ワイキキにマリオットのタイムシェアが誕生か?@ナイキタウンがあった場所

ワイキキにマリオットのタイムシェアが誕生か?@ナイキタウンがあった場所

こんにちは。ナビちゃおハワイのmimiです。

昨今、再開発がいたるところで行われているハワイ。

ここ数年は行くたびに違う風景に出会っています。

昔ながらの景色がなくなってしまう寂しさと新しいものができるワクワク感。

人それぞれに思う所があることでしょう。

今日はワイキキの中心にありながらも、ずっと空き家状態だった建物の話です。

ワイキキで数年間空き家になってる場所

(Google Street Viewより)

カラカウア大通りに面している場所にある「キング カラカウアプラザ/King Kalakaua Plaza」

ナイキタウンが入っていた・・・・というとわかる方も多いでしょう。

1997年、元クヒオ映画館だった場所に建設され、前述のナイキタウンの他、オールスターカフェ、バナナリパブリックなどの人気店が入っていました。

オールスターカフェは2005年に閉鎖、そのあとに入ったスポーツバーも閉店し、バナナリパブリックは2009年1月に閉鎖、そして最後まで残っていたナイキタウンも2009年9月に閉鎖。

その後ずっと空き家状態が続きました。

空き家が続いた理由

(Google Street Viewより)

ワイキキの目抜き通りであるカラカウアアベニュー沿いにありながらも、なかなか後に店舗ははいらなかったようです。

賃料の問題でしょうか。

建て替えて別のもの 、たとえばホテル等にしたくても出来なかった理由がありました。

それは2011年までは、ホテル等の複合施設への建て替えは不可という規制があったからなのです。

しかし、その後改正が行われて、ホテルなどへのリノベーションもできるようになったとのこと。

突如出てきたホテル建設計画

2016年にはブティックホテルに生まれ変わる計画が浮上し、所有者が再開発のための建築許可申請を提出したことがわかりました。

ブティックホテルは230部屋の予定でしたが、その後も工事が開始する気配はなく、どうしたものかと思っていました。

しかしニュースに出ても予定変更や立ち消えはハワイではよくあること。

2017年には「アウトリガーリーフ ワイキキビーチリゾートが改装の申請を提出」というニュースありましたが(ここをクリック)あれ?これって改装やりましたっけ?と思っている間に立ち消えになった模様。

また2017/3には「ニューヨークで大人気のLady Mが今夏ハワイに初上陸!」って大々的にニュースになりましたが(ここをクリック)、結局上陸したのは2年後でした(ここをクリック

まだまだあるけど書き出したらキリがないので。

え?今度はマリオットのタイムシェア説?

そうこうしているうちについ先日、新たなニュースが舞い込んできました。

今度は「キングカラカウアプラザ」をマリオットバケーションが7階建てに拡張し
110ユニットのタイムシェアを作る予定とのこと。

現在の建物は78,113平方フィートの4階建てです。

建物には110の部屋/スタジオルーム・1ベッドルームの他、2階建ての小売店、屋上プール、フィットネス、バーも。

マリオットバケーションズによると「2022年に新しいリゾートがオープンする予定」とのことですが、許可申請書はまだ提出していないそうです。

さて、ハワイアンタイムでの仕上がりになるのか、それとも・・・・

King Kalakaua Plaza/キングカラカウアプラザ アクセス+店舗情報

King Kalakaua Plaza/キングカラカウアプラザ

住所:
Kalaimoku St. Honolulu
「ナビちゃおハワイ」編集長mimi
著者:「ナビちゃおハワイ」編集長mimi


ハワイ情報サイト「ナビちゃおハワイ」を運営。
ストリートビューでのハワイ散歩が趣味で、毎日妄想ハワイ旅行をしては次回のプランを練っています。 滞在中は、バスやレンタサイクルを駆使してB級グルメを堪能。 旅行者目線ならではのハワイをお届けします。

ナビちゃおハワイ / 編集長mimi個人ブログ

関連する記事