まるでプチ・ハワイ旅行♪ハワイを舞台にした小説3選

まるでプチ・ハワイ旅行♪ハワイを舞台にした小説3選

夏休み、何をしようかな?
特に予定を立てていないな…。
そんなときは、ハワイを舞台にした小説を読んでみませんか?

ハワイ旅行に行けなくたって、小説の世界にゆっくりと浸ることで、まるでハワイにいるかのような気分に♪
読めば、プチ・ハワイ旅行を叶えますよ。

今回は、夏休みに読みたいハワイを舞台にした小説をご紹介します。

「カイマナヒラの家」池澤夏樹

多くの旅を重ねながら執筆活動を行っている、作家・池澤夏樹さん。
この小説のタイトル「カイマナヒラの家」の「カイマナヒラ」とは、ハワイ語で「ダイヤモンド・ヘッド」という意味を持っています。

ダイヤモンド・ヘッドの麓にある古びた家に移り住んだ主人公が、サーフィンを通じて様々な人たちとの交流を描く短編集。
小説の中には、ハワイのようにゆったりとした時間が流れています。
ハワイの大自然を映し出す美しい文章、そして間に挟まれる写真家・柴田満之が撮影したハワイの風景も必見です。

「ホテル・ピーベリー」近藤史恵

ミステリー好きにはこちらがおすすめ!
近藤史恵さんの「ホテル・ピーベリー」です。

とある理由から教師を辞めた主人公・木崎淳平が訪れたのは、ハワイ島にある日本人夫婦が経営するホテル。
そこは3ヶ月以上の長期滞在専用で、しかも1度しか泊まることのできない、ちょっと不思議なホテル「ピーベリー」。
ホテルには、木崎以外にも4人の日本人が長期滞在していた。
ゆったりとハワイで過ごす中、宿泊客から「楽しみにしてろよ。今に面白いものが見られる」という言葉が…。
そんな中、客の一人がプールで溺死してしまう…。

最後まで目が離せない、謎解きミステリーです。

「まぼろしハワイ」よしもとばなな

「まぼろしハワイ」は、ハワイ、そして生と死をテーマにした3つの物語が連なるように描かれた短編集です。

父親を亡くしたオハナは、義理の母親・フラダンサーであるあざみと一緒にハワイへと向かいます。
ハワイの大自然の中、大きな愛に包まれながら、生と死を感じ、そして癒されていく…そんなスピリチュアルな作品。

表題作をはじめ、その他にも「姉さんと僕」、「銀の月の下で」にも家族について、そして生きるということについて考えさせられるお話が。
読めば、ハワイという大きな愛に包まれたかのようなあたたかさ、輝きを感じられるはずです。

ハワイを愛する作家・よしもとばななさんは、他にもハワイ島の最南端、カ・ラエ岬(通称サウスポイント)を舞台にした小説「サウスポイント」も発表。
小説を書くために実際にハワイ島を訪れただけでなく、なんとフラダンスを習い始めたんだとか。
フラダンスを通して、ハワイの文化や精神を理解することで、ハワイを体感できるような作品を執筆できたのですね。

以上、ハワイを舞台にした小説をご紹介しました。
どの作品も、読めばハワイの空気感がいっぱい詰まった、心揺さぶられる内容になっています。
今年の夏休みには、ぜひハワイを舞台にした小説を読んで、プチ・ハワイ旅行をしてみませんか?

関連する記事