ハレアカラ/Haleakala

ハレアカラ/Haleakala

古代ハワイアンが「太陽の家」と崇めた聖なる山

ハレアカラ/Haleakala

マウイ島最高峰のハレアカラは、島の南東部にそびえる標高3055mの休火山。海面下に隠れた部分を合わせると、標高9000mにも及ぶ世界最大級の休火山だ。ハレアカラとはハワイ語で「太陽の家」という意味があり、古代ハワイアンにとってハレアカラの山頂は、オアフ島の東側にあるコオウラ山脈から上ってきた太陽が立ち寄る場所と考えられていた。

その頃の太陽は今よりも動きが速く、太陽が山頂を通り過ぎるとあっという間に日が暮れてしまうため、人々はさまざまな不自由を強いられていた。そこで、マウイ島の名前の由来である半神半人の英雄マウイが、ハレアカラの山頂で待ち伏せをして、昼の時間を長くするために太陽にロープをかけて動きを遅らせたという伝説が残っている。

最大の見どころは噴火時代の名残のハレアカラ・クレーター

ハレアカラ/Haleakala

ハレアカラが最後に噴火したのは1790年頃のこと。山頂には800mほど落ち窪んだ直径11.25㎞、幅3.2㎞の巨大なハレアカラ・クレーターがあり、クレーターの内側には噴火によってできた大きな噴石丘などの地形が点在している。山頂から見下ろすと雲海の合間から月面さながらの荒涼とした世界が広がり、目の当たりにする大自然の驚異は圧巻の一語。

山頂付近からクレーターの中には2本の主要な道「ハレマウウ・トレイル」と「スライディング・サンズ・トレイル」が続いていて、ハイキングコースとして人気を集めている。クレーター内に重なり合う噴石丘は太陽の光の加減によって色合いが変化するため、見渡す限りのグラデーションが刻々と表情を変えるサンライズとサンセットの幻想的な美しさは言葉にならないほど感動的だ。

星空観測やトレッキングなど魅力満載のツアーが勢揃い

ハレアカラ/Haleakala

マウイ島の北岸に位置するカフルイ空港から、ハレアカラ山頂までは車で約1時間30分。37号線、377号線を経由して378号線を登り、標高約2000mの地点にハレアカラ国立公園の入口がある。乗車したまま園内に入ることができ、車1台につき$10(自転車・バイク・徒歩各$5)が必要。

山頂まで舗装されているためレンタカーで訪れる旅行者が多いが、運転が不安な人はツアーに参加するのがおすすめだ。日本語ガイド付きでサンセット鑑賞と星空観測と夕食がセットになったプランや、日の出鑑賞のあと明るくなったマウイ島の海岸線の景色を楽しみながらマウンテンバイクでふもとまで駆け下りるプラン、山頂付近のハワイ固有の動植物に出合えるトレッキングツアーなどが揃う。ちなみに山頂付近は夏でも10℃を下回るので、防寒着の準備を忘れずに!

ハレアカラ/Haleakala アクセス+店舗情報

ハレアカラ/Haleakala

住所:
Haleakala National Parl
電話番号:
808-572-4400
営業時間:
24時間
定休日:
無休
URL:
https://www.nps.gov/hale/index.htm