雨の日のハワイはこうして楽しむ!おすす3スポット

雨の日のハワイはこうして楽しむ!おすす3スポット

じめじめした梅雨。日本では、雨の日が続いています。
青い空が広がるイメージが強いハワイですが、10月~3月にかけては雨季で、日本の梅雨同様雨が多い時期です。
といっても、日本の梅雨の停滞前線とはワケが違い、一時的なスコールのような雨。
そんな雨の日、または雨が通り過ぎるまでの間、どのように過ごしたら良いでしょう。
ショッピングセンターでお買い物もいいですが、他にもどこかないかしら?という方に、今回は3つのスポットを紹介致します。

ハワイにもあった!スポッチャみたいなD&Bで童心に帰って大はしゃぎ

D&B(ダイブ&バスターズ)をご存知ですか?
日本でいうところの、ROUND1・スポッチャみたいなところと言えばイメージがわくでしょう。
スポーツバーとゲームセンターやレストランなどが併設している施設です。
お子さんがいるご家族や、友人複数人でハワイを訪れた方たちには、ちょうどいい遊び場スポットになります。
こちらの施設のワクワクポイントの一つめは、簡単なフードコートではなく、きちんとしたレストランがあり料理も楽しめるところ。
そして、お酒を飲みながらゲームができるところ。
最後に、ゲームで勝って集めたチケットを、景品と交換できるところ。
子どもではなく大人のためのアミューズメントパークといった感じで、雨が去るまでちょっと・・・のつもりが、長居してしまいそうですね。

ワイキキ・GSstudiosで、親しい友人たちとカラオケ三昧

日本発祥のカラオケ。
もはや世界のどこへ行っても、だいたいありますね。
ワイキキにもGSstdio(ジーエススタジオ)というカラオケ店があります。
カラオケ好きの日本人観光客をターゲットにした印象で、日本の機器が置かれ日本と変らないカラオケが楽しめます。
少人数はもちろん、25名までのパーティールームまであるので、社員旅行や家族旅行などの際も、みんなで遊べますね。
食べ物を持ち込みできて費用を抑えられるのも◎!
2時間歌放題ソフトドリンク1杯付)10$のタイムサービスは、雨が通り過ぎるまでのつかの間の遊びとしてはちょうどいい遊び方ではないでしょうか。

雨だからこそ室内カルチャー体験!ハワイアンキルト作りをマスター

ハワイの露店のような簡易的な土産屋さんで売られているハワイアンキルトって、実はmade in Koreaの商品が多いのだそう。
実際、私がお土産として商品を選んでいるときに、韓国製のハワイアンキルトを販売していた韓国人の方にお聞きしました。
純ハワイアンキルトが欲しい方、この際雨の日を利用してハンドメイドに挑戦してみてはいかがでしょうか?
1987年創業の一針一針手縫いが自慢のハワイアンキルトを扱うハワイアンキルト・コレクション。
そのワイキキ・ビーチウォーク店では、毎週火曜日にレッスンを開催しています。
日本語に対応し、レッスン量は無料!材料費のみのなんとも良心的なレッスンです。
ハワイアンカルチャーを体験しながら雨の日を過ごすのも貴重ですし、作ったものが帰国後も手元に残り続けるのはとても良い思い出となりますね。

自然を楽しむプランが多いハワイ旅行では、雨ではビーチもプールも行けずとっても残念。
そんな雨の日のために、いくつか楽しみ方や楽しいスポットを知っておくことも事前準備の1つです。
室内でショッピングもいいですが、お子さん連れや複数人の旅行の際はみんなで一緒に楽しめるような過ごし方が望ましいですよね。
日本でもできることでも、海外でするとまた新鮮です。
「雨でどうしよう?」と困ったら、まずこの3つのスポットを訪れてみてくださいね!

Dave&Buster's アクセス+店舗情報

Dave&Buster's

住所:
1030 Auahi St, Honolulu, HI 96814 アメリカ合衆国
電話番号:
+1 808-589-2215
営業時間:
平日10:00~0:00 / 金土日10:00~2:00
URL:
https://www.daveandbusters.com/locations/honolulu
Mari
著者:Mari
「どうせ日本人ばっかりなんだろう」と長年行かず嫌いだったハワイ。
一度足を踏み入れた途端どハマリしてしまい、今では年2回ペースで一人旅するほどラブに。
自転車を借りてプーラプラ、ビーチにいってゴーロゴロ。
それがお気に入りの過ごし方。
ハワイを第2のHOME TOWNにすべく、ロコ友からの地元にツウな情報収集を日々欠かしません。

関連する記事