ハワイアン航空が機内食をリニューアル!

ハワイアン航空が機内食をリニューアル!

views:192

羽田-ホノルル便に「鶏から揚げむすび」が登場

A

3月1日からハワイアン航空の羽田-ホノルル便の機内食がリニューアルした。ハワイらしさを感じられるメニューとして、ビジネスクラスには「牛肉のカレカレ*」を、プレミアムエコノミー「エクストラ・コンフォート **」とエコノミークラスには「鶏から揚げむすび」が登場。

B

ハワイアン航空では、「搭乗した瞬間から本物のハワイを感じる」ことができるよう、「ハワイらしさ」にこだわったサービスを提供。今回の機内食リニューアルも、ハワイの風土で独特な進化を遂げたハワイ料理の良さを生かしたメニューを考案し、機内食に取り入れた。

C

カレカレとは、肉と野菜をピーナッツソースで煮たシチューで、元はフィリピンのポピュラーな伝統料理。今回の「牛肉のカレカレ」には、ピーナッツソースのかわりにカシューナッツソースを用いることで、よりマイルドな味わいに。名前や見た目はカレーのように見えるが、辛くなく、ほんのり甘いやさしいテイスト。

D

「エクストラ・コンフォート」とエコノミークラスに導入される「鶏から揚げむすび」は、羽田-ホノルル便就航以来の人気メニューであった「スパムむすび」をアレンジしたもので、スパムの代わりに、鶏のから揚げを巻く、新スタイルの料理。赤・黄・緑の3種類のカラーバリエーションがあるランチボックスの中には、海苔巻きセットと鶏のから揚げ、卵焼きとお漬物が入っており、好みにあわせてアレンジできる。
このメニューは羽田-ホノルル線限定で、日本便ならではのオリジナリティと、遊び心満載のメニューとなっている。 同じく「エクストラ・コンフォート」とエコノミークラスの人気メニューである、ハワイのソウルフード「ロコモコ」は、今後も引き続き提供している。

*「牛肉のカレカレ」は、前期(3月1日~8月31日)の期間限定メニュー。
**「エクストラ・コンフォート」は、2014年8月よりA330型機材に導入された、プレミアムエコノミークラス。