もはやテーマパーク!?ワクワクが止まらないハワイのスーパーマーケット7選

もはやテーマパーク!?ワクワクが止まらないハワイのスーパーマーケット7選

ハワイ旅行のスケジュールにぜひとも組み込んでもらいたいものが、スーパーマーケット巡り。日本では、生鮮食品や日用品を購入する場所といったイメージがスーパーマーケット。だが、ハワイのスーパーマーケットは、ショッピングモール同様の豊富な品揃えが自慢である。巨大なカートをひいて広い店内をまわるワクワク感は、海外のスーパーマーケットならでは。店舗によって品揃えや志向が異なるため、いくつか巡ってみると面白いかも。

 NIJIYA MARKET/ニジヤ・マーケット

NIJIYA MARKET/ニジヤ・マーケット

日本食をはじめとした、エスニック食材が揃うスーパーマーケット。滞在中、日本食が恋しくなった際は和食レストランを訪れるかもしれないが、ローカルフードよりも価格が高いところがネック。そのため手ごろな価格で和食を楽しみたいのであれば、和風の総菜・弁当などが揃うこちらを訪れてみるとよいだろう。

「ニジヤ・マーケット」最大の特徴は、プライベートブランド”ニジヤ・ブランド”をはじめとしたオーガニック食材を扱うところ。安心・安全を掲げているとあって、日系スーパーとしては小規模なものの、根強いファンが多い。コンドミニアムでの長期滞在を計画しているのであれば、押さえておきたいスーパーマーケットのひとつである。

NIJIYA MARKET/ニジヤ・マーケット

NIJIYA MARKET/ニジヤ・マーケット アクセス+店舗情報

NIJIYA MARKET/ニジヤ・マーケット(アラモアナ店)

住所:
451 Piikoi St.Honolulu
電話番号:
808-589-1121
営業時間:
10:00~21:00
定休日:
無休
URL:
http://www.nijiya.com/

 

Whole Foods Market/ホール・フーズ・マーケット(カハラ店)

Whole Foods Market/ホール・フーズ・マーケット

カハラモール内にある「ホール・フーズ・マーケット」は、いわゆる高級路線のスーパーマーケット。オーガニック食品やコスメなど、おしゃれでエコな商品がずらりとならぶ大型店である。
こちらで有名な商品といえば、店舗のロゴがプリントされたエコバッグ。カラー・サイズともにバリエーションが豊富なので、おみやげとしても人気が高い。

Whole Foods Market/ホール・フーズ・マーケット

また、ビュッフェスタイルでデリが楽しめる”フードバー”が併設されているので、軽く食事を摂りたいときにもおすすめ。店舗に隣接するビアバー”PUKA’S”は、ホール・フーズ・マーケットで購入した食品の持ち込みがOK。スーパーで購入したデリをつまみながら、ドラフトビールを楽しむことができる。

Whole Foods Market/ホール・フーズ・マーケット アクセス+店舗情報

Whole Foods Market/ホール・フーズ・マーケット(カハラ店)

住所:
4211 Waialae Ave #2000, Honolulu
電話番号:
808-738-0820
営業時間:
7:00~22:00
定休日:
無休
URL:
http://www.wholefoodsmarket.com/

 

Food Pantry/フード・パントリー

Food Pantry/フード・パントリー

クヒオ通りに位置するワイキキ市内のスーパーマーケット。ホテルが密集するエリアにあるため、地元の人々が利用するスーパーマーケットというよりも、ツーリスト向けといえる。

食品・日用品・おみやげのほか、日本食をはじめとしたデリも豊富。小腹が空いたときなどに便利なスーパーマーケットである。ただし、コンビニエンスストアよりはリーズナブルな価格帯であるものの、定価の商品が多くディスカウント商品は少ない。買い忘れの際や緊急時などに利用する”便利屋さん”として覚えておくとよいだろう。

Food Pantry/フード・パントリー

Food Pantry/フード・パントリー アクセス+店舗情報

Food Pantry/フード・パントリー

住所:
2370 Kuhio Ave, Honolulu
電話番号:
808-923-9831
営業時間:
7:00~24:00
定休日:
無休

 

Kalapawai Market/カラパワイ・マーケット

Kalapawai Market/カラパワイ・マーケット

全米No.1に選ばれた絶景ビーチやおしゃれカフェなどが集まる、今注目のエリア”カイルア”。ここで古くから営業している老舗のスーパーマーケットが「カラパワイ・マーケット」だ。オールドハワイを感じる外観・内装のため、カイルアの観光スポットとしても人気。買い物だけでなく店内の雰囲気を楽しむのも、カラパワイ・マーケットの醍醐味といえるだろう。

デリも豊富に揃うため、美しい海を眺めながらランチを楽しみたい方は、ぜひとも立ち寄ってみて。店内にはテラス席も用意されているので、ロコに混じってひと休みといった使い方もおすすめだ。

Kalapawai Market/カラパワイ・マーケット

Kalapawai Market/カラパワイ・マーケット アクセス+店舗情報

Kalapawai Market/カラパワイ・マーケット

住所:
306 S Kalaheo Ave, Kailua, HI 96734
電話番号:
808-262-4359
営業時間:
6:00~21:00
定休日:
無休
URL:
http://www.kalapawaimarket.com/

 

safeway/セーフウェイ

safeway/セーフウェイ

アメリカ本土にて1700店以上を展開する「セーフウェイ」。日本人がイメージするアメリカの大型スーパーといえばココといった感じではないだろうか。ホノルル市内にいくつか店舗があるが、ワイキキのホテルに滞在するツーリストが利用しやすいのは、カパフル店もしくはサウスベレタニア店。

どちらも主要ホテルからは徒歩20分以上かかるため、ザ・バスの利用がおすすめだ。セーフウェイはプライベートブランドを豊富に展開していることもあり、コストパフォーマンスは抜群。24時間営業なので、コンビニ代わりとして利用してもよいだろう。

safeway/セーフウェイ

safeway/セーフウェイ アクセス+店舗情報

safeway/セーフウェイ(カパフル店)

住所:
888 Kapahulu Ave.
電話番号:
808-733-2600
営業時間:
24時間
定休日:
無休
URL:
http://www.safeway.com/

 

LaniLani掲載のSHOP記事

safeway/セーフウェイ

Walmart/ウォルマート(アラモアナ店) 

Walmart/ウォルマート

言わずと知れた、全米最大の大型ディスカウントストア。ここを訪れれば何でも揃うといえるほど、品数も種類も豊富だ。なかでもアラモアナ店はツーリスト向けのため、マカダミアナッツやコナコーヒーといったベーシックなハワイみやげがリーズナブルな価格で揃う。バラマキみやげを探している方にとっては、うってつけの店である。

24時間365日オープンしているとあって、夜中や早朝といった微妙な時間のフライト前にもおすすめ。高級路線のスーパーが増えているなか、アメリカらしい豪快な買い物が体感できるスーパーと言えるだろう。

Walmart/ウォルマート

Walmart/ウォルマート アクセス+店舗情報

Walmart/ウォルマート(アラモアナ店)

住所:
700 Keeaumoku St., Honolulu
電話番号:
808-955-8441
営業時間:
24時間
定休日:
無休
URL:
https://www.walmart.com/

 

LaniLani掲載のSHOP記事

Walmart/ウォルマート

Living Foods Market & Café/リビング・フーズ・マーケット・アンド・カフェ

Living Foods Market & Café/リビング・フーズ・マーケット・アンド・カフェ

カウアイ島のスーパーマーケットといえば「リビング・フーズ・マーケット・アンド・カフェ」。店内に併設されたカフェでは、厨房でつくられたサンドイッチや焼きたてのピザといった軽食をいただくことが可能。ジュースバーで提供されるフレッシュなスムージーもおすすめだ。

Living Foods Market & Café/リビング・フーズ・マーケット・アンド・カフェ

グルテンフリーやGMOフリーといった食品を多く取り扱うため、オーガニック好きの方にはたまらない品揃えが魅力。クラフトビールをはじめとしたアルコール類も豊富なため、部屋でちょっと一杯楽しみたいといった際も、こちらを利用するとよいだろう。

Living Foods Market & Café/リビング・フーズ・マーケット・アンド・カフェ アクセス+店舗情報

Living Foods Market & Café/リビング・フーズ・マーケット・アンド・カフェ

住所:
Kukuiula Village.2829 Ala Kalanikaumaka Koloa、HI 96756
電話番号:
808-742-2323
営業時間:
7:00~21:00
定休日:
無休
URL:
http://shoplivingfoods.com/

 

オーガニック志向の高級路線と、大型ディスカウント系の2種類に大きく分けることができるハワイのスーパーマーケット。真逆のテイストではあるものの、どちらも店内に一歩入ると、ワクワクすることには変わりない。日本のスーパーとは異なり、イートインスペースが設けられているお店も多いため、カフェ代わりに利用してみてはいかがだろうか。