お土産にも大人気!ハワイ島の白いハチミツ「ビック・アイランド・ビーズ/Big Island Bees」の工房に行ってみよう♪

お土産にも大人気!ハワイ島の白いハチミツ「ビック・アイランド・ビーズ/Big Island Bees」の工房に行ってみよう♪

参照:Big Island Bees

オアフ島でもお土産として人気の「ビッグ・アイランド・ビーズ」のハチミツ。
このハチミツを生産している工場がハワイ島にあります。
今回はビッグ・アイランド・ビーズのハチミツと、その工場を紹介します。

ハワイ島の白いハチミツとは


参照:Big Island Bees

「ハワイ島の白いハチミツ」を知っていますか?
そのハチミツは、「ビック・アイランド・ビーズ」で一番人気のあるオヒア・レフアのハチミツです。

オヒア・レフアとはハワイ固有の植物で、昔から次のような神話が語り継がれています。
火の女神ペレは、美しい青年オヒアに恋をしました。
しかしオヒアにはすでにレフアと呼ばれる恋人がいたため、ペレの誘いを拒絶します。
誇り高いペレはこれに激怒し、オヒアを木に変えてしまいました。
このことを知った恋人のレフアはとても悲しみ、その涙でたびたび洪水が起こりました。
見かねた神々はレフアを憐れんで、彼女を木にされたオヒアに咲く美しい花にしたといいます。

この花から取った乳白色のハチミツはクセの無い柔らかな甘みとざらっとした舌触り、さらに優しいフローラルな香りで人気のハチミツになりました。

白いハチミツを生み出す「ビック・アイランド・ビーズ」


参照:Big Island Bees

「ビック・アイランド・ビーズ」は西洋人がはじめてハワイを訪れたことから名付けられた、ハワイ島西海岸の「キャプテン・クック地区」にあるハチミツ工房です。
1971年に創業したこの工房では、ミツバチが集めたハワイ島の自然の恵みがたくさん詰まったハチミツを手作業で加工。
無ろ過、非加熱で添加剤も含まないオーガニックなハチミツを作っています。

また、ここはハチミツに関する展示を行うミュージアムとして見学もできるようになっています。
ハチミツを作る過程をパネルにしたものや、実際に養蜂に使われていた道具なども展示されているほか、ミツバチがどのように働いているのか見学できるようガラスで仕切られた巣箱があり、親切なスタッフの説明も受けられます。

工房で手に入れたハチミツはひと味違う?


参照:Big Island Bees

もちろん工房にはショップも併設されています。
ハチミツはすべて味見が可能で、どんなハチミツなのかスタッフの説明も聞けます。
またおすすめの商品を教えてもらったり、お土産に向く商品をアドバイスしてもらったりすることも可能です。
ハワイ島の白ハチミツ、オヒア・レフアの花のハチミツの他にも、クリスマスベリーや、マカダミアナッツの花から採れたハチミツなど、これだけ多くの種類のハチミツを置く店はまず無いでしょう。

石けんや、リップクリームなど、この工房のショップでしか手に入らないレア商品はハワイ島のお土産にもぴったり。
ハワイ島を訪れたら一度はビッグ・アイランド・ビーズを訪れてみてはいかがでしょう。

 

オアフ島のお土産屋さんなどで何気なく買っている「ヒッグアイランドビーズのハチミツ」は、ハワイ島で大切に作られている質の高い蜂蜜です。
工房の周辺にはSt.ベネディクト・ペインテッド・チャーチやプウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園などの観光名所もあるので、ハワイ島を訪れた際には工房に足を運んでみてはいかがでしょう。


ビッグ・アイランド・ビーズ/Big Island Bees アクセス+店舗情報

ビッグ・アイランド・ビーズ/Big Island Bees

住所:
82-5780 Napoopoo Rd, Captain Cook
電話番号:
808-324-0295
営業時間:
10:00~16:00
定休日:
土曜・日曜
URL:
http://www.bigislandbees.co
K@z
著者:K@z
LaniLaniでまとめ記事の執筆を担当しているフリーランス・ライターです。
毎年ハワイに渡るようになって、もう少しで10年目。
これまでの旅の経験や、まとめ記事では書けなかったこと。
ワークショップやカルチャーセンターで習ったウクレレやラウハラ編み、
ハワイアンキルトなどに関することも発信出来ればと考えています。
ハワイの画像のみをアップしているInstagramも更新中。

関連する記事