ファイティングイール(ダウンタウン)/Fighting Eel

2003年にスタートし、ハワイを代表するファッションブランドに

ファイティング・イール

2人のロコガール、ロナ・ベネットとラン・チェンが立ち上げた「ファイティング・イール」という一風変わった名前のブランドは、2003年の夏にスタートするやいなや、ハワイのファッションをリードする存在となった。2013年には、ハワイ州知事が主催する「ファッション・アワード」も受賞するなど、今最も勢いのあるブランドの一つだ。

あまりパブリシティにコストをかけたくはないと、ファッションリーダーたちに何度もアイテムを送って、やがて彼女たちのキュートなアイテムを着てもらうようになり、それが広まりトレンドになったというから面白い。

その他にもブログで情報を発信したり、マーケットのイベントでショーを行なったりなど個性的な情報発信も続け、いまやハワイの文化トレンドの発信者としても見逃せない位置にいる。

ファイティング・イール

ハワイというパラダイスの、セクシー&シンプルがテーマ

そんな彼女たちのスタイルは「セクシーとシンプルのブレンド」をテーマに、自由自在に彼女たちが興味ある様々なスタイルを取り入れ、複数のコレクションラインを準備している。リゾートスタイルにもぴったりのタンクトップ、サマードレスなどがとても豊富、シンプルながら洗練されたデザインのアイテムは着心地がよく、シルエットが美しいのも特徴。

「メイド・イン・パラダイス」というキャッチの通り、ハワイの楽園性や花を意識しているのも特徴。テキスタイルの素材感を生かし、あえてざっくりした感じに仕上げている。ジャージ素材の大胆な活用も見逃せない。また大ぶりなアクセやジュエリーを合わせると、パーティ受けできるような装いに一変する。ハイセンスなカーディガンやヴィヴィッドのTシャツもある。

ファイティング・イール

ハワイのカルチャーの発信基地としても機能する

そのデザインから全ての生産を、ホノルルの中心部で行なっている。またこのブティックでは、このブランドと、2012年に立ち上げたキュートなデザインの姉妹ブランド「アヴァ・スカイ/Ava Sky」が大部分を占めるが、他にもハワイで活躍する他のデザイナーの商品も取り上げ、ハワイのカルチャーをサポートしようという姿勢を見せている。

例えば日本にも人気のある「サムドラ/Samudra」の、写真がプリントされたクラッチバックや、ロコデザイナーのハンドメイドアクセなどだ。ショップは市内に4店、フラッグシップ店であるここダウンタウンのショップの他、カハラモールとロイヤル・ハワイアン・ショッピング・センター、そしてカイルアのストリートにもある。

2017 年シーズンは、トロピカルムードにぴったりのレパード柄を大胆に取り入れたコレクションを発表し、さらにキッズ用アイテムを充実させてきたので、注目してみよう。

ファイティング・イール

ファイティングイール(ダウンタウン)/Fighting Eel アクセス+店舗情報

ファイティングイール(ダウンタウン)/Fighting Eel

住所:
1133 Bethel St.,Honolulu Hawaii
電話番号:
808-738-9300
営業時間:
10:00〜18:00 日10:00~16:00
定休日:
無休
URL:
http://www.fightingeel.com/index.html