マウイ・オーシャン・センター、絶滅危惧のウミガメ6匹を海へ放流

マウイ・オーシャン・センター、絶滅危惧のウミガメ6匹を海へ放流

views:48

MOV Alaula Hatchlings

マウイ島マアラエアにあるハワイ最大の水族館「マウイ・オーシャン・センター」 では、8月末、2歳になるウミガメの海への放流を行う。今回旅立つのは、2014年7月4日にシーライフ・パーク・ハワイで孵化し、「ハワイアン・グリーン・シータートル教育ローン・プログラム」を通じてマウイ・オーシャン・センターにやってきた6匹のアオウミガメの子どもたち。

 6匹は、それぞれの性格に合わせて、 「アラウラ」(夜明けの光)、「パアニ」(やんちゃな)、「マコア」(勇敢な)、「アホ ヌイ」(忍耐強い)、「ヒラ」(内気な)、「アカハイ」(優しい)と命名され、2歳を迎えるまでセンターのタートルラグーンで過ごした。

Turtle Checkup

放流に先立ち、シーライフ・パーク・ハワイの獣医同席 のもと、水族館の飼育員による最後の健診が行われ、それぞれのウミガメに個体識別を可能にするマイクロチップのPITタグが2つ装着された。

マウイ・オーシャン・センターでは、1998年からこれまでに60匹のウミガメの赤ちゃんを飼育し、放流してきた。孵化したばかりの子ガメが健康に発育できる安全な環境を与えると同時に、来館者たちに絶滅の危機に瀕したハワイのウミガメについて学ぶ機会を提供している。

MOC Akahai Turtle 2016

今後数カ月以内には、1歳のウミガメたちが新たにタートルラグー ンに仲間入りする予定だそうだ。

 (2016.08.24)

 MOC Honu Release

Maui Ocean Center/マウイ オーシャン センター

海の神秘とハワイの海洋生物への理解を深め、環境の保護を促進する目的で、1998年に設立された。生きたサンゴや世界でもここにしかない多種多様なハワイの海洋動物を飼育している数少ない水族館の一つ。60ある展示では、ハワイ固有種に出会える。

一般入場料: 大人$25.95、シニア(65歳以上)$22.95、子供(3-12歳)$18.95、2歳以下は無料

※1ウィークパス、年間パス、パッケージ、グループ料金もあり。プライベートイベントも可。

Website: www.mauioceancenter.com

Facebook(日本語): www.Facebook.com/MauiOceanJP

Tel: 808-270-7000