3660オン・ザ・ライズ/3660 ON THE RISE

数々の賞に輝く老舗レストラン

グルメタウンの呼び声が高いカイムキ地区に位置する、ハワイの中でも指折りのレストランが揃うワイアラエ通り。その坂を登りきった所に優雅に聳え立つのが「3660オン・ザ・ライズ」。所在地の番地が店名の由来になっている、粋とキラリとしたセンスを感じる信頼度抜群の老舗レストランだ。

3660オン・ザ・ライズ

建物自体はシンプルで、一見「オフィスビル?」と感じてしまうような外観だが、中は白を基調にしたモダンで落ち着いた雰囲気が漂う広々とした居心地の良い空間が待っている。

昔からこの店を愛するローカルで常に店は賑わっているがひどく混んでいるほどではなく、日本人や観光客に会う機会もほとんどない。

旅の途中、ゆったりと、美味しくて雰囲気も最高なレストランで食事を楽しみたいという時や、誕生日・結婚のお祝いなどをどこか特別な場所でと考えている人にはぜひ足を運んでもらいたい。

3660オン・ザ・ライズ

オーナーシェフが編み出した唯一無二の創作料理を堪能しよう

1992年のオープン以来、世界中の人々の舌を唸らせてきた個性あふれるメニューを創作するのは、オーナーシェフのラッセル・シュー氏。ハワイでも有数の名シェフとして知られていたシュー氏は、ハワイローカルの素材や味を大切にしたフランス料理をベースにアジア的感覚を積極的に取り入れた味に魅了され研究を重ねたという。さらにヨーロッパのテイストも加わり、彼にしか出来ない唯一無二の新感覚グルメを作り出したのだそうだ。

味付けには、隠し味として醤油や味噌にゆずなど日本料理の要素もふんだんに盛り込まれているので、食べているとどこか懐かしくホッと安心する味に出会い一気にその料理の虜になってしまう。

3660オン・ザ・ライズ

お店を訪れた人が、まずは先に注文するというお店の看板メニューは「アヒカツ」(マグロをカツ風に揚げたもの)。外の衣はサクサク、中のマグロは新鮮そのもので、レアでいただくその食感は絶品だとはまってしまう人が続出なのだとか。

ハワイの自然の恵みを堪能できる新鮮食材を使用

地産地消をモットーにオーガニックな素材を使うことにもこだわりがあるため、すべての素材一つ一つの味が濃厚でハワイの自然からくる恵みも存分に堪能する事ができる。

どの皿にも新鮮な野菜で彩りを添えており、ネギなど日本人にも馴染みがある野菜はもちろん「これはなんだろう?」と思うような、世界のちょっと珍しい素材に出会うこともある。

6~8週間程度で定期的にメニューが変わるというところも評価が高い。訪れる度にたくさんの発見が待っている食事時間を楽しんでみよう。

さらにワインの種類も豊富なので、料理に合わせてお店の人のアドバイスを仰ぎながら選んでみるのも楽しい経験。間違いなく何を食べても美味しいレストランだがボリュームもなかなかなので、デザートまで満喫したい!という人は、お腹と相談しながらバランスよくメニューを選ぼう。ワイキキからはタクシーで10分強かかるが、時間を作り足を運ぶ価値は充分にある。

ディナーはやや混み合うので事前に予約をしてから行くのがおすすめだ。

3660オン・ザ・ライズ

3660オン・ザ・ライズ/3660 ON THE RISE アクセス+店舗情報

3660オン・ザ・ライズ/3660 ON THE RISE

住所:
3660 Waialae Ave, Honolulu
電話番号:
808-737-1177
営業時間:
17:30~20:30
定休日:
月曜
対応カード:
VISA、マスター、アメックス、ダイナー、JCB
URL:
http://www.3660.com/