オーガニックフードもゲットできる!ローカルにも人気のファーマーズマーケット5選

オーガニックフードもゲットできる!ローカルにも人気のファーマーズマーケット5選

すっかり観光スポットとしても定着してきたファーマーズマーケット。もともとは、地元の農家の人たちが自家栽培した野菜や果物を持ち寄って販売していたのがはじまり。新鮮な食材はもちろん、オーガニックフードやローカルメニューも充実し、ハワイのリアルなフード事情を感じられる最高のスポットだ。出店者とのコミュニケーションや掘り出し物探しなど、楽しみ方もいろいろ。
今回は、ローカルにも愛される人気のファーマーズマーケットを5つご紹介。お気に入りのマーケットをみつけてロコ気分を満喫しよう。

KCCファーマーズマーケット/KCC Farmer’s Market

まず紹介したいのが、毎週土曜7時からカピオラニ・コミュニティ・カレッジで開催されるKCCファーマーズマーケット。ハワイ最大級のファーマーズマーケットとして有名で、出店数は100店舗以上。朝早くから地元民や観光客で賑わっている大人気のマーケットだ。
場所はダイヤモンドヘッドの麓にある大学の駐車場で、ザ・バスやトロリーで行ける。開始したとたんに混雑するので、早めに到着するか時間をずらして空いてきた時間帯を狙いたい。ただ、基本的にどのお店も売切れ次第終了なので、お目当てのものがある場合は注意して。

KCCファーマーズマーケット

新鮮な野菜や果物はもちろん、食べ歩きグルメやローカルフードも充実している。なかでも、KCCファーマーズマーケット名物として有名なのが、ジンジャーエールの「PACIFI KOOL」。手作りジンジャーエールの専門店で、さわやかな飲み口とピリッと香る生姜のフレーバーが人気の秘密。炎天下で疲れた体にうれしいご褒美だ。また、日本では珍しい揚げトマトのお店「FRIED GREEN TOMATOES」も要チェック。グリーントマトをフライした一見変わった食べ物だが、自然な甘みと衣の食感がベストマッチ。ソースはわさびレモン味とバジルライム味から選べる。

PACIFI KOOL

どちらのお店も行列必至だが、にぎやかな屋外マーケットで食べるのはお祭り気分で楽しいもの。朝食も兼ねてお気に入りグルメを探してみてはいかが。何度行っても必ず新しい発見があるので、飽きずに楽しめること間違いなしだ。


KCC ファーマーズ・マーケット/KCC Farmer’s Market

住所:4303 Diamond Head Rd
電話番号:(808)848-2074
営業時間:土曜日 7時30分~11時00分 火曜日 16時00分~19時00分
定休日:火曜、土曜以外


ホノルルファーマーズマーケット/Honolulu Farmers Market

ホノルル・ファーマーズ・マーケット

つづいて紹介するのは、毎週水曜の夕方にワードエリアのニールブレイズデルセンターで開催されるホノルルファーマーズマーケット。店舗数は約30店と中規模で、混雑具合も比較的穏やか。ローカルの風を感じながら、芝生の上でゆったり楽しめるのが魅力のマーケットだ。夕方からの開催なので朝が苦手な人にもおすすめ。

有機栽培の野菜や果物、オーガニックフードなどが豊富にそろい、健康志向の地元民から人気が高い。食材の買出しに利用する人も多いのだとか。ハワイ産のジャムやバターも充実しているので、お土産を探すのにもぴったりだ。また、KCCファーマーズマーケットと主催者が同じなので、KCCの人気店も多数出店。ここならほとんど並ばずに購入できるので狙い目だ。

芝生にレジャーシートを広げてピクニック気分を味わったり、ハワイアンミュージックの生演奏に耳を傾けたり、ここでは思い思いにスローな時間を楽しみたい。1日遊んで疲れたら、のんびりマーケット散策をしてみるのもいいかもしれない。


ホノルルファーマーズマーケット/Honolulu Farmers Market

住所:777 ward Ave.,Honolulu Hawaii
電話番号:(808) 848-1921
営業時間:水曜日16時00分~19時00分
対応カード:使用不可


Haleiwa Farmers Market/ハレイワファーマーズマーケット

ハレイワ・ファーマーズ・マーケット

つづいては、毎週木曜の午後にワイメア渓谷の入り口で開催されるハレイワファーマーズマーケット。ワイメア渓谷はノースショアの中心タウン・ハレイワから車で約15分の場所にあり、大自然を感じられる絶景癒しスポットとして人気だ。

観光スポットとしても人気急上昇中のノースショアは、オアフ島の中でも特にオーガニックへの意識が高い人たちが多く住んでいる。ここでしか手に入らない新鮮な野菜や手作りのハチミツなど、こだわりの食材を本人から直接購入できるのが魅力だ。また、エコに配慮したマーケット作りにも注目したい。出店者は環境に優しいプレートやナプキンを使用しており、ゴミの分別も徹底されている。人にも自然にも気を使うのがノースショア流なのかもしれない。

このマーケットの楽しみは、フード以外にもたくさんある。ローカルアーティストのアクセサリーや洋服、雑貨、オーガニック石鹸など、お土産品も豊富に出品されている。作家本人とのコミュニケーションも楽しい。ハンドメイドの作品は1点ものなので、お気に入りをみつけたら必ずゲットしたい。

大自然に囲まれて手作りの魅力に思い切り浸れる素敵なマーケットなので、ハレイワを訪れる機会があったらぜひチェックしてほしい。


Haleiwa Farmers Market/ハレイワファーマーズマーケット

住所:59-864 Kamehameha Hwy, Haleiwa
電話番号: (808) 388-9696
営業時間:木曜日 14:00〜19:00


Kings Village Farmers Market/キングスビレッジファーマーズマーケット

キングスヴィレッジファーマーズマーケット

キングスビレッジファーマーズマーケットは、ワイキキの中心部にあるキングスビレッジショッピングセンターで開催されるマーケットだ。出店数は約20店とこじんまりした雰囲気だが、ワイキキの中心部だけあっていつも賑わっている。週に数回夕方から開催しているので、ショッピングや散策のついでにふらっと立ち寄ってみるのもいい。

野菜や果物のほか、焼き菓子やコーヒーなど手軽に買えるメニューも多い。値段も手ごろでおやつ代わりにちょうど良いかもしれない。夜まで開催しているのでホテルへ持ち帰って夜食にしたり、ワイキキビーチ散策のお供にしたりするのもぴったりだ。シェイブアイスやマラサダなど、ザ・ハワイなフードも充実しているのでロコ気分を満喫したいときにもぜひ。

キングスビレッジは歴史ある老舗のショッピングセンター。ヨーロッパ風の建物が立ち並び、そこだけ他のエリアとは雰囲気が違う。お土産屋も多いので、ここへ来てぶらぶらしているだけでも楽しめる。どこか懐かしい雰囲気を感じながらマーケット散策を楽しみたい。


Kings Village Farmers Market/キングスビレッジファーマーズマーケット

住所:131 Kaiulani Avenue Honolulu, Hawaiii 96815
営業時間:毎週 月・水・金・土曜日の午後16:00~21:00


Kauai Community Market/カウアイコミュニティマーケット

カウアイ・コミュニティ・マーケット

最後に紹介するのは、カウアイ島のリエフで開催されるカウアイコミュニティマーケット。カウアイ島はハワイの中でも最も歴史が古く、崖や渓谷などの壮大な自然が魅力的な島だ。カウアイコミュニティマーケットは、空港があるリエフ郊外のカウアイ・コミュニティ・カレッジ駐車場で毎週土曜に開催されている。オアフ島のKCCより小規模ながら、いつもローカルで賑わっている活気のあるマーケットだ。

カウアイ島名物「カウアイ・コーヒー」をはじめ、地元産ハチミツ、ドライフルーツ、フレーバーソルトなど、メイドインカウアイにたくさん出会えるのが最大の魅力。オアフ島での買い物に飽きたら、ぜひここで一味違ったおみやげ探しをしてみては。試食をさせてくれるお店も多いので、いろいろ試しながらじっくり選べるのもうれしい。カウアイ島に行ったらぜひ立ち寄りたいマーケットだ。


auai Community Market/カウアイコミュニティマーケット

住所:3-1901 Kaumualii Highway Lihue, Hawaii 96766 ※Kauai Community Collage駐車場内
営業時間:土曜日 9:30~13:00


 

ここでしか購入できない地元食材や珍しいローカルフードなど、ショッピングセンターでは出会えないものがファーマーズマーケットにはたくさん。屋外でハワイの風を感じながら、ゆっくりマーケット巡りをしてみるのはいかが。