ハワイ通が教える!実体験からわかったハワイウェディングの裏事情

ハワイ通が教える!実体験からわかったハワイウェディングの裏事情

皆さんこんにちは。

ナビちゃおハワイのmimiです。

女子の憧れ「ハワイウェディング」

今回は、実体験からわかったハワイウェディングあれこれに迫ります。

ウェディングは絶対にハワイでやる!と決めたそこのあなた、必見です!

ハワイウェディングのために最初にやること

ハワイウェディングをやる!と決めてから最初にやること。

それはどこで式を挙げるかを決める。

挙式場を決めないと始まりません。

人気の式場は予約ですぐ埋まってしまうので最初に決めて押さえることをお勧めします。

挙式場としては「教会」か「チャペル」という選択肢がありますが、チャペルはいわゆる商業的な挙式場なので将来的になくなる可能性もあるため、思い出の場所を残したいという方は教会を選ぶといいかもしれませんね。

挙式の予約は多くの方が手配会社を通じて行っているようです。

個人で予約できる教会もありますが、やった方の感想ではかなり大変だったようです。

人気の挙式時間は大手が押さえている?

挙式場を選んだら、何時に挙式するかという問題が出てきます。

ヘアメイクの時間もあるし、その後の写真撮影なども考えると、多くの方が同じような時間に式を行いたいと考えていると思います。

でもここでちょっと注意が!

実は手配会社の大手といわれている会社が人気の時間帯を抑えていることが多いとか。

私の次女がセントアンドリュース大聖堂で挙式した時のこと。

あの大きなステンドグラスから光が差し込む時間の挙式はとても人気があるのですが、その時間は、とある手配会社が押さえていることを知りそこにお願いした経緯があります。

ドレスは持ち込み可能?

挙式の必需品・・・ドレスやタキシード。

手配会社では挙式場の他、挙式に必要なドレスやタキシード、靴、アクセサリー、ブーケなどを全てパッケージで予約することも可能ですが、できればハワイ出発前に試着して自分のお気に入りを選びたいですよね。

中には購入したいって方もいらっしゃるようです。

そこで問題になるのが「持ち込み手数料」

多くの手配会社で持ち込み手数料が必要になることが多々ありますので、持ち込みを考えている方は手配会社に相談してみてくださいね。

持ち込みにお勧めのドレスショップ

日本からドレスを持っていく場合、お気に入りのブランドがある方は別ですが、安くて種類も多く、魅力的なドレスが揃っているのが「YNS WEDDING/YNSウェディング」

ドレスの多くが10万円以下。

サイズオーダー(無料)できるので自分にピッタリなサイズのドレスが作れます。

試着に訪れるのが難しい場合は郵送で自宅試着もできます。

気になる方はHPをご覧になってくださいね。

https://www.yns-wedding.com/ YNSウェディングのサイト

パッケージはシンプルな物しか入っていないことも

手配会社ではウェディングパッケージを用意しているのですが、それに含まれるドレスやブーケなどは一番シンプルなものがパックされていることが多々あります。

そのため他のドレスに比べると見劣りすることもあり、別のドレスやブーケをチョイスすると価格がグっと上がってしまいます。

ウェディングハイになって気がついたら大変な金額になっていたということもあるので、一呼吸おいて冷静になることも必要かもしれません。

レイセレモニーって必要?

挙式で「レイセレモニー」をする方も多いと思います。

伝統的なレイセレモニーは挙式前に花嫁さんのご両親が花婿さんに、花婿さんのご両親が花嫁さんにレイをかけて家族として受け入れるという理由があるとか(所説あります)

妊娠している花嫁さんには、輪になっているレイをかけてはいけないといわれていますね。

色々な言い伝えがあるのでレイセレモニーを行う方はぜひ調べてみてくださいね。

我が家の頼んだ手配会社では、自分たちでレイを用意しても持ち込み手数料はとられることはなかったです。

参列者のドレス&アロハシャツ

ハワイウェディングに参加する方々が着るドレス&アロハシャツ。

花嫁さん、花婿さんからカラーが指定されることもあるので、どこで用意したらいいのか悩みどころですね。

ハワイではハワイアンドレスやアロハシャツが購入できる専門店も多く、皆でお揃いも可能。

アロハシャツやハワイアンドレスで人気の店は「レインスプーナー」・「マナオラハワイ」・「シグゼーン」・「トリリチャード」・「ムームーヘブン」・「マヌヘアリー」など。

家族でお揃いのハワイアンプリントのドレス&アロハシャツを着たい方はレンタルするのもお勧め。

ワイキキショッピングプラザに入っている「アロハアウトレット」でもレンタルできるようです。

ウェディングフォトはどうする?

挙式後、又は挙式前にウェディングフォトを撮る方もいらっしゃいます。

手配会社がウェディングフォトまで手配してくれますが、好みのフォトグラファーさんがいる場合は個人的に手配も可能です。

手配会社によっては外部のフォトグラファーを許可しない会社もあるので、依頼前に相談することをお勧めします。

ワクワクしてしまうハワイウェディング。

ハワイ挙式を考えている方の参考になれば幸いです。

▶ ハワイで買ってきてよかった!ハワイで絶対買うべきアイテムを厳選6選をご紹介|LaniLani

▶ 【徹底解説】アメリカ人は歯を大切にする?ハワイのオーラルケア事情をご紹介|LaniLani

▶ 【徹底解説】コツをつかむと分かりやすい!ドルのコインを簡単に見分ける方法|LaniLani

▶ 【2021最新版】ハワイで結婚式を挙げたい人必見!式場や費用をご紹介|LaniLani

▶ 【2020最新版】ハワイでフォトウエディング♪|LaniLani


皆さんにお役に立つコラム記事が250記事以上!
他の記事もぜひチェックしてみてくださいね。
Crazy about Hawaii! by ナビちゃおハワイ|コラム一覧

「ナビちゃおハワイ」編集長mimi
著者:「ナビちゃおハワイ」編集長mimi


ハワイ情報サイト「ナビちゃおハワイ」を運営。
ストリートビューでのハワイ散歩が趣味で、毎日妄想ハワイ旅行をしては次回のプランを練っています。 滞在中は、バスやレンタサイクルを駆使してB級グルメを堪能。 旅行者目線ならではのハワイをお届けします。

「ナビちゃおハワイ」 / 編集長mimi個人ブログ「全てはハワイのために・・・」

関連する記事