あまり知られていないコオリナラグーンやカハラホテルの驚くべき話 ~ハワイにはプライベートビーチはない!

あまり知られていないコオリナラグーンやカハラホテルの驚くべき話 ~ハワイにはプライベートビーチはない!

皆さんこんにちは。

ナビちゃおハワイのmimiです。

今日は知らない方も多そうなハワイのビーチに関しての驚きのお話です。

コオリナリゾート周辺のラグーン問題

コロナウイルス感染拡大の影響により休業しているオアフ島の多くのホテルですが、コオリナ周辺のホテルも同様に休業しておりました。

ホテル休業だけならそれほど問題にはならなかったのですが、ホテル側はホテルの敷地内へのルートを遮断すると同時に、4か所あるラグーンへのルートも遮断していたことがわかりました。

このニュースの詳細は下記をご覧ください。

■コオリナのラグーンから一般利用客が締め出されることは不当

つい先日、ラグーン利用者が停める3つの公共駐車場のうちの1つが解放されましたが、コオリナリゾートは11/1から2/1までリゾートのゲスト以外の人がラグーン1、2、3を使用することを禁止する予定であることを市に通達していた事実が判明。

ラグーンはプライベートビーチではない

実はこのラグーンはコオリナリゾートの内部まで水が引きこんであるためプライベートビーチだと勘違いしている人もチラホラ。

でもここはプライベートビーチでも何でもなく、みんなが使える公共のビーチです。

ハワイにはプライベートビーチというものが存在しません。

海沿いに建っている家のあちこちにビーチに抜ける小道が存在しますよね?

それはビーチへの小道がないと必然的にそこに建っている家の居住者しか使用できないビーチになってしまうためです。

その道にもし家の庭から植物がはみ出して道をふさいだりしていると法律で罰せられます

ラニカイビーチの駐車問題

ラニカイビーチでは終日路上駐車が溢れ、住民らは困惑しています。

邪魔にならない場所に駐車するのはまだしも、パーキングの入出庫に悪影響のある場所に駐車する人もいるためです。

そこで駐車してほしくない場所にわざと大きなものを置いたりして駐車させないようにしている住民もいるとのこと。

しかしハワイの法律では、住宅に面している公共スペースに物を置くことを禁止していますから、この行為は違法です。

ビーチをめぐる攻防戦。

妥協点はなかなか見つからない模様。

ラグーンでの飲酒は法律違反

話しを戻して・・・・

ラグーンがプライベートビーチと勘違いされていると思われる理由として、ラグーンで飲酒してる人がいます。

皆さんもご存知の通り、ハワイでは決められた場所以外での飲酒は禁止されています。

路上、公園、ビーチなどの屋外ももちろん禁止です。

ラグーンも公共のビーチであることから飲酒は禁止なんです。

リゾートの敷地内のような安心感がプライベートビーチと勘違いさせ、飲酒までしてしまうんですね。

ワイキキビーチでも何となくプライベートビーチ感

ワイキキの有名な海沿いのホテルの前のビーチにパラソルや椅子を設置して、ゲストが優先的に使用できるようにしているホテルも!

早朝にそこでゆったりしてた人がホテルスタッフにパラソルを設置するから移動するように言われていたのを目撃したことがあります。

ホテルにはそのような権利があるんでしょうか。

どうせ移動させられるから最初からそこには座らないとなって、いつの間にかホテル専用のような雰囲気ができあがってしまっているようです。

ビックリなカハラホテルのビーチ問題

カハラにある有名なカハラホテル。

ここだけ独立した雰囲気のためビーチもプライベート感タップリです。

実はこのカハラホテルで驚くべき問題がありました。

カハラホテルでウェディングをする多くの人たちが利用するビーチ沿いの芝生に建つ白いガゼボ。

そのガゼボが建つ芝生の場所が実は公共のエリアだったとのこと。

公共の場所にもかかわらず、芝生を敷きいかにも敷地内感を出してしまっていたのです。

その事がニュースになったのは2017/4。

ニュース詳細は下記で。

■カハラホテルはどこまでが私有地?ガゼボが建っている場所は公有地だった

ビーチに設置したビーチチェアエリアも違法

カハラホテル前の砂浜に設置したビーチチェアエリアにはロープまで張られ、一般客を締め出すかのような雰囲気を醸し出していました。

しかしここの場所もカハラホテルのプライベートビーチではなく、完全な公共のビーチです。

そこを占拠するかのようにビーチチェアを設置してロープまで張ることに疑問を感じていた近隣の方々が声を上げたことがこの問題解決のスタートでした。

現在のカハラホテルの様子

その後、住民と話し合いをし、ビーチに多くのチェアを置いて一般の方も利用可能にするとしていましたがそれは法的に違反とのことで、現在はビーチの砂浜部分にあったビーチチェアは全てホテルの正式な敷地内の場所に移動して設置されている模様。

芝生の先端、ビーチのすぐ手前にあったガボゼも建物の近くまで移動され、ホテルの敷地内と公共のスペースを明確に表す看板も設置されたようです。

Star Advertiser Videoの改正後のカハラホテル前のビーチ動画はこちら!

このように長年、普通とされてきたハワイの風景が、実は法律に準じたものではないことも。

皆に優しいハワイであってほしいです。

*****************

皆さんのお役に立つコラム記事が100記事以上!

他の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

■ Crazy about Hawaiiのコラム一覧

「ナビちゃおハワイ」編集長mimi
著者:「ナビちゃおハワイ」編集長mimi


ハワイ情報サイト「ナビちゃおハワイ」を運営。
ストリートビューでのハワイ散歩が趣味で、毎日妄想ハワイ旅行をしては次回のプランを練っています。 滞在中は、バスやレンタサイクルを駆使してB級グルメを堪能。 旅行者目線ならではのハワイをお届けします。

ナビちゃおハワイ / 編集長mimi個人ブログ

関連する記事