ハワイのローカルにある日本に縁があるスポットまとめ

ハワイのローカルにある日本に縁があるスポットまとめ

ハワイといえばもともと日系人が多いことで知られている。ハワイ日本文化センターなどに赴くとハワイと日本の関係が深く知ることができるが、実はハワイのローカルには日本と縁のあるものがいっぱい!その中で「このスタイルやスポットって日本由来だったの?」というものが実は多い。ちょっとした歴史に触れると、よりハワイをもっと身近に感じれるかも!

マツモトシェイブアイス/Matsumoto Shave Ice

マツモトシェイブアイス/Matsumoto Shave Ice

日系人向けのお店として、マツモト氏がかき氷をアレンジして売り出した元祖シェイブアイスショップは1951年にオープン。店内には、ショップオリジナルのグッズ類も豊富。トレードマークのレインボーカラーのロゴはアメリカンテイストでちょっとしたお土産にも最適。シェイブアイスのフレーバーはなんと40種以上!毎年新商品もお目見えし、行くたびに新鮮な気分で楽しめるのもうれしい。

アイスを氷の下にトッピングしたり、好きな味をオーダーできるが、悩んだらレインボーで!サイズはスモール($2.5)とラージ($2.75)があるが、ボリューミーなのでラージを二人でシェアするのがいいかもしれない。カラフルな色のシェイブアイスは気分も上がることに間違いなし。髭がステキな名物オーナー・松本スタンリーさんにも是非話しかけてみよう。

マツモトシェイブアイス/Matsumoto Shave Ice

シェイブアイス

ハワイ移民労働者であった松本守によって最初はカキ氷店ではなく、日用雑貨店として店をオープン。後に「サトウキビ畑で働く労働者は、1日中炎天下の下で働いてのどが渇く」ということから、日本からハワイへかき氷機が持ち込まれ、売り始めたことが、マツモトシェイブアイスの始まり。それまでハワイには「アイスクリーム」しかなかったため、爆発的人気商品となった。平屋建ての小さな雑貨屋で売るスタイルで毎日長蛇の列だったが、やがてそれはハレイワタウンのシンボル的存在に。

マツモトシェイブアイス/Matsumoto Shave Ice アクセス+店舗情報

マツモトシェイブアイス/Matsumoto Shave Ice

住所:
66-111 Kamehameha Hwy, Suite 605, Haleiwa
電話番号:
808-637-4827
営業時間:
9:00~18:00
定休日:
無休
URL:
http://matsumotoshaveice.com/

 

ハワイ出雲大社/Izumo Taishakyo Mission of Hawaii

ハワイ出雲大社/Izumo Taishakyo Mission of Hawaii

1885年に移民した日本人の手により、1900年初頭創祀された。島根県の出雲大社の分社で現在
ではロコたちもお参りに来るというスピリチュアルスポットのひとつでもある。年末詣、初詣の時期は、観光客やロコで溢れるほどで、神主さんがきっちりとお祓いや祈祷を行う。こじんまりとしているが、社務所などもあり、大社内は身の引き締まるような空気が漂う。

社務所の受付時間は、8:30から17:00までとなっていて、早朝と夜間は正面ゲートが閉鎖されるため参拝はできない為、注意。ちなみに、ハワイ出雲大社では「神主」ではなく「ヌシカン」さんと呼ばれる人が社内を取り仕切っている。御朱印やお守りもあり、ハワイアンらしいカラフルなお守りをお土産にしてみたらご利益があるかも。

島根・出雲大社の分社

縁結びの神様として、日本でもパワースポットとして有名な島根県の出雲大社の分社である。当時の出雲大社管長の命を受け、広島で神職を営んでいた宮王勝良氏がハワイに渡り行った大々的な出雲大社布教活動によって1906年に分社として創祀されたという。

ハワイ出雲大社/Izumo Taishakyo Mission of Hawaii アクセス+店舗情報

ハワイ出雲大社/Izumo Taishakyo Mission of Hawaii

住所:
215 N Kukui St Honolulu
電話番号:
808-538-7778
営業時間:
8:30~17:00
定休日:
無休

 

ケンズキッチン/Ken’s Kitchen

ケンズキッチン/Ken's Kitchen

2016年11月オープン以来、ガーリックシュリンプがジューシーで美味しいと評判のショップ。ワンプレートでエビがどっさりのせられるスタイルは、香りと共に食欲増進!定番ガーリックバターの他に、エスニック風なレッドカレーやタイバジル、チリ系なども。フードトラック販売なのでオープンエアーでおなかにイン!エビの他にも、フライドチキンやステーキなどもあるのでトライしてみて。DFSを
出たらすぐにあるブルーのトラックが目印!

実はお弁当が元祖!プレートスタイル

フードトラックや、モールの他でも多用されているが、プレートの入れ物は、実は日本の「お弁当箱」が元祖。一枚のお皿(ボウル)でおかずと主食をいただけるスマートなスタイルはハワイに浸透していき、現在ではポピュラーなものとなっている。

ケンズキッチン/Ken's Kitchen アクセス+店舗情報

ケンズキッチン/Ken’s Kitchen

住所:
2238 Lauula St. Honolulu
電話番号:
808-218-0537
営業時間:
11:00~21:00
定休日:
不定休

 

LaniLani掲載のSHOP記事

ケンズキッチン/Ken’s Kitchen

いやすめモナーク店/Musubi Cafe Iyasume

いやすめモナーク店/Musubi Cafe Iyasume

日本食が恋しくなった観光客に人気のおにぎり専門店「いやすめ」。日本で食べられる定番の具の
他、ハワイスタイルのスパム握りなども。朝からじっくりと仕込まれるとん汁は、ロコのサーファーにも大人気のメニュー。おいしいおにぎりと併せていただこう。またワイキキビーチから近いため、テイクアウトしてビーチでピクニック気分を味わっても気持ちがいいだろう。

いやすめモナーク店/Musubi Cafe Iyasume

スパムおにぎり

1937年にアメリカで誕生したスパムがハワイでおにぎりになったのは、第二次世界大戦後あたりから。スパムはポーク ランチョンミートといってソーセージのような立ち位置なのだが、それを最初におにぎりにして食べようと思ったハワイ系アメリカ人は、まさか定着するメニューになろうとは思わなかっただろう。今では日本人が好きなおにぎりのひとつでもある。

いやすめモナーク店/Musubi Cafe Iyasume アクセス+店舗情報

いやすめモナーク店/Musubi Cafe Iyasume

住所:
2427 Kuhio Ave,Pacific Monarch Hotel, Honolulu
電話番号:
808-921-0168
営業時間:
6:30~21:00
定休日:
無休

 

ロレハワイ/LOLE Hawaii

ロレハワイ/LOLE Hawaii

ロイヤル・ハワイアン・センター内にあるアロハシャツやムームーの専門店。メンズやレディース、キッズまで揃い、その数は店内を見れば一目瞭然。ハワイでは、特別な記念日や結婚式などにアロハ
シャツやムームーを着る習慣がある。旅行中にハワイの記念日があったら、家族そろってハワイアンスタイルでイベントに参加するのも良い思い出に。ハワイブランドのアロハシャツの種類も豊富にあるので、お土産用に1枚ゲット&チェックしておきたい。

起源は諸説あり!アロハシャツ

アロハシャツの原型や起源は諸説があるため割愛するが、初めて「アロハシャツ」という言葉を使ったのが、当時ハワイで仕立て屋を営んでいた日系人が、新聞広告で使用したのがきっかけ。当時のアロハシャツの生地の仕入れや縫製は日本だったため、トロピカルな模様の他にも和柄も結構混じっていた模様。オールドモデルのアロハシャツのレプリカも売られているのでジャポニズムなアロハシャツもチェックしてみたい。

ロレハワイ/LOLE Hawaii アクセス+店舗情報

ロレハワイ/LOLE Hawaii

住所:
2301 Kalakaua Ave. #C213
電話番号:
808-922-9200
営業時間:
10:00~22:00
定休日:
無休

 

LaniLani掲載のSHOP記事

ロレハワイ/LOLE Hawaii

ハワイ好きな日本人が多い昨今、ハワイ文化と日本文化が意外と近いというのはすごくHAPPYなこと。観光もいいけれど、じっくりとハワイ全体を見渡して歴史や文化を知ることで、よりハワイが好きになるに違いない。