メレカリキマカ!ハワイのクリスマス♪

メレカリキマカ!ハワイのクリスマス♪

ハワイ語でメリークリスマスは、「メレカリキマカ!Mele Kalikimaka!」と言います。
12月7日にはホノルル冬の風物詩、ホノルル・シティライツの点灯式があり、ハワイのクリスマスムードがグッと高まります。

ハワイの宗教

クリスマスはキリストの生誕祭ですが、ハワイはもともとキリスト教ではありませんでした。
現在のハワイはのんびりした南の島ですが、実はとても厳しい自然条件の中で古代ハワイアンは暮らしていたのです。

コントロールできない自然の脅威は、ハワイアンにとって神そのものでした。
人々は神々の機嫌を損ねないように、最新の注意を払いながら神々と共に暮らしていました。

18世紀になりハワイに西洋船が寄港するようになっても、ハワイアンは自然の神々とともにありました。
しかし、ハワイ王国カメハメハ大王の逝去後、一転します。

クリスマス祝日宣言

大王の亡くなった翌年の1820年、アメリカからキリスト教宣教師がやってきました。

大王の後をついでカメハメハ2世と3世の摂政になった「大王の愛妃 カアフマヌ王女」宣教師達を保護し、今まで禁止だった男女同席で食事をするという事をやってのけたところ、ハワイの神々からは何のお咎めもありませんでした。
決まりを破れば、女神ペレの溶岩が流れると信じていたハワイアン達でしたが、何事も起きなかったためハワイ古代宗教はキリスト教に取って代わっていったのです。

1862年、ハワイはカメハメハ4世の時代、彼は12月25日をクリスマスの祝日と正式に宣言し、ハワイ王国の祝日となりました。

ハワイのクリスマス


参照:thecathedralofstandrew

カメハメハ4世と王妃エマのために、兄カメハメハ5世が建てたセント・アンドリュース教会。
日本人の挙式でも人気のこの教会は、ステンドグラスで有名です。
カメハメハ4世・エマ妃・夭逝したアルバート王子に、サーフィンをするキリストのステンドグラスが見られます。
クリスマスイブにはミサも行われるので足を運んでみるのもいいかも。

キリストもサーフィンをするハワイでは、サンタクロースも海からやってくるようです。
ハレクラニホテルでは、24日イブの恒例行事サンタクロースがハレクラニ前のビーチにカヌーで到着します。

他にもクリスマスイベントが多数用意されています。
ハレクラニのクリスマスイベント

メレカリキマカの次はハッピーニューイヤーですね。
明けましておめでとうのことを、ハワイ語では「ハウオリ マカヒキ ホウ/Hauʻoli makahiki hou」と言います。
せっかくですから、「メレカリキマカ 」と 「ハウオリ マカヒキ ホウ」をぜひ覚えて、使ってみてくださいね!


マルヒア・コジマ
著者:マルヒア・コジマ
ロケラニ・ハワイアン・カルチャー・ラボ主宰 ふと手にした"マナ・カード ハワイの英知の力"をきっかけに古代ハワイへの探求がはじまり、今や古代だけでなく、ハワイの文化・歴史・神話・雑学を、大学の特別講義や各地のカルチャースクールなど、飛び回り語っています。ありがたいことに、はや14年。 約5,000件のサンプルから統計を取った、独自のマナ・カードの解釈を理論的に教えており、日本だけでなく現地ハワイにも生徒を持つマナ・カード講師の顔と、 そのマナ・カードを使ったセラピーでは、世界各地にクライアントが存在する、行列の出来る熱血マナ・カードセラピストでもあります。 古代ハワイの叡智(フナ)を残していく事に情熱を傾けています。 ブログ  マナ・カードとハワイアンカルチャー インスタグラム

関連する記事