ホノルルのホエールウオッチング・クルーズは今シーズン12月22日から運行開始

views:151


海面高く潮を吹き上げ、勇壮なブリーチングを繰り返すザトウクジラを手軽に目撃できるホエールウオッチング・クルーズはオアフ島でも人気のアトラクション。しかも、クジラの群との遭遇率が100%を連日記録するなど、毎シーズンの平均観測率が96%を超えるというアトランティス・クルーズ社のナバテックI号によるツアーが、今年も12月22日より2011年4月11日まで毎日運行される。正午出発のランチ・クルーズは、食事付きで雄大な自然を堪能できるとあって毎シーズン高い人気を誇る。また2011年1月14日から2011年3月31日までは午前中出発のモーニング・クルーズが加わり、朝・昼の1日2回の運行で需要増に応えることに。



朝食付きのホエールウオッチング・モーニング・クルーズは8時30分出発~10時30分帰着で所要時間2時間。ホエールウオッチング・ランチ・クルーズは正午12時出発―14時30分帰着で所用時間2時間半の快適クルーズだ。オアフ島沖でクジラの群の目撃頻度が高いダイヤモンドヘッド沖合の水域を航行する。このエリアは波が荒いことで知られるが、外洋の波の影響を受けず、揺れないSWATH設計のナバテックI号なら快適なクルーズが楽しめる。また、展望デッキや客室の窓から望むオアフ島の雄姿は、目を離すのも惜しいばかりとか。
いずれのクルーズにも海洋生物に詳しいナチュラリストが同乗し、ザトウクジラの生態や習性について解説を行うことで、乗客の好奇心と知識欲を満たしてくれる。ザトウクジラを目撃できなかった場合は、再乗船できる無料パスが発行されるというサービスも。クルーズは、アロハタワー・マーケットプレイスのピア6から出航し、同ピアへ帰着。料金はモーニング・クルーズで大人$49、子供(2~12才)が$25、ランチ・クルーズで大人$69、子供(同)が$35。これに港湾使用料とハワイ州消費税の合計7.712%が加算される。なおワイキキの主要ホテルからの送迎は料金に含まれる。


アトランティス・クルーズ
ツアーの詳細は日本語ホームページ

予約・問い合わせ
808-973-1311(予約センター)



whale2010.jpgクジラ豆知識
ハワイの海を悠々と回遊するクジラの頭数はハワイ全域で7,000前後と推定されている。ザトウクジラが子育てのためにハワイに里帰りするシーズンは毎年12月の末から。翌年4月中旬から下旬ごろにはハワイで生まれた子供たちを連れて餌の多いアラスカ沖に向かう。