【プリンス ワイキキ】2023年12月まで対象の特別プラン「ただいまハワイ」の販売開始!

【プリンス ワイキキ】2023年12月まで対象の特別プラン「ただいまハワイ」の販売開始!

Aloha!

プリンス・ワイキキから特別プラン「ただいまハワイ!」の販売が開始されているのでご紹介します!

▶ ワイキキの夜の名物「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ」の花火が再開決定!|LaniLani

25%オフの特別プラン

princewaikiki

「プリンス・ワイキキ」からハワイを愛する全ての人に対して3泊以上の宿泊料金が25%オフとなる特別プラン「ただいまハワイ」の販売が開始されました。こちらのプランの予約受付は2022年4月13日~2023年12月15日、宿泊期間は2022年4月13日~2023年12月22日が対象となっています。これからハワイ旅行を考えていらっしゃる方はお見逃しなく!

詳細はプリンス・ワイキキ公式サイトをご確認くださいね。
▶ プリンスワイキキ公式サイト

プリンス・ワイキキの魅力!

princewaikiki

アメリカの旅行雑誌最大手 「トラベル・アンド・レジャー / Travel + Leisure」が実施した読者投票企画「ワールドベストアワード 2021」のハワイのホテル部門において2位にランクインするほど人気の「プリンス・ワイキキ」!今回は魅力もご紹介したいと思います!

全室オーシャンビュー

2017年にリノベーションが完了し、全面リニューアルを経たオーシャンフロントのホテル「プリンス・ワイキキ」!なんと、全客室がオーシャンビューとなっていて滞在中は常にハワイらしい景色を堪能できます!時期によっては海に沈む夕日を部屋から見ることもでき、壮大なサンセットに感動すること間違いなしです!

アメニティ

女性にとってはお部屋のアメニティも重要ポイント!「プリンス・ワイキキ」ではカウアイ島の大自然から生まれた人気オーガニックコスメ「マリエオーガニクス」で統一されているのも魅力的です!ハワイらしい香りに癒やされます。

人気のインフィニティープール

ダイヤモンドヘッドタワー5階にある宿泊者専用プールの種類は、スイミングプール、インフィニティープール、ジャクジーの3種類!目の前にヨットハーバーが広がる全面オーシャンフロントビューを存分に楽しめるリゾート感たっぷりのプールエリアとなっています。

特にインフィニティープールは人気で、Webマガジン「エリート・デイリー 」にて世界のおすすめのプールとしてもランクインするほどです!インスタ映え抜群の写真が撮れます。

有料となりますが、プライベートな時間を楽しみたい方はちょっと贅沢して「カバナ」を利用するのもおすすめです。最大で午前11時から午後7時半まで使用でき、ピザやカクテル、ボトルウォーター、日焼け止めローションのサービスも含まれます。

夜になるとプールサイドはライトアップされ、遅くまで素敵な時間を過ごすことができます。金曜の夜は「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ」から打ち上がる花火を鑑賞でき、プールサイドからは歓声が上がることもあります!

▶ ワイキキの夜の名物「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ」の花火が再開決定!|LaniLani

便利なロケーション

ワイキキの中心部からは少し離れてはいますが、ワイキキとアラモアナエリアの間という、とても便利なロケーションにあります!特に魅力的なのが、アラモアナセンターまでは徒歩10分かからないこと。子連れでも歩ける距離にあり、滞在中は何度もアラモアナセンターまで行けます!

princewaikiki

ビーチもワイキキビーチとアラモアナビーチパークの両方が徒歩圏内!徒歩5分の距離には「ドクター・ビーチ」が選ぶ全米のベストビーチランキングで1位を獲得したこともある「デューク・カハナモク・ビーチ」があります。また、子連れには波がなく安心の「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」のラグーンもおすすめ!

alamoanabeach

さらには観光客は比較的少なく、ワイキキビーチよりもゆったり過ごせるアラモアナ・ビーチも徒歩で行けます。ビーチに行く際は1階のフロントでビーチタオルを貸し出ししてくれるので忘れないで下さいね。

なお、時間帯によっては日差しが強く、歩くのが大変なこともあるのでなるべく涼しい時間帯に移動をすることをおすすめします。

 

日系ホテルということもあり、日本語サービスも充実しているのでとても安心!更には日本食が恋しくなった際にはホテル内に手頃な価格で新鮮なお寿司が食べられる「活美登利寿司」があるなど、まだまだ魅力がたっぷりの「プリンス・ワイキキ」!特別プラン「ただいまハワイ」を使用してぜひ、お得にステイして下さい!

Mami
著者:Mami

35歳の時に長年勤めていた新聞社を退社し、思い切ってハワイにやって来ました。
今はオアフ島にて2人の女の子の子育てに悪戦苦闘しながらも週末は家族でのんびり。

ハワイの風を皆さんにもお届けできたらと思います!!

アメブロ「Ninjaのハワイで子育て生活 英語力0の嫁と日本語力0の旦那」

関連する記事