往復たった5ドル!「ザ・バス」で行くハレイワタウン

ザ・バスに揺られてノースショアまでのんびり旅♪

オプショナルツアーだと値段が張るし、レンタカーは自信がない…。
そんな方にぴったり!たった往復5ドルでハレイワタウンを満喫できちゃう方法をご紹介!
ビーチにグルメにショッピング、時間にとらわれずに思う存分満喫しよう。

ザ・バスに乗ってみよう!

ザ・バスとは、オアフ島のローカルも使う公共交通サービス。オアフ島を網羅してるため、ザ・バスを使えばほとんどの観光地に出向くことができる非常に優れたサービスだ。

ハレイワ行きのバスはアラモアナセンターから乗車することになる。
まずは、ワイキキからアラモアナへ向かおう。ザバスを使う場合は8番の路線(ほかの番号でもアラモアナセンターには着く)。ワイキキトロリーのピンクラインでも可。
ザバスの料金は大人一人2ドル50セントとかなりお得だが、おつりが出ないので注意。
バスに乗車すると、運転手さんがトランスファーチケットを渡してくれる。これは、二回まで無料で乗換えができるチケットになるので、(時間制限あり)大事に持っておこう。
バスを降りるときは、窓にたれている紐を引くか、ボタンを押すとバスが止まる仕組みになっている。アラモアナセンターで降りたらいよいよ乗り換えだ。

ハレイワ行きのバスは、アラモアナセンターの山側から出ている。バス停に到着したら、ポールの上を見て番号が書いてあるか要チェック。アラモアナセンターからハレイワ行きのバスは、52番で2時間弱。ワイキキの景色からがらりと変わるため、その移り変わりも楽しい。

しばらくバスに揺られていると、ハレイワの街がすぐそこに! 途中、ドールプランテーションにも止まるためこちらの観光もできる。ハレイワタウン内はたくさんのバス停に止まるので好きなところで降車しよう。
それでは、徒歩で回れるハレイワタウンの名所をみてみよう。

ハレイワ・アリィ・ビーチパーク/Haleiwa Ali’i Beach Park

ハレイワ・アリィ・ビーチパーク/Haleiwa Ali'i Beach Park

広大な芝生が似ろがるパーク内は、開放感にあふれており、ハレイワタウンから徒歩で行けるビーチ。
地元の人たちにも人気で、とてものんびりした雰囲気が特徴のビーチだ。プレートランチやスウィーツを持っていったり、読書をするにもぴったり! 運がよければ、ウミガメに出会えるかも!

夏と冬で海の様子が異なるので、その変化もぜひ楽しんでほしい。冬場はサーフィンの大会が行われるほど波が高くなるため、十分な注意が必要だ。


ハレイワ・アリィ・ビーチパーク/Haleiwa Ali’i Beach Park

住所:66-167 Haleiwa Rd Haleiwa, HI 96712


ノースショア・マーケットプレイス/North Shore Market Place

ノースショア・マーケットプレイス/North Shore Market Place

ハレイワアリィビーチパークからハレイワの街を歩き進めていくと、ローカル色の強いカラフルでかわいいショッピングモールが見えてくる。そこがノースショア・マーケットプレイスだ。

ノースショア・マーケットプレイス/North Shore Market Place

古きよき街のハレイワを象徴するかのような、ゆったりとした時間が流れており、自然にかこまれながらゆっくりとお買い物を楽しむことができる。写真にもぴったりのフォトジェニックなショッピングモールだ。
ハレイワのお店が凝縮されたかのようなこのショッピングモールには、ハワイらしいものが手に入るお土産屋さん「アロハジェネラル」、希少価値の高いコーヒーが揃う「コーヒーギャラリー」にカフェ、メキシカンレストラン、アパレルショップをはじめとする約25店ものお店が入っている。中でも「パタゴニア」には、日本で発売されてないアイテムやハワイ限定商品もあるのでお気に入りのひとつを探してみるのもいい。
また、ショッピングに飽きてしまったり、雨が降ってきてしまったら、「ノース・ショア・サーフ&カルチャル・ミュージアム」がおすすめ。サーフィンの歴史に触れたり、ワイアランド・ギャラリーで地元アーティストの作品を鑑賞することもできる。

ノースショア・マーケットプレイスは、ハレイワの魅力がぎゅっと詰まったノスタルジックで素敵な場所である。

 


ノースショア・マーケットプレイス/North Shore Market Place

住所:66-250 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI
電話番号:808-637-7000
営業時間:※お店によって異なる


 

ガーリックシュリンプ

ジョバンニ(Giovannis Original White Shrimp Truck)

ハレイワ来たら1度は食べておきたいガーリックシュリンプは、ワゴンで買って青空の下で食べるのがおすすめだ。たくさんのシュリンプ店が並んでいて、とてもいいにおいがしてくる。

徒歩でも歩いても行けるが、結構な距離になるので52番のバスに乗っても良いだろう。
ノースショアマーケットプレイスからハレイワアリィビーチパークとは逆方向に進んで行くと見えてくる。たくさんのワゴンの中でおすすめのお店が「ジョバンニ(Giovannis Original White Shrimp Truck)」だ。
落書きいっぱいのトラックが目印のガーリックシュリンプ発祥のお店である。

ジョバンニ(Giovannis Original White Shrimp Truck)

お店の前にはテーブルとイスがたくさんあるので、そこで熱々の出来立てを食べてみてほしい。メニューは、シュリンプ・スキャンピ、レモン・バター、ホット&スパイシーの3種類で、一緒についてくるガーリックオイルのたっぷりかかったご飯も絶品だ。いろんな味やお店を食べ比べしてみるのも楽しい。
ただ、油で手が汚れてしまうので、ウェットティッシュは必須。

 


ジョバンニズ・オリジナル・ホワイト・シュリンプ/Giovannis Original White Shrimp Truck

住所: 66-472 kamehameha hwy, haleiwa
電話番号: 808-293-1839
営業時間: 10:30-17:00


もちろんおすすめレストランも♪

ハレイワ・ジョーズ・シーフード・グリル(Haleiwa Joe’s Seafood Grill)

「ハレイワ・ジョーズ・シーフード・グリル(Haleiwa Joe’s Seafood Grill)」は、ローカルにもとても人気のある港が見えるレストランだ。
なんといってもこちらのレストランからの景色は最高!! テラス席に座れば、ハワイらしい景色を楽しみながら食事ができる。
店内もハワイらしい雰囲気満載のこちらのレストランは、スイート・カルビ・リブやハンバーガーを中心にハワイならではのメニューも勢揃いしている。ゆっくり食事を楽しみたい人にはもってこいの場所だ。

 


ハレイワ・ジョーズ・シーフード・グリル/Haleiwa Joe’s Seafood Grill

住所:66-011 Kamehameha Hwy, 96712-1408
電話番号:808-637-8005
営業時間:11:30~21:30 (金・土曜 ~22:00)


 

マツモト・グローサリー・ストア

マツモト・グローサリー・ストア

たくさん歩いて疲れてしまった際には、ぜひレインボーなシェイブアイスとともに休憩タイムを! ほてった体を冷やすのにもってこいのスイーツだ。

レインボーカラーのシェイブアイスが人気な、マツモトシェイブアイスは、1951年から営業している、シェイブアイスの元祖とされる店。地元の人でも知らない人はいないほどの有名店で、行列がなかったらとってもラッキー!

マツモト・グローサリー・ストア

約40種類のフレーバーから、お好みのものを3種類選ぶことができる。さまざまなカスタムメニューを加えてぜひオリジナルのシェイブアイスを作って楽しもう♪ メニューが多くてなかなか決められないという人のためには、フレーバーが決まったコンビネーションも用意されており、1番人気は、ストロベリー・レモン・パイナップルの3種類からなるレインボーとなっている。カラフルな見た目のシェイブアイスは、とってもフォトジェニックで気分もあがるだろう。

店内は、オリジナル商品も豊富で、カラフルでキュートなTシャツや、シェイブアイスのキーホルダーはおみやげにも大人気。記念に購入して日本で自慢しよう♪

 


マツモト・グローサリー・ストア/Mattsumoto Grocery Store

住所:    66-087kamehameha Hwy. Haleiwa,,Honolulu
電話番号:    (808)637-4827
営業時間:     9:00~18:00
定休日:      無休


帰りは…

ハレイワタウンを十分に満喫したら、ワイキキに戻る時間。帰りものんびりザ・バスに揺られて帰ろう。

ハレイワタウンには、いくつかのバス停があるので、いちばん近くにあるバス停から行きと同じ52番のバスに乗車すれば、アラモアナセンターまで戻ることができる。

ハレイワタウン

 

ハレイワまで2時間弱と長旅にはなるが、ノスタルジックなオールドハワイを感じることができるハレイワ。アラモアナセンターからバス1本で、ビーチ・グルメ・スイーツ・ショッピングと丸1日満喫することができる。ローカルの人たちに混ざって、移り変わる景色を眺めながらのんびりとバスに揺られていく旅を楽しんでみるのはいかがだろうか。
ワイキキのにぎやかな雰囲気とは打って変わったハワイのほかの一面を心ゆくまで楽しんでほしい。