同じ製法で仕立てたのが始まりといわれているアロハシャツ。カパフルアベニュー沿いにあるピンクの建物が印象的なこの店はそんなアロハシャツ専門の店だ。1980年にオープンし、現在15,000枚以上のアロハシャツを扱っているという。

店内には新品のアロハシャツを始め、貴重なヴィンテージアロハや古着の商品などが所狭しと並んでいるが、注目したいのは古着のアロハシャツ。並んでいる商品の中にはザ・バスのドライバーが着ていたのではないかと思わせるような、ザ・バスがデザインされたアロハシャツなどもあり、「ベイリーズアンティークアロハシャツ」はアラモアナやワイキキでは出会えないようなレアなアロハシャツを見つけられる貴重な店だ。

ベイリーズ・アンティーク・アロハシャツ/Baileys Antiques & Aloha Shirts

男性用の商品が多いが、女性用も並んでいる。サイズも豊富で小さなサイズから小錦さんが着られるようなビッグサイズまで揃っているが、取り扱う枚数が多く他のサイズが紛れていることもあるので、購入時には必ずサイズを確認しよう。

ベイリーズ・アンティーク・アロハシャツ/Baileys Antiques & Aloha Shirts アクセス+店舗情報

ベイリーズ・アンティーク・アロハシャツ/Baileys Antiques & Aloha Shirts

住所:
517 Kapahulu Ave., Honolulu
電話番号:
808-734-7628
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
無休
URL:
http://alohashirts.com/jp/

スプラウト・サンドイッチショップ/Sprout Sandwitch Shop

スプラウト・サンドイッチショップ/Sprout Sandwitch Shop

ワイキキからほんの少し離れた住宅街でありながら、ローカル色が強い街並みのカイムキエリア。ここには地元で暮らす人たちに愛されるグルメスポットが数多くあるが、スプラウトや野菜をたっぷりと使った、このサンドイッチ専門店もそのひとつだ。

「スプラウト・サンドイッチショップ」のスプラウトとは野菜の種を食用に発芽させた新芽のこと。この店では地元ハワイ産のスプラウトと野菜を、毎日届けられる焼きたてのパンに挟んだサンドイッチがローカルに大人気。店の黒板に書かれたサンドイッチメニューは10種類ほどあり、どれにしようか迷ってしまうかも。

一番人気は大豆のパテにバーベキューソースをかけ、スプラウトをたっぷりと乗せたスプラウトウイッチ。パテもバーベキューソースも自家製でヴィーガンでなくてもそのボリュームと味には満足できるはず。レンタサイクルやザ・バスを利用して、カイムキ散策の途中で立ち寄るのがぴったりのサンドイッチ店だ。

スプラウト・サンドイッチショップ/Sprout Sandwitch Shop アクセス+店舗情報

スプラウト・サンドイッチショップ/Sprout Sandwitch Shop

住所:
1154 Koko Head Avenue Honolulu
営業時間:
9:50~14:45
定休日:
無休
URL:
https://www.mkt.com/sproutwich

スコニーズベーカリー/Sconees Bakery

スコニーズベーカリー/Sconees Bakery

食の宝庫と言われる街カイムキの12thアベニュー沿い、ひときわグルメスポットが集まっているワイアラエ・アベニューに近いあたりに「スコニーズベーカリー」がある。1971年創業のこのベーカリーはスコーンの有名店で、店がオープンする朝8:00から美味しいスコーンを求めて多くのローカルが行列を作っている。

一般にスコーンと聞くと口の中の水分がすべて持って行かれるというイメージがあるが、この店のスコーンが人気の理由は、新鮮で良質なバターを使いソフトでしっとりとした口当たりだということ。これまでのスコーンのイメージを一新させてくれるだろう。人気の商品はフレーバーがほんのりと香り、甘さ控えめなブルベーリー・スコーンとアップル・スコーン。

スコニーズベーカリー/Sconees Bakery

開店時にはガラスケースにたくさん並んだ商品もお昼も近くなると少なくなることも。好きなスコーンを欲しいだけ手に入れたければ、早めに店に出かけよう。

スコニーズベーカリー/Sconees Bakery アクセス+店舗情報

スコニーズベーカリー/Sconees Bakery

住所:
1117 12th Ave, Honolulu
電話番号:
808-734-4027
営業時間:
6:00~16:00 、日曜 7:30~15:00
定休日:
無休

シュガーケイン/Sugarcane

シュガーケイン/Sugarcane

カイムキエリアはレストランだけでなく、注目すべきショップも多い。中でも今回紹介するこの店はメイドイン・ハワイの雑貨が多く、キッチンクロスやトロピカルデザインのクッションなど、自宅にハワイアンテイストを取り入れたいハワイ好きには魅力的な品が揃っている。

また地元のハンドメイドアーティストが作るアクセサリーはどれも欲しくなってしまいそうなキュートなものばかり。どれも一点もので他では出会えないものなので、お土産にしても喜ばれるだろう。アメリカンアンティークの商品も扱っている雑貨店「シュガーケイン」は、カイムキエリアを散策するなら是非立ち寄りたい、おしゃれなハワイアン雑貨のセレクトショップだ。

シュガーケイン/Sugarcane

シュガーケイン/Sugarcane アクセス+店舗情報

シュガーケイン/Sugarcane

住所:
1137 11th Ave. #101, Honolulu
電話番号:
808-739-2263
営業時間:
10:30~18:00
定休日:
無休

今回紹介したローカルが通うお気に入りの店はそのほんの一部だ。この記事を参考にお気に入りのロコ御用達のショップやレストランを見つければ、あなたもローカル気分が味わえるだろう。

関連する記事