【ハワイ現地から】子どもと一緒にホエールウォッチングを楽しもう!知っておきたい穴場スポットもご紹介

【ハワイ現地から】子どもと一緒にホエールウォッチングを楽しもう!知っておきたい穴場スポットもご紹介

Aloha!

冬になるとハワイの海にザトウクジラが姿を現し、ホエールウォッチングを楽しめます。今年もたくさんのザトウクジラの姿を見ることができました!

今回は子連れでも楽しめるホエールウォッチングの方法や我が家のオススメスポットをご紹介します!

ホエールウォッチングのシーズンはいつ?

ホエールウオッチング

毎年12月から4月上旬にかけて繁殖や出産、子育てを行うために暖かい海を求めてハワイへやって来ます!

よく「何時頃がベストですか?」と質問されますが、時間帯に関係なく姿を現してくれます。

クルーズ船に乗って間近で見る!

クルーズ船ホエールウオッチング

参照:Star of Honolulu

できるだけ間近で迫力ある豪快なパフォーマンスを見たいと言う方にはクルーズ船がおすすめです!

ただ、連邦政府の規制によりザトウクジラから100ヤード(80m)以内への接近は禁止されています。また、皆さんが想像しているこの様に全身を見られるのはそう多くはないので過剰な期待は禁物です!

スターオブホノルル号

スターオブホノルル1

アロハタワーマーケットプレイス出港のハワイで一番大きなクルーズ船、スターオブホノルル号!

4デッキを備えていて最も屋外スペースが多い大型船ですが、バリアフリーが完備されていてエレベーターもあるのでベビーカーでも乗船が楽です。

大型船でも船酔いが心配な方は乗船すると船酔いの薬を貰えます!

スターオブホノルル号2

知識豊富なナチュラリストによる専門的な説明も付いていて、クジラの姿が見えると船上クルーが方角を教えてくれます。日本語での説明も多くあります!

スターオブホノルル号3

尻尾が見えるだけでも娘たちは大興奮でした。

クジラが全く見られなかった場合はクジラを見ることができるまで無料乗船券“ホエールチェック”を貰えます。

残念ながら2021年は新型コロナウイルスの影響により2022年までスターオブホノルル号でのホエールウォッチングは延期となった為、2021年3月30日までの期間限定にて、スターオブホノルルの姉妹会社の 「ドルフィンスター号」でのホエールウォッチングが登場しました。

2層デッキのオープンエアカタマラン船で、こちらはアラワイボートハーバー(プリンスワイキキホテル西側)から出航となります。

Star of Honolulu公式サイトはこちら!

マジェスティック号

マジェスティック号1

アトランティスクルーズが提供する、アロハタワーマーケットプレイス出港のマジェスティック号でのホエールウォッチング!

バリアフリーではありませんが、ベビーカーでも問題なく乗船できました。

マジェスティック号2

ソファーに座って船内の大きな窓からクジラやイルカが泳ぐ姿を見る事もでき、子どもたちは船内にあるクジラの模型を手にしてくつろいでいましたが、やはりデッキに出て景色を堪能しながらのホエールウオッチングは気持ちが良いです。

マジェスティック号3

こちらもクジラが姿を表すと見える方角をアナウンスしてくれますが、やはり中々全身は見られません。

それでも、娘たちは船に乗れた喜びがプラスしてとても楽しんで良い思い出になりました。

アトランティスの公式サイトはこちら!

陸から楽しむ!

マカプウトレイル

マカプウ岬

ホエールウォッチングで有名で人気の場所といえば、オアフ島の東端エリアにあるマカプウトレイル/ Makapu’u Point Lighthouse Trail!

舗装されているトレイルなのでベビーカーを押しながらでも歩きやすく、私は妊娠中も運動がてらに登っていました!

子どもが成長してからも家族でよく行くトレイルで、天気が良い日はモロカイ島も見えたりとても気持ちが良いです。

この時期になるとホエールウォッチング目当ての方が多いいので誰かが見つけると「Whale!」と言う声が聞こえて来るので同じ方角を探してください!

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

ココカイミニビーチパーク

ココカイミニビーチパーク1

我が家のオススメスポットはハワイカイのポートロックにあるココカイミニビーチパーク/Koko Kai Mini Beach Park!

ココカイミニビーチパーク2

公園には駐車場がないので、路駐になりますが車上荒らしが多いいので車内に荷物を置いて行かないようにしてくださいね。

ココカイミニビーチパーク3

住宅の横に入口があります。

ココカイミニビーチパーク4

黄色い看板にかかれている番号は緊急連絡911に電話をした際に、この番号を伝えると公園の場所が照会される様になっています。

ココカイミニビーチパーク5

ココカイミニビーチパークは別名、「チャイナウォール」と呼ばれ岩壁が有名な場所でもあります!

ココカイミニビーチパーク6

普段、あまり見ない裏からのダイヤモンドヘッドの姿に新鮮な気持ちになり癒やされます。

ココカイミニビーチパーク7

スキューバーダイビングに人気のスポットになっていて沢山のダイバーがやって来ます。また、週末になると海に飛び込んで海水浴を楽しむ人や釣りを楽しむ地元の人達で賑わいます。地元の子どもたちが泳ぐ姿もよく見かけますが、死亡事故も起きている場所なので小さいお子さんには海水浴はあまりオススメしません。

ココカイミニビーチパーク8

こんな大きな波が来ることも。
小さいお子さんと一緒の方は写真撮影に夢中になるのはNGですよ!
なるべく内側を歩いてください。

ココカイミニビーチパーク9

冬になるとホエールウォッチングを楽しんでいるボートがたくさん出ているので、ボートが止まっている付近を探すとすぐクジラを探せます。

特別映像付き!クジラがジャンプを披露♪

ポートロックに住む従兄弟は、12月の中旬に物凄く近くまでクジラの親子が来て豪快なジャンプを披露してくれたのを見られたそうで大興奮していました。

残念ながら我が家は遠くで潮を吹く姿しか見られませんでしたが、それでも今年はたくさんのクジラを見られて娘たちも大満足でした。

以上、ハワイのホエールウォッチング情報でした。

もちろん、この他にもホエールウォッチングを楽しめる場所はたくさんあります!

実はサンディービーチやアウラニビーチ、タートルベイビーチなどあちこちのビーチからも遠くにクジラが潮を吹く姿を見られるんですよ!

この時期はぜひ双眼鏡片手に出かけてくださいね!

▶ オアフ島でホエールウォッチング!おすすめのスポットをご紹介!|LaniLani

▶ 【2021年最新版】ハワイのダイソーは何が売っているの?ハワイならではの商品をたっぷりご紹介!|LaniLani

▶ 【特別映像付き】ハワイのベンチでインスタ映えを狙おう!定番から穴場のベンチまでご紹介|LaniLani

 ハワイの最新情報をお届け!LaniLani 
ハワイの最新情報をお届け!LaniLani
https://www.lanilanihawaii.com/column/hawaii-weekend_withmylittleohana


ハワイ在住、2人の女の子ママがハワイの情報と一緒に、日常で見つけた子供も大人も喜ぶハワイを紹介していきます! 娘と一緒に思いっきり遊んで、食べて、笑ってハワイを満喫! 子連れハワイ、楽しみましょう!
ハワイの週末 -with my little ohana-|コラム一覧

Mami
著者:Mami

35歳の時に長年勤めていた新聞社を退社し、思い切ってハワイにやって来ました。
今はオアフ島にて2人の女の子の子育てに悪戦苦闘しながらも週末は家族でのんびり。

ハワイの風を皆さんにもお届けできたらと思います!!

アメブロ「Ninjaのハワイで子育て生活 英語力0の嫁と日本語力0の旦那」

関連する記事