ハワイでガンシューティング♪体験の価値あり!!

ハワイでガンシューティング♪体験の価値あり!!

せっかくアメリカ51番目の州ハワイへ行くのですから、日本では経験できないことをしたいと考える人は多いはず。
そこで今回はハワイの射撃体験についてお話しします。

ハワイ旅行を決めた理由の一つ

最初のハワイ旅行を決めた理由の1つが、ハワイで拳銃を撃ってみたいと思ったことでした。

ワイキキの中心にあるロイヤル・ハワイアンセンターに拳銃を撃たせてもらえるガンクラブがあると知り、予約を入れました。

残念ながらその時に射撃を体験したロイヤルハワイアン・シューティングクラブは、2016年に25年の歴史に幕を閉じてしまいました。
しかし本物の拳銃を撃った時の感覚は強烈なものでした。

ガンシューティングするために

日本では拳銃に対して良いイメージを持っている人は少ないですよね。
さらにワイキキの街などで「拳銃を撃ちませんか」と客引きが勧誘しているのも、良くないイメージを助長しているように思えます。

州が拳銃所持を禁止するハワイですが、ガンシューティングを体験できるところがいくつかあります。
例えば「ハワイガンクラブ」や「ワイキキガンクラブ」。
更に日本人が経営し、日本人のインストラクターが常駐する「スワットガンクラブ」などが営業しています。

もしハワイへ行って射撃を体験するのなら先ずは安全に配慮し、インストラクターがきちんと指導してくれるシューティングクラブを選ぶことが重要です。

料金についても、客に無断でオプションを付け追加料金を請求するシューティングクラブもあるので注意が必要です。

想像とは違うその迫力に感じた事は

多くのガンクラブでは料金別にコースが分かれ、そのコースによって撃つことのできる拳銃が異なっています。

安全が管理されているシューティングクラブで射撃をするときには、パスポートなどの身分証明が必要になります。
またアクティビティを体験するときに書くことの多い免責同意書へのサインも必要です。

ガンクラブでは必ず1組に1人のインストラクターが付き、銃の撃ち方を教えてくれます。
射撃しているときにも後ろで見てくれているので安心して射撃を体験できますよね。

インストラクターから聞いた話ですが、男性より女性のほうがしっかりと的を狙うので命中率も高いといっていました。

実際に拳銃を撃ってみると非常に乾いた鈍い音で発砲しますが、体に伝わってくる衝撃から、その危険性も感じられます。

信用できるガンクラブで一度体験してみることをお勧めします。

ハワイの射撃体験についてお話ししました。
危ない、雰囲気が怪しいなどネガティブな雰囲気を感じる人が多い射撃体験ですが、きちんと管理されたシューティングクラブなら安心して射撃を体験できます。
せっかく「海外、ハワイ」へ行くのですから、射撃体験だけでなく日本で体験できないことを色々と体験してみて欲しいと思います。

ワイキキガンクラブ/Waikiki Gun Clib アクセス+店舗情報

ワイキキガンクラブ/Waikiki Gun Clib

住所:
2142 Kalakaua Ave. 2F Honolulu
電話番号:
808-922-6442
営業時間:
10:00~23:00 、日曜 12:00~23:00
定休日:
無休
URL:
http://www.jp.hawaiigunclub.com/
K@z
著者:K@z
LaniLaniでまとめ記事の執筆を担当しているフリーランス・ライターです。
毎年ハワイに渡るようになって、もう少しで10年目。
これまでの旅の経験や、まとめ記事では書けなかったこと。
ワークショップやカルチャーセンターで習ったウクレレやラウハラ編み、
ハワイアンキルトなどに関することも発信出来ればと考えています。
ハワイの画像のみをアップしているInstagramも更新中。

関連する記事