【締切間近】日本から参加可能!第11回インターナショナルウクレレコンテストのお知らせ

【締切間近】日本から参加可能!第11回インターナショナルウクレレコンテストのお知らせ

カバー写真インスタ参照:https://www.instagram.com/p/CchJmUaAy_c/?utm_source=ig_web_copy_link

Aloha!

日本からも参加が可能な「第11回インターナショナルウクレレコンテスト」の締切が延長になったのでお知らせいたします!

オンラインでの開催

毎年5000人以上のウクレレ愛好家が世界中からハワイに集まる、人気の無料イベント「ウクレレピクニック・イン・ハワイ」!

そんな「ウクレレピクニック・イン・ハワイ」の一環として「インターナショナル・ウクレレコンテスト」が毎年開催されています。

このコンテストは、世界中のアマチュアミュージシャンたちがその腕を競うハワイで唯一のウクレレコンテストですが、満3歳以上になるウクレレ愛好者であれば世界各国から誰でも参加でき、毎年ハワイで開催されていますが、昨年に続き今年もオンラインでの開催となりました。

応募詳細

応募受付

本コンテストの応募受付は、日本時間の2022年3月6日(日) 午後12時~5月14日(土) 午後12時(ハワイ時間:2022年3月5日(土)17時~2022年5月13日(金)午後17時まで)と締切が延長となりました!

応募資格

・2022年1月1日の時点で満3歳以上になるウクレレ愛好者(13歳未満の出場者は保護者の同意が必要です)

・商業的音楽活動をしていないこと、プロダクションに所属していないこと。(アマチュアのみのエントリー)

応募方法

応募方法は公式サイトの指定フォームより申し込みの上、演奏動画をYouTubeにアップするのみで、YouTubeにアップロードする動画にハッシュタグ#internationalukulelecontestを必ずつけてください。

応募費用

本来は、エントリー費がかかりますが、より多くのウクレレプレイヤーが本コンテストに参加し、ウクレレの音色を世界中に発信することが、世界の平和につながると信じ、本年度は特別にエントリー費は無料です。

応募部門

1.ソロ部門/KEIKI&TEENS(3歳以上~19歳未満)

2.ソロ部門(19歳以上〜)

3.ソロボーカル部門(3歳以上〜)

4.グループ部門(2名以上のウクレレグループ演奏)

受賞者発表

2022 年 5 月 29 日(日) 13:00~15:00、YouTube チャンネル ( https://www.youtube.com/user/ukupichawaii ) にて、オンラインストリーミング生放送で受賞者が発表されます。

 

コンテストの詳細&応募はこちらからチェックしてみてくださいね。
▶ インターナショナルウクレレコンテスト 公式サイト

ハワイ州立図書館の無料ウクレレ貸出しプログラム

ハワイ州立図書館では、子どもたちが気軽にウクレレに触れられることを目的にした、無料ウクレレ貸出しプログラムが数年前から行われていて、先日、我が家の娘たちも図書館にてウクレレを借りて来ました。

借りるのはとても簡単!IDとライブラリーカードの提示、申込み用紙を提出するだけでウクレレ、ウクレレカバー、チューナーの3点を3週間無料で借りることができます。

なお、紛失または修理できないほど損傷した場合、ウクレレの交換にかかる総費用は50ドル、期日までに返却されなかったウクレレについては、1日あたり25セントから合計$7.50までの罰金が課せられます。

カラフルなウクレレはとても可愛らしく、また子供用のサイズなので持ちやすく娘たちも大喜びです!

図書館によってはウクレレが置いていない所もあるので、まずは電話でお近くの図書館にて確認してください。

詳細はこちらをチェック!
▶ ハワイ州立図書館公式サイト</a>

初心者におすすめのYouTube

参照:Gazzlele

ウクレレを借りた娘たちですが、実はウクレレは初心者。どうして良いか途方に暮れていた際に多くの友人からすすめられたのが「ガズレレYOUTUBE完全ガイド」でした。

皆もコロナ禍で自宅で過ごす時間が増え、ウクレレを初めたそうですが、「ガズレレYOUTUBE」のお陰で今では何曲も弾けるようになったんだとか。

早速、娘たちも挑戦!ウクレレの持ち方から、チューニング、定番コードの解説、かんたん練習曲の無料動画などがあり、なんと娘たちは1日で「鯉のぼり」を歌いながら弾けるようになりました!

▶ Gazzleleの詳細はこちらからご確認ください。

「第11回インターナショナルウクレレコンテスト」の応募締切までまだ数日あります!この機会にぜひ皆さんもウクレレを始めてみませんか?!

3歳から満11歳までの子どもたち(グループ部門を除く)には先着50名に、Keiki Ukulele of Japanからの提供としてキワヤ商会からのピクレレのプレゼントもあります!

Mami
著者:Mami

35歳の時に長年勤めていた新聞社を退社し、思い切ってハワイにやって来ました。
今はオアフ島にて2人の女の子の子育てに悪戦苦闘しながらも週末は家族でのんびり。

ハワイの風を皆さんにもお届けできたらと思います!!

アメブロ「Ninjaのハワイで子育て生活 英語力0の嫁と日本語力0の旦那」

関連する記事