【2020年】ハワイの祝日と記念日!ハワイの歴史も見えてくる!?

【2020年】ハワイの祝日と記念日!ハワイの歴史も見えてくる!?

アロハ!

もうすぐクリスマスがやってきますね!
12/25はアメリカ同様、ハワイでも祝日です。

ワイキキ界隈は観光地なので、祝日祭日でも営業している店もありますが、お目当ての店や場所、交通機関のスケジュールなどは行く前にチェックが必要です。

ハワイにはアメリカの祝日以外にハワイ州の祝日があるので合わせてご紹介します!

2020年 ハワイの祝日・祭日

以下が2020年のハワイの祝日・祭日になります。
太字はハワイ州の祝日です。

  • 1月1日 ニューイヤー
  • 1月20日 (1月第3月曜)キング牧師生誕記念日
  • 2月17日 (2月第3月曜)プレジデント・デー
  • 3月26日 クヒオ・デー
  • 4月10日(イースター前の金曜日)グッド・フライデー
  • 4月12日(春分後の最初の満月から一番近い日曜日)イースター
  • 5月25日(5月最終月曜)メモリアル・デー
  • 6月11日 カメハメハ・デー
  • 7月3日 (7月4日の振替)アメリカ独立記念日
  • 8月21日(8月第3金曜)州制記念日
  • 9月2日(9月第1月曜)レイバー・デー
  • 11月11日 ベテランズ・デー
  • 11月26日(11月第4木曜)感謝祭
  • 12月25日 クリスマス

基本的に、祝日が土曜日に重なると前日の金曜日に振り替えられ、日曜日と重なると翌月曜日になります。
ハワイ旅行がこれらの日程と被る場合には、交通機関のスケジュールやお店の営業時間をチェックした方がいいでしょう!

5月1日はハワイの記念日

ハワイには、他にも祝日ではないですが「記念日」があります。

よく知られているものでは、5月1日のレイ・デー

もともと5月1日は、世界的には「メーデー(労働祭)」として知られる日ですが、ハワイでは、「メーデー イズ レイデー イン ハワイ/May Day is Lei Day in Hawai’i」といわれ、ハワイ準州時代には祝日だったこともあります。
現在は祝日ではなくなりましたが、ハワイの文化の象徴”レイ”と共にハワイ文化や伝統を祝う日です。


7月31日はハワイアンの特別な日

7月31日はハワイのフラッグ・デー(Ka hae Hawaiʻi Day)です。
ハワイアンの血をひく知事ジョン・ディビッド・ワイヘエ三世が1990年に制定しました。
アメリカでは6月14日がフラッグデーですが、それとは別で7月31日はハワイアンにとっては特別な日です。

7月31日にハワイのフラッグ・デーが制定されたのには、ある出来事が由来します。
1843年2月10日にイギリスのジョージ・ポーレット卿がハワイを占領しました。
ハワイの国旗を下ろしユニオンジャックを掲げ、当時の王カメハメハ三世をマウイ島ラハイナに強制隠居させるという出来事が起こりました。

7月にイギリス海軍のトーマス司令官がハワイへやって来た際、イギリス女王はハワイを併合するつもりはなくジョージ卿の独断であることなどが伝えられたことから統治権がハワイに戻りました。

ホノルルへ戻ったカメハメハ三世は、「土地の命は正義の元に永続する/Ua mau ke ea o ka ʻāina i ka pono」という、今もハワイ州のモットーになっている有名な演説をしました。

ユニオンジャックが降ろされハワイの国旗が揚げられたことから、この出来事の150年後にジョン・ワイヘエ知事によりフラッグ・デーが制定。
ハワイに統治権が戻ったことから同じく7月31日は「王国復権日/Lā hoʻihoʻi ea」としても知られています。

また、この事件からハワイはイギリス王室内やフランスから独立国家と主権を認められたことを記念して、11月28日を「ハワイ王国独立記念日/Kā kūʻokoʻa」としました。(ハワイ王国時代の祝日)

7月31日の王国復権日と11月28日の独立記念日は現在もハワイ主権運動支持者に祝われています。


マルヒア・コジマ
著者:マルヒア・コジマ
ロケラニ・ハワイアン・カルチャー・ラボ主宰 ふと手にした"マナ・カード ハワイの英知の力"をきっかけに古代ハワイへの探求がはじまり、今や古代だけでなく、ハワイの文化・歴史・神話・雑学を、大学の特別講義や各地のカルチャースクールなど、飛び回り語っています。ありがたいことに、はや14年。 約5,000件のサンプルから統計を取った、独自のマナ・カードの解釈を理論的に教えており、日本だけでなく現地ハワイにも生徒を持つマナ・カード講師の顔と、 そのマナ・カードを使ったセラピーでは、世界各地にクライアントが存在する、行列の出来る熱血マナ・カードセラピストでもあります。 古代ハワイの叡智(フナ)を残していく事に情熱を傾けています。 ブログ  マナ・カードとハワイアンカルチャー インスタグラム

関連する記事