【4月18日現在】ステーションが激減!ハワイのレンタサイクル「biki」が利用者減で存続の危機

【4月18日現在】ステーションが激減!ハワイのレンタサイクル「biki」が利用者減で存続の危機

皆さんこんにちは。

ナビちゃおハワイのmimiです。

今日はちょっと心配なハワイのニュースをご紹介します。

レンタサイクルシステム「biki(ビキ)」

ハワイ・ホノルルのレンタサイクルシステム「biki(ビキ)」

ローカルの方はもちろん観光客にも大人気で、ちょっとした移動にも便利なレンタサイクル。

ワイキキを中心として130か所のドッキングステーションと1300台の自転車があります。

観光客は300分の使い放題と1回利用の2種類が選べ、利用者も増加していました。

▶ bikiの値上げとルールの変更点~bikiを便利に使う方法も教えちゃいます!|LaniLani

新型コロナウィルスによる利用者減

かなり好調だったbikiのシステムですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、長期にわたるハワイの規制と観光客激減により利用者が激減。

2020年の収入は前年度に比べるとおよそ半分ほどに落ち込み、サービス維持が難しい状況に陥っているということがわかりました。

ステーションの撤去を発表

生き残りを賭け、4月15日からは何か所かのステーションを撤去すると発表。

撤去されるステーションは下記の通りです。

■ 102:アメリカンセービング銀行本部(カリヒ)

■ 121:州議会議事堂(ダウンタウン)

■ 219:WorkPlay(カカアコ)

■ 325:ワリナストリート(ワイキキ)

■ 410:カートライトネイバーフッドパーク(マキキ)

■ 552:3660オンザライズ(カイムキ)

プログラムの維持は困難?

当面は現在のサービスを維持していく方向ではあります。

新たな財政的支援がなければ、プログラムの維持は困難であると述べています。

bikiの公式サイトはこちら!

▶ 【ハワイに新たな自転車レーンが誕生!】バイクレーンのメリットとハワイの自転車ルール


皆さんにお役に立つコラム記事が300記事以上!
他の記事もぜひチェックしてみてくださいね。
Crazy about Hawaii! by ナビちゃおハワイ|コラム一覧

「ナビちゃおハワイ」編集長mimi
著者:「ナビちゃおハワイ」編集長mimi


ハワイ情報サイト「ナビちゃおハワイ」を運営。
ストリートビューでのハワイ散歩が趣味で、毎日妄想ハワイ旅行をしては次回のプランを練っています。 滞在中は、バスやレンタサイクルを駆使してB級グルメを堪能。 旅行者目線ならではのハワイをお届けします。

「ナビちゃおハワイ」 / 編集長mimi個人ブログ「全てはハワイのために・・・」

関連する記事