アジア人初の快挙!ファイヤーナイフダンス世界選手権大会で日本人が2位入賞

アジア人初の快挙!ファイヤーナイフダンス世界選手権大会で日本人が2位入賞

views:545

ハワイ州ライエの街に位置するポリネシア・カルチャー・センター(以下 PCC)が、2018年5月10日(木)から12日(土)の3日間にわたり開催したファイヤーナイフダンス世界大会において、松島 憂弥選手が、アジア人初となる2位に入賞しました。

スピード、ナイフを投げるときの高さ、テクニックの難易度などを競うイベントで、2018年はハワイ、タヒチ、カリフォルニアなど、各地から19名が出場する中、日本人の出場者は4名でした。

松島 憂弥さん

2位入賞した松島 憂弥さん

ファイヤーナイフダンス世界大会

今年で26回目を迎えた、ファイヤーナイフダンス世界大会。ハワイ最大のテーマパーク「ポリネシア・カルチャー・センター」主催で、年に1度開催。本場サモアのほか、ハワイ、アメリカ本土、タヒチなどから毎年20~30名が出場しています。評価基準は、スピード、ナイフを投げるときの高さ、テクニックの難易度、一連のダンスとしての動き、そして戦士としての存在感などが挙げられます。

ファイヤーナイフダンス世界大会

松島 憂弥選手へ各選手からコメント

現在福島県にある「スパリゾートハワイアンズ」で、プロのファイヤーナイフダンサーチーム「シバオラ」に所属。2015年には、学生時代に一度、PCCでの世界大会に出場経験があったものの、そこでは予選落ち。今年はパフォーマンスに磨きをかけ、観衆全員が興奮の渦に巻き込まれるかのようなファイヤーナイフダンスを披露しました。

- 過去に3度優勝経験のある、VJ 選手のコメント

「憂也のパフォーマンスにはいつも驚かされるよ!新しい動きをいつも開発していて、とても勉強になる。」

- 今年優勝した、ハレ選手のコメント

「憂也と一緒にステージで戦えることを心から誇りに思う。来年は出場できるか分からないが、もしできるならまた絶対に戦いたい。」

- PCCのバイスプレジデントである、エリック・ワークマンのコメント

「毎年毎年、ダンサーのパフォーマンスには驚かされます。皆が非常に多くの時間を割いて練習をし、この世界大会に参加しています。サモア文化の伝統を、大会を通して広めてくださっていることに心から感謝しております。」

ポリネシア・カルチャー・センターでは迫力満点のファイヤーナイフダンスを生で体感できます!ファイヤーナイフダンス世界大会ついては下記サイトを参照ください。

http://www.worldfireknife.com/

 

関連する記事