日本人旅行者にオススメ「手軽に和食」を楽しめるレストラン5選

日本人旅行者にオススメ「手軽に和食」を楽しめるレストラン5選

ハワイといえばグルメが魅力のひとつだが、ハワイのボリュームたっぷりの美味しいものを食べていると、和食を食べてお腹を休めたくなることもあることだろう。そこで今回は、手軽に和食を楽しめるスポットを5つ紹介しよう。

心玄/Shingen

心玄/Shingen

ハワイで美味しい蕎麦が食べたくなったなら、ワイキキ、ビーチウォーク通りにある「心玄」はどうだろう。この店は東京の麻布十番に店を構える有名な蕎麦店「松玄」のワイキキ店が、2014年に名前を変えてリニューアルした。この店の蕎麦は、北海道釧路産のそばを輸入して石臼で自家製粉し、経験豊かな職人が丁寧に打っており、それに合うまろやかなつゆには、鰹節と昆布を使用しただしを使っている。本場の蕎麦が食べられるワイキキでも貴重な蕎麦専門店だ。

店名を書いた提灯が飾られた入り口からのれんをくぐると、店内は明るく清潔感があり、モダンながらも落ち着いた雰囲気で、本格的な蕎麦店の料理をゆっくりと楽しめる。さらに店のスタッフは日本語が使えるので気軽に注文できるのも嬉しい。メニューは蕎麦だけでも種類が多く、昔ながらの味を大切にしながら、固定観念にとらわれることなく新しいメニューを次々と生み出している。

心玄/Shingen

心玄/Shingen

一方、自慢の天ぷらをはじめ、素材にこだわった一品料理も、その一つ一つに丁寧な料理人のこだわりを感じられる。日本酒や焼酎も充実しているので、お酒の好きな人でも満足できるだろう。日本からの観光客だけでなくローカルにも人気の「心玄」ではランチ営業もしているので、買い物ついでに気軽に食事をとれるのも嬉しい。

心玄/Shingen アクセス+店舗情報

心玄/Shingen

住所:
255 Beachwalk, Honolulu
電話番号:
808-926-0255
営業時間:
ランチ11:30~15:00 、ディナー17:30~22:00
定休日:
無休

丸亀製麺/Marukame Udon

丸亀製麺/Marukame Udon

「丸亀製麺」といえば日本でも有名な讃岐うどんのチェーン店だが、ワイキキのクヒオ通りにもワイキキ店として営業している。ちなみに同じ「丸亀製麺」でも、日本はマルガメ・セイメンだが、ハワイではMARUKAME・UDON。米国のグルメサイト「イェルプ」で満点の5つ星をとっていることもあり、行列ができるほどの人気店で、毎日たくさんの人がこの店のうどんを食べようと並んでいる。

店内は日本でもおなじみのセルフ式なので、注文で戸惑うことはないだろうし、店員も日本語が話せるので心配はいらない。うどんメニューは日本でポピュラーなメニューの他、「ガーリックチキン・サラダうどん」など、ワイキキ店のスペシャルメニューもある。またうどんだけにとどまらず、天ぷらもエビ天やカボチャ天と共に、マッシュルームの天ぷらやアスパラガスの天ぷらなども並び、それにつける調味料も天ダレをはじめ、塩、チリペッパー、七味唐辛子、とんかつソース、ケチャップなどがあり、日本の店では見かけられない豊富さだ。

丸亀製麺/Marukame Udon

 

丸亀製麺/Marukame Udon

さらにサイドメニューにはスパム結びなどもあり、ハワイの店だと言うことを実感させられる。もちろんうどんの麺も日本と同じく店で作られているが、その様子をガラスごしに興味深くのぞき込み、写真を撮っている欧米からの観光客が多い事も日本からの旅行者には新鮮かもしれない。しかし一方で欧米人は日本人と違いうどんのコシに対して「ゆで不足」のイメージがあるため、日本の「丸亀製麺」で食べるようなコシは無い。これが「ハワイのうどん」だと考えれば、ワイキキの「丸亀うどん」は、新たなハワイアンフードといえるかもしれないのである。

丸亀製麺/Marukame Udon アクセス+店舗情報

丸亀製麺/Marukame Udon

住所:
2310 Kuhio Ave #124, Honolulu
電話番号:
808-931-6000
営業時間:
7:00~22:00
定休日:
無休

いやす夢/Musubi Cafe IYASUME

いやす夢/Musubi Cafe IYASUME

ハワイで日本食を食べたいときだけでなく、トレッキングや遠くに出かけるときに欲しくなるのがおにぎりではないだろうか。「いやす夢」は美味しいおにぎりを、ワイキキ・モナーク店をはじめ、ワイキキシーサイド店、インターナショナルマーケットプレイス店、ケアモク店、シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォークの白木屋店の5店舗で提供するおむすび専門店。

この店名は、ハワイで美味しいものを食べたお腹を休めたい「胃休め」と、ハワイという夢の地で心を癒やして欲しいという願いから「いやす夢」と名づけられたという。この「いやす夢」では、おむすびの基本である米にこだわり、使っているのはハワイで収穫される短粒種の最高級コシヒカリ「田牧ゴールド」。具も下ごしらえをしっかりと行い、梅やシャケ、ツナマヨなど定番の具材のほか、ちょっと贅沢なおむすびとして2つの具材が使われているおむすびも販売されている。

さらに体も心もほっこりと温まるデラックス豚汁セットには鶏の唐揚げとソーセージ、玉子焼きとお好みのおむすびが2個付いて$7.95、モナーク店ではおいなりさんパック$3.65や天むすパック$3.65なども選べる。「いやす夢」のメニューは日本定番のおむすびにとどまらずSPAMをはじめ、ベーコンやアボカドを使ったおにぎりもあり、ボリュームたっぷりの「アボカドベーコン玉子焼きSPAMむすび」はローカルにも人気のメニューだ。

いやす夢/Musubi Cafe IYASUME

日本のソウルフード「おにぎり」とハワイのソウルフード「SPAMむすび」が出会うおにぎり専門店「いやす夢」、2018年1月には6店めとなる「Musubi Cafe Iyasume」がアラモアナショッピングセンターにオープンする予定。電話でおむすび1個からでも注文が可能なので、次のハワイ旅行ではおいしいおむすびを試してみてはいかが。

いやす夢/Musubi Cafe IYASUME アクセス+店舗情報

いやす夢/Musubi Cafe IYASUME (ワイキキ・モナーク店)

住所:
2427 Kuhio Ave,Pacific Monarch Hotel 1階, Honolulu
電話番号:
808-921-0168
営業時間:
6:30~21:00
定休日:
無休
URL:
http://www.tonsuke.com/omusubiya.html

白木屋(シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォーク)/Shirokiya Japan Village Walk

白木屋(シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォーク)/Shirokiya Japan Village Walk

アラモアナセンター エヴァウィング1階にある白木屋「シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォーク」は、美味しい日本食が勢揃いしている屋台村。「伝統的な日本の古都の再現」をコンセプトに様々な食事を提供するいくつもの店が日本の縁日のように軒を並べる巨大な屋台村である。大きな看板の下の入り口を入ると非常に奥行きのある屋台村へと入る。

ここはフードコートとビアガーデンの「屋台村」、お買い物横町の「日本小町」、イベントなどが開催される「お祭り広場」、仏像が並び、おみくじを引いて運気をあげられる「ガーディアン・スピリッツ・サンクチュアリ」の4つのエリアに分かれている。屋台村は自分の気に入った料理を立ち並んでいる屋台で買い、約900席あるイートインスペースで食べるフードコート形式。食事スペースのテーブルをはじめ、天井には提灯や桜の造花が飾り付けられ、日本の風情を再現している。

白木屋(シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォーク)/Shirokiya Japan Village Walk

白木屋(シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォーク)/Shirokiya Japan Village Walk

約50店ほどある屋台には、お寿司やおむすびなどの和食から、焼き肉や焼き餃子、日本発のクレープなどあらゆる日本の食べ物がある。なかにはトレーに自分の欲しいパンをのせて最後に会計するジャパンスタイルのパン屋さんもあるが、これはカウンター越しにパンを売る店が多いハワイでは珍しいスタイルだ。

物価の高いハワイでは他に例を見ない$1のビールも美味しくいただけるが、年齢にかかわらずIDの提示(日本の免許証でも可)を求められるのでお忘れ無いように。また日本小町では日本ではおなじみの海苔の佃煮やお菓子も販売されている。フリーWi-Fiの設備も揃っている白木屋「シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォーク」。SSID「Shirokiya Guest」に接続して、ビールを楽しみながらハワイの旅をSNSにアップするのもよいかもしれない。

白木屋(シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォーク)/Shirokiya Japan Village Walk アクセス+店舗情報

白木屋(シロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォーク)/Shirokiya Japan Village Walk

住所:
1450 Ala Moana Blvd #1360, Honolulu
電話番号:
808-973-9111
営業時間:
10:00~22:00
定休日:
無休
URL:
https://www.alamoanacenter.com/ja/directory/shirokiya-japan-village-walk-19148.html

ワイキキ横丁/Waikiki Yokocho 

ワイキキ横丁/Waikiki Yokocho

2016年12月、ワイキキの中心地、ワイキキ・ショッピング・プラザの地下一階に日本食の名店を集めてオープンしたのが「ワイキキ横町」。その名前が表すように、昭和の横町を再現したこのスペースは「アロハナオモテナシ、ワイキキ横丁」をコンセプトに、「のれんストリート」、「えんがわテラス」、「らーめんロード」の3つから構成されており、16店ほどの店が集結している。ここに出店している店は串カツや焼きそば、お好み焼き、天丼、数々の個性的なラーメン店、さらにハワイではあまり目にしないウイスキー・バーまで営業しており、そのジャンルは非常にバラエティーに富んでいる。

ワイキキ横丁/Waikiki Yokocho

ワイキキ横丁/Waikiki Yokocho

また、この「ワイキキ横丁」はどの店も日本語でOK、加えて店毎にイートインスペースが確保されているので、フードコートなどと違い落ち着いて食事がとれるのも、その特徴のひとつだろう。ワイキキの宿泊ならば歩いてお酒を飲みに行ける「ワイキキ横丁」。数多くの店が遅くまで営業しており、ハワイ滞在中に何度行っても飽きない、毎日でも通いたくなってしまうようなハワイの新しい和食処だ。

ワイキキ横丁/Waikiki Yokocho アクセス+店舗情報

ワイキキ横丁/Waikiki Yokocho

住所:
2250 Kalakaua Ave, Honolulu
電話番号:
808-926-8093
営業時間:
11:00~24:00
定休日:
無休
URL:
http://www.waikiki-yokocho.com/jp/

ハワイで手軽に和食が食べられる専門店と、様々な和食の店が入るフードコートスタイルの店を紹介した。なかには日本と違う味付けや食感の食事を提供する店もあるだろうが、日本からの移民が他の文化と交わって作り出されたハワイアンフードのように、日本のそれとは違う食文化だと考え、楽しんでしまうのもよいだろう。