海岸沿いの景色が最高!レンタカーでめぐる、オアフ島南東部〜カイルアタウン

賑やかなワイキキもいいけれど、たまには喧騒から離れてのんびりと過ごしたい!そんな時は、レンタカーで少し遠い場所まで足を伸ばしてみては? 今回は、オアフ島で初めてドライブをする人におすすめの、東海岸を回ってカイルアタウンへ向かうコースを紹介します。海岸線沿いの道は景色も楽しく、寄り道スポットも盛りだくさん!復路はパリ・ハイウェイを通れば所要時間も短いので、ワイキキに早く戻りたいならこちらがおすすめ。

ワイキキから約20分:ハナウマ湾/Hanauma Bay

ハナウマ湾/Hanauma Bay

 

ワイキキをスタートしてH1フリーウェイの東行き終点から、カラニアナオレ・ハイウェイに入り約20分。ハワイ語で「曲がった砂浜の湾」という名前を持つハナウマ湾は、火山の火口に海水が流れ込み、波の侵食でできた入江。水の透明度や景観の美しさが2016年の全米ベストビーチNo.1に選ばれており、青く澄んだ遠浅の海にサンゴ礁が広がっている。カラフルな魚がたくさん泳いでいる、オアフ島随一のシュノーケリングスポットだ。

ビーチを利用するには、入場料が必要。また、ハナウマ湾のビーチに降りるには、入口にある海洋教育センターで環境保護に関するビデオを見てレクチャーを受ける必要がある。シュノーケリングのセットは有料でレンタルすることができ、中にはロッカーもあるので貴重品を持っている場合はここに置こう。

ハナウマ湾/Hanauma Bay

ビーチでは魚の餌付け、砂やサンゴの持ち出しなどは禁止されているが、ピクニックをすることは可能。ビーチに売店はないので、食べものを持参していない場合は海洋教育センター内の売店を利用して。園内にはトイレやシャワーがあり、ライフガードもいる。シュノーケリングはせず、ハナウマ湾の景色のみ眺める場合は、車を駐車場に停め、展望台へ向かおう。夏季は朝から混み合う場合もあり、駐車場が満車になると駐車場待ちをすることもできないので、早めに出発を。

ハナウマ湾/Hanauma Bay

ハナウマ湾/Hanauma Bay アクセス+店舗情報

ハナウマ湾/Hanauma Bay

住所:
100 Hanauma Bay Drive, ueber Kalanianaole Highway, Honolulu
営業時間:
6:00〜18:00(夏季〜19:00)
定休日:
火曜、クリスマス、1月1日
URL:
hanaumabaystatepark.com

LaniLani掲載のSHOP記事

ハナウマ湾/Hanauma Bay

 

ハナウマ湾より約5分:ハロナ潮吹き穴/Halona Blowhole

ハロナ潮吹き穴/Halona Blowhole

ハナウマ湾を過ぎてそのままカラニアナオレ・ハイウェイを東へ約5分、サンディ・ビーチの手前にある、溶岩でできた岩場の潮吹き穴。波の侵食によって自然にできた穴に海水が流れ込み、轟音とともに高く吹き上げられる潮は、最大で10メートルになることも。

「ハロナ」とはハワイ語で「展望」という意味で、天気の良い日は、ここからモロカイ島やラナイ島を見ることができる。運が良ければハワイアン・モンクシールやウミガメ、冬季にはザトウクジラが見られることもある。潮吹き穴を近くで見るために崖を降りていく人もいるが、とても滑りやすくなっていて危険。展望台内の安全な場所から眺めるようにしよう。

ハロナ潮吹き穴/Halona Blowhole

ハロナ潮吹き穴/Halona Blowhole アクセス+店舗情報

ハロナ潮吹き穴/Halona Blowhole

住所:
Halona Blowhole
営業時間:
見学自由
定休日:
無休

LaniLani掲載のSHOP記事

ハロナ潮吹き穴/Halona Blowhole

 

ハロナの潮吹き穴より約5分:マカプウ岬/Makapuu Pt.

マカプウ岬/Makapuu Pt.

ハロナの潮吹き穴を過ぎて5分ほど車を走らせ、サンディ・ビーチの先にある緑の丘。ハワイ語で「丘」という意味を持つマカプウは、日の出を望む信仰の場所として、パワースポットのひとつとしても知られている。麓から丘の上まではトレイルが整備されていて、30分ほどのハイキングで水平線を見渡せるパノラマビューが楽しめる。道が舗装されているので、軽装でもOK。

展望台からは、透き通ったエメラルドブルーの海が見下ろせるほか、コオラウ山脈の荘厳な姿や、赤い屋根が可愛らしいマカプウ灯台、うさぎが横たわっているように見えることからラビット・アイランドと呼ばれているマナナ島などの景色が楽しめる。また、12月〜4月には、出産のために南下してくるザトウクジラが見られることも。

また、火の女神ペレがハワイ諸島を旅している途中で休憩したといわれるペレの椅子も近いので、時間に余裕があるときはぜひ。

マカプウ岬/Makapuu Pt.

マカプウ岬/Makapuu Pt. アクセス+店舗情報

マカプウ岬/Makapuu Pt.

住所:
Kalanianaole Hwy, Waimanalo Beach
定休日:
無休

LaniLani掲載のSHOP記事

マカプウ岬/Makapuu Pt.

 

マカプウ岬より約22分:カイルア・ビーチ・パーク/Kailua Beach Park

カイルア・ビーチ・パーク/Kailua Beach Park

カイルア・タウンにほど近く、ローカルも多い静かなビーチ。エメラルドグリーンと白い砂浜が美しく、人気のビーチだ。ここを訪れる観光客は増えてきてはいるものの、ワイキキ・ビーチのような混雑がなく、のんびりと過ごせる。

シャワーやトイレ、更衣室があり、ライフガードも常駐しているなど、設備が整っていて、子どもを連れたファミリーにもおすすめ。休日はバーベキューやピクニックを楽しむローカルで賑わうが、平日は比較的穏やかな雰囲気が漂う。ここには芝生の広場があり、適度に日陰があるほか、ピクニックテーブルも設置されているので、カイルアで食べものやドリンクを調達して、ピクニックするのも楽しい。

カイルア・ビーチ・パーク/Kailua Beach Park アクセス+店舗情報

カイルア・ビーチ・パーク/Kailua Beach Park

住所:
Kailua Beach Park, Kailua
営業時間:
常時開放(隣接の公園ゲートは、夜10時から朝5時まで閉鎖)
定休日:
無休

 

カイルア・ビーチ・パークより徒歩で約15分:ラニカイ・ビーチ/Lanikai Beach

ラニカイ・ビーチ/Lanikai Beach

カイルア・ビーチの南東に向かって徒歩約15分ほどの距離にあるビーチ。カイルア・ビーチよりもさらに透明度が高く、沖に浮かぶ双子の島、モクルアアイランドが特徴的。ハワイ語で「天国の海」というその名の通り、ターコイズブルーの海とパウダーシュガーのように白く柔らかな砂浜のコントラストが素晴らしく、全米で最も美しいビーチに選ばれたことも。高級住宅街の間にある小道を抜けていく、隠れ家的な天然ビーチだ。

整備されていないので、シャワーやトイレ、更衣室、ライフガードの常駐もなし。駐車場もなく、付近は駐車禁止の場所も多いので、ここを訪れるならカイルア・ビーチ・パークに車を停め、徒歩で向かうのが無難。距離にすると1.5kmほどあり、途中に急な坂もあるので、スニーカーで行くのがおすすめだ。

ラニカイ・ビーチ/Lanikai Beach

ラニカイ・ビーチ/Lanikai Beach アクセス+店舗情報

ラニカイ・ビーチ/Lanikai Beach

住所:
Lanikai Beach, Kailua
営業時間:
常時開放
定休日:
無休

LaniLani掲載のSHOP記事

ラニカイ・ビーチ/Lanikai Beach

 

カイルア・ビーチ・パークより約5分;シナモンズ/Cinamon’s

シナモンズ/Cinamon's

カイルア・タウンの中心から少し離れたところにあり、朝食とランチのお店。地元誌が主宰するグルメ大賞「ハレアイナ賞」で、何度もベスト朝食レストランに選ばれている、ローカルに愛され続ける名店。
オリジナルパンケーキが有名で、甘酸っぱいグアバソースがたっぷりとかけられたグアバシフォンパンケーキ、赤いパンケーキの上にホワイトチョコレートソースがかかったレッドベルベッドパンケーキは、その美味しさはもちろん、見た目にもインパクト大。

また、とろとろの黄身にオランデーズソースが絶妙にマッチしたエッグベネディクト、マカダミアナッツ入りのシナモンロールも人気。
テイクアウトが可能だが、土日は利用できないので注意して。

シナモンズ/Cinamon's

シナモンズ/Cinamon's アクセス+店舗情報

シナモンズ/Cinamon’s

住所:
315 Uluniu St
電話番号:
808-261-8724
営業時間:
7:00~14:00
定休日:
無休

LaniLani掲載のSHOP記事

シナモンズ/Cinamon’s

 

シナモンズより約3分:オリーブ・ブティック/Olive Boutique

オリーブ・ブティック/Olive Boutique

カイルアのロコガール御用達のショップで、カイルア生まれのオーナー、アリーさんが、ハワイの街でもカイルアのビーチにも似合うLAブランドや、ハワイ在住のローカルデザイナーによるブランドをセレクト。シンプルな中にもリゾート感があふれる大人カジュアルなアイテムがそろう。

洋服やスイムウェア、バッグのほか、帽子やアクセサリーなど、このお店で全身コーディネートできるほど。また、パッケージが素敵なキャンドルやアロマディフューザーなど、お土産にぴったりの雑貨も。店内の家具やディスプレイは、ほとんどがアリーさんによる手作りで、洗練された大人の雰囲気。
隣にはご主人が営むメンズの「オリバー」があり、カップルでショッピングが楽しめるのもうれしいポイント。

オリーブ・ブティック/Olive Boutique

オリーブ・ブティック/Olive Boutique アクセス+店舗情報

オリーブ・ブティック/Olive Boutique

住所:
43 Kihapai St
電話番号:
808-263-9919
営業時間:
10:00~18:00、土・日曜~17:00
定休日:
無休
URL:
http://www.oliveandoliverhawaii.com/

 

オリーブ・ブティックより約4分:ウルポ・ヘイアウ/Ulupo Heiau

ウルポ・ヘイアウ/Ulupo Heiau

カイルア・ロードを南西へ約4分、カワイ・ヌイ湿原の辺りにあるウルポ・ヘイアウ。オアフ島最古の神殿ともいわれ、ハワイ諸島の先住民と考えられている伝説の民族、メネフネ達がひと晩で作ったという言い伝えが残っている。

北極星に向けて建てられており、その規模はおよそ長さ42m、幅54m、高さ10mと、ハワイで二番目に大きなヘイアウともいわれている。現在のカワイ・ヌイ湿原の周辺にはかつてタロなどの農地があったとされ、建造当初は豊作祈願のため、農耕の神ロノを祀る神殿だったと考えられている。現在もヘイアウの周辺にはバナナの木など様々な植物を見ることができる。

ヘイアウは、聖地として現在もハワイの人達の信仰の対象となっている場所。置かれている石を動かしたり、持ち帰るなどはもってのほか。訪れる際には敬意を払うようにしよう。

ウルポ・ヘイアウ/Ulupo Heiau アクセス+店舗情報

ウルポ・ヘイアウ/Ulupo Heiau

住所:
1200 Kailua Rd, Kailua
営業時間:
見学自由
定休日:
無休

LaniLani掲載のSHOP記事

ウルポ・ヘイアウ/Ulupo Heiau

 

ウルポ・ヘイアウより約13分:ヌアヌ・パリ展望台/Nuuanu Pali

ヌアヌ・パリ展望台/Nuuanu Pali

ウルポ・ヘイアウを出発し、カラニアナオレ・ハイウェイからパリ・ハイウェイに入って約13分、山沿いのエリアがヌアヌ。ヌアヌはハワイ語で「涼しい高台」、パリは「崖」を意味し、展望台からはカネオヘ湾やカイルアの街など、オアフ島東海岸が一望できる。

コオラウ山脈の切れ目にあるため、強風が吹くことでも有名。時には立っていられないほどの強い風が吹くこともあるので、帽子など飛ばされやすいものは極力持って行かない方が無難。カメハメハ大王がハワイを制覇するための最後の戦いが行われた場所としても知られ、追い詰められたオアフ軍が、次々と崖の下へ落ちて死んでいったとされる。崖下からは数百人もの白骨が発見されたということもあり、戦士の亡霊にまつわる怪談も多い。

ヌアヌ・パリ展望台/Nuuanu Pali

ヌアヌ・パリ展望台/Nuuanu Pali アクセス+店舗情報

ヌアヌ・パリ展望台/Nuuanu Pali

住所:
Nuuanu Pali
営業時間:
見学自由
定休日:
無休

 

ハワイでは、入国後1年以内であれば、国際免許を持っていなくても、日本の運転免許証があればレンタカーを借りることができる。日本語対応の可能なレンタカー会社も多く、初心者にはうれしいところ。スマートフォンをカーナビ代わりに使用する際には、必ず車載ホルダーの準備を。ハワイでは運転中の携帯電話の使用は禁止されているので、ダッシュボードに見やすい位置に固定するようにして。また、電池の減りも心配なので、シガーソケットから充電できるケーブルなどを準備しておくと安心。