【8月19日現在】ハワイ州の観光客受け入れが10月1日に再延期?!オアフ島で新たな規制が発表

【8月19日現在】ハワイ州の観光客受け入れが10月1日に再延期?!オアフ島で新たな規制が発表

views:1,950

8月13日、ハワイ州で確認された感染者数は過去最多の355人、死者数は計40人に増加してしまい不安定な状態になってしまいました。

8月18日に行われた記者会見で、ハワイ州のデイビッド・イゲ州知事とホノルルのカーク・コールドウェル市長が、オアフ島の新型コロナウイルス感染拡大防止のための新たな規制を発表しました。

8月19日に「Act Now Honolulu」令が発動

mayorcaldwell
参照:Hawaii News Now

8月18日に行われた記者会見で、オアフ島で新たなロックダウン規制「Act Now Honolulu/アクト・ナウ・ホノルル」令が発表されました。
8月19日0時より発動し、現時点では28日間実施される予定です。

「Act Now Honolulu」令は主に集会を制限するための発令ですが、小売業店やレストラン、オフィスは、マスクの着用などといった条件付きの運営が許可されています。

ただし、オアフ島のバーや公園、ビーチやトレイルコースに関しては、感染リスクが高いため引き続き閉鎖されます。

集会が厳しく制限される「Act Now Honolulu」令とは?

hi

「Act Now Honolulu」令とは、大人数での集まりを防ぐためのもので、完全なロックダウン状態ではありません。

屋内・屋外を問わず5人以上の集まりは禁止とされ、レストランで外食する場合は1つのテーブルに5人までのみ着席可能、などといった内容です。

博物館や映画館などの屋外施設も、5人以上のグループでの入館は禁止となっていて、オープンエアのショッピングモールを含め、全てのショッピングモールではマスクの着用が義務付けられています。

また、可能な限り在宅勤務を推奨しており、在宅勤務が難しい場合は大人数での集まりを避けスケジュール調整を行うように要求し、「ソーシャルギャザリング(集会)」は禁止されます。

なお、宗教的活動ではマスクの着用が義務付けられ、歌や管楽器、吹奏楽器の使用は禁止とされています。

観光客の受け入れが再び延期へ

hawaiiairport

ハワイ州では、観光業再開に向けて9月に旅行前感染テストプログラムが予定されていましたが、「Act Now Honolulu」の発令と同時に10月1日に延期されることが発表されました。

多くの方々が楽しみにしていた観光業再開の延期は旅行者だけでなく、ハワイのロコたちにとっても悲しいニュースですが、一刻も早く感染者数を減少させるために厳しく動き出しているようです。

コールドウェル市長は、「完全なロックダウン状態を避けるためには、みんなで力を合わせることが必要」と主張し、今後も引き続き現状に沿って取り組みたいとのこと。

ハワイに行けない日々が長く続いていますが、日本にいる私たちもコロナ収束のための努力を怠らず、出来る限りハワイの応援もしていきましょう。

関連する記事