Vol.1 ネットが使えるとハワイ滞在がダントツ便利になる6つのこと

views:891


日本でもスマホやタブレット端末の便利さを体感してしまうと、「ガラケー」と呼ばれる昔の携帯電話に戻るなんて想像もできないですよね。ハワイ旅行でも同じことで、インターネットを使えるだけでも滞在中の満足度が格段にアップします。なかでもダントツに便利な6つの使用法をご紹介しましょう。

1)GPS地図が使えて迷わない

これはもう、スマホユーザーなら納得ですよね。GPS機能が付いた地図アプリは街歩きの強い味方。自分がどこにいるのかもリアルタイムで表示してくれるほか、目的地の検索やそこまでのルート、さらに近くのスポット情報まで教えてくれます。ガイドブックの地図とにらめっこするよりもダントツにスマートで便利です。

2)無料通話で日本との連絡も話し放題

最近、話題を集めているLINE(ライン)やSkype(スカイプ)といったネット通話アプリ。国際電話だと1分数十円~数百円かかってしまうような音声通話が、アプリを使えば無料で話し放題というから驚きですよね。特にLINEは2011年のサービス開始から1年間で登録人数が2,000万人(日本国内)を越えるなど、注目が高まっているアプリです。ダウンロードは無料なので、手に入れておいて損はないアプリといえるでしょう。

3)Facebookやメールで旅写真を即公開

意外とハマるのがコレ。ハワイ旅行中に撮った絶景のビーチや美味しかった食事など、スマホのカメラで撮影してすぐにFacebookなどのSNSで公開したり日本の友達にメールできちゃいます。旅の感動やハワイで感じたことを即発信できるので、気持ちが伝わって普段以上に「いいね!」をもらったり、友達や家族がよろこんだり安心したり(うらやましがったりも)してくれます。せっかくハワイに来たのだから、伝えないともったいないですよね。

4)クーポン利用でオトクにハワイを満喫

見逃せないのがコチラ。「LaniLani×ALOHASMILE」やJCBカードの「ハワイガイド」など、無料アプリとして利用できるクーポンブックが登場しています。フリーペーパーのなかから探すのも醍醐味といえるかもしれませんが、お目当てのお店を検索したり地図機能と連動して近くのお店を探したりと使い勝手はバツグン。クーポンを使う際もスマホの画面を見せるだけですから、スマートにオトクなサービスを満喫できます。ぜひチェックしておきたいですね。

5)急な予定変更やトラブル対応も安心

天候や体調の変化、または事故・犯罪などのトラブルに巻き込まれてしまった場合もネットで情報を調べられれば安心できます。もちろん信頼できる旅行代理店やコンシェルジュデスクへ問い合わせするのがベストですが、飛行機の遅延や災害による停電などでもリアルタイムな情報が収集可能。すぐにリスケして対応できるので、無駄が少なく不安も抑えられるでしょう。

6)最新情報を確認できて時間のロスを回避

ローカルタウンなどで重宝するのがお店の最新データ。ワイキキやアラモアナセンターではほぼ年中無休ですが、ハレイワやカイルアなどのローカルでは目当てのお店が休業日だったり閉店時間だったりして、無駄足を踏んでしまうことがあったりします。一般的な旅行ガイドブックは1年に1回しか情報確認を行なっていな場合が多いので(本によっては2年に1回なんて場合も・・・)、どうしてもお店の最新情報と異なる場合が発生してしまうのです。その点インターネットで最新の情報を確認しておけば、貴重な時間をロスすることなく効率的にまわることができます。

いかがでしょうか? ハワイ旅行を検討されている方は、ぜひ予備知識として取り入れておいてくださいね。

関連記事
ハワイ ネット事情まとめ
ハワイでインターネットを利用するためには、こんな方法があります
●最近よく耳にするんだけど、「レンタルWi-Fi」って何?(12/26更新予定)