ハワイアン航空が羽田-ホノルル便の機内サービスを発表

ハワイアン航空が羽田-ホノルル便の機内サービスを発表

views:924

2010 年11 月19 日より羽田-ホノルル便を就航するハワイアン航空は、「Hawaii Starts Here‐ご搭乗の瞬間からハワイの旅が始まる‐」をテーマに、羽田-ホノルル便の機内サービスを発表した。
新サービスとして、ビジネスクラスでは上質なハワイアンキルト柄のブランケットを用意。また、全ての当乗客にに明るい花柄の特製おみやげ袋に入ったスナックを「Omiyage(おみやげ)」サービスとして到着前に渡す。


機内食サービスはエグゼクティブシェフ、チャイ・チャオワサリー氏監修による食事を全てのクラスで提供。チャオワサリー氏は、ホノルルにレストラン2 軒を経営し、地元テレビで料理番組を持ち、料理本も出版する人気シェフだ。新鮮な食材を用いたパシフィックリム・キュイジーヌ、アジアン・フュージョン料理と共にマスターソムリエのチャック・フルヤ氏によるワインも用意されるとあって注目が集まる。
さらにビジネスクラスでは、プレミアム機内食サービスを提供。「味噌焼きバターフィッシュの新芽しょうが漬添え」、「バターナッツスクワッシュ&ロブスター・ビスクのシーフード揚げ餃子添え」などの5 コースの料理とハワイアン航空のプライベートラベル赤ワイン「Vita Nova Pikake‐ヴィタ・ノヴァ・ピカケ‐」を。そしてホノルル発羽田便では、羽田到着前にお湯の中で花が開く「ワイキキ・ハイ・ティー」と一緒にアフタヌーンティーを楽しめる。
エコノミークラスでも、シェフ・チャイ氏によるサラダ、メインディッシュ、ブレッド、デザートと充実。ハワイらしいメニュー例として、ハワイアンスタイルのバーベキューチキン、マンゴとベリーのサラダなどがあり、ビール、日本酒やその他のアルコール飲料も無料で提供される予定だ。
また機内では、ハワイの魅力と美しさを伝えるエンターテインメント番組が視聴可能。ホノルルから羽田への復路便では、出発日に放送される最新のNHK ニュースやハワイのNHK 提携ネットワークNGN による番組も放映する。オーディオプログラムでは、日本のアーティストの音楽はもちろん、伝統的ハワイアン、最新のアイランドミュージックチャンネルも選択可能だ。機内誌「Hana Hou!」には、日本語での記事も掲載。ビデオプログラム「HawaiianSkies」を日本語吹き替えと英語字幕の両方で放送予定だ。


定期便として運行される羽田→ホノルルの458便は、羽田空港を23時59分に出発、ホノルル国際空港に同日12時05分到着。帰路457 便は、ホノルルを18時05分に出発、羽田空港に翌日の22時05分に到着する。ホノルル-羽田線の使用機材は、客席数264 席のボーイング767-300ER。2011 年には、客席数294 席のより大きな新型エアバスA330-200 機に変更の予定。

日本語公式ウェブサイト www.HawaiianAirlines.co.jp
ハワイアン航空旅客総代理店 03-5405-8761