Hawaiian Crown Plantation/ハワイアン・クラウン・プランテーション

Hawaiian Crown Plantation/ハワイアン・クラウン・プランテーション

完熟パイナップルが人気の農園直営のショップ&カフェ

ハワイアン・クラウン・プランテーション/Hawaiian Crown Plantation

ハワイで40年以上にわたって農業に携わり、自社工場でさまざまなハワイの特産品の製造や開発を手がける「ハワイアン・クラウン・プランテーション」。自家農園で栽培される新鮮なパイナップルや、工場直送のお菓子やドライフルーツなどは、メイド・イン・ハワイのグルメが集まるKCCファーマーズ・マーケットでもおなじみだ。2014年、農園と工場直営のショップ&カフェがワイキキのクヒオ通り沿いにオープン。明るい店内にはブランドの代名詞にもなっている「スイート・ゴールド」と名付けられた農園直送の完熟パイナップルをはじめ、フレッシュなバターの香りを利かせたマカダミアナッツ、繊細なフルーツのようなアロマが特徴のカウコーヒーなどのこだわりの品がずらりと並ぶ。 

甘みが濃いスイート・ゴールドのジュースやスイーツを堪能

 ハワイアン・クラウン・プランテーション/Hawaiian Crown Plantation

ハワイ大学で熱帯農業を学び、農学博士号を取得した創業者のグレイグ・ボーデンさんが、20年におよぶ品種改良を重ねて開発したスイート・ゴールドは酸味が少なく、口の中で豊かなアロマと甘みが広がるのが特徴。スイート・ゴールド100%のパイナップルジュースはもちろん、スイート・ゴールドをはじめフルーティーな香りがするアップルバナナなど自家農園直送のフルーツがたっぷりのったアサイボウルやスムージーも人気だ。砂糖や防腐剤などの添加物は加えずに、スイート・ゴールドの甘みを最大限に引き出したドライパイナップルはお土産におすすめ。一度味わうとほかのドライパイナップルが物足りなく感じられるほど甘みが濃厚で、ハワイを訪れたら必ず購入するというリピーターも多い。 

カカオの生産から手がけるハワイアンチョコレートも自慢

 ハワイアン・クラウン・プランテーションは、1989年にハワイで初めてカカオの栽培に取り組んだ農園のひとつとしても知られ、ハワイ島のヒロにある自家農園で栽培される有機カカオを使ったハワイアンチョコレートも評判だ。栽培から製品作りのすべてを行っており、カカオ70%の「ダークチョコレートバー」や、カウコーヒーの入った「カウコーヒークランチチョコレートバー」など、素材の持ち味を生かした香り高いチョコレートは甘いものが苦手な人にも支持されている。アンチエイジング効果が注目され、お店のアサイボウルのトッピングにも使われている、カカオの殻を取り除き「ニブ」と呼ばれる胚乳部分をフレーク状にした「カカオニブ」もあり、日本に持ち帰ってヨーグルトなどにかけて食べれば効果が期待できるかも。

ハワイアン・クラウン・プランテーション/Hawaiian Crown Plantation

Hawaiian Crown Plantation/ハワイアン・クラウン・プランテーション アクセス+店舗情報

Hawaiian Crown Plantation/ハワイアン・クラウン・プランテーション

住所:
159 Kaiulani Ave., Suite 105, Honolulu
電話番号:
808-779-7887
営業時間:
08:00~21:00(月~土曜日)
09:00~20:00(日曜日)
定休日:
無休

周辺のお店

全てのお買い物のショップを見る

関連する記事