「インディペンデンスデイ」をサンセットクルーズで過ごした体験記

「インディペンデンスデイ」をサンセットクルーズで過ごした体験記

参照:Star of Honolulu

毎年7月4日はインディペンデンスデイ、アメリカの祝日の中でも一段と盛り上がりを見せる1日です。
この特別な日に、スター・オブ・ホノルルのサンセットクルーズに乗船したときの様子をご紹介します。

陽気な飾り付けの船内


参照:Star of Honolulu

今年のインディペンデンスデイウィークに、ハワイへ行くことになったので、サンセットクルーズへの参加を計画。
この時、スター・オブ・ホノルルのサンセットクルーズで、インディペンデンスデイだけの特別なクルーズが行われていると知りました。
申し込んだのは、ロブスター丸ごと1匹やテンダーロインステーキが味わえる贅沢なコース。

当日は、シェラトン・ワイキキ・ホテル横のバスターミナル「アロハ・ランディング」から迎えのバスにピックアップされ、
アロハタワーに近いピア8へ向かいます。

フラ・ダンサー達に迎えられながら乗船し、食事やショーを楽しむ会場となるキャビンへ。
室内は星条旗模様のテープや旗で飾りつけられ、インディペンデンスデイを実感できる内装となっていました。
案内された席に座ると、そこにはスターズ&ストライプの帽子やパーティー眼鏡、
さらにアメリカンカラーのレイまで置いてあり、パーティー気分が盛り上がっていきました。

優雅な食事が最高のひと時


参照:Star of Honolulu

まずはスパークリング・ワインで乾杯します。
セルフサービスのクラッカーやチーズ、トロピカルフルーツなどのアペタイザーをつまんでいると、
スタッフがテーブルを廻ってきて参加グループごとに記念撮影をしてくれました。
この写真は豪華なアルバムに入った記念写真として購入できます。

ディナーが運ばれている最中、サンセットタイムになりました。
僕たちは席を立って良いのかわからずサンセットを見逃してしまいましたが、
デッキには自由に出ることができ、美しいハワイの夕日を海の上から眺められるそうです。

ロブスターなどすべての料理がテーブルにサーブされると、食事とショーがはじまります。
ドリンク類はあらかじめチケットを2枚渡されるので、好きな飲み物を2杯まで無料で楽しむことができます。
ちなみに、ここまでは普段のサンセットツアーと同じ内容です。
そして、インディペンデンスデイのスター・オブ・ホノルルはここから段々盛り上がっていきました。

インディペンデンスデイは参加者全員でダンス!?


参照:Star of Honolulu

僕たちは乗船したときに、花火がはじまるタイミングを教えてもらえました。
この花火はいつものヒルトンの花火と違って、インディペンデンスデイの特別華やかなものとなっています。
デッキに出てしばらく待っているとヒルトン・ハワイアンビレッジの辺りで花火が始まりました。
ワイキキの夜景を背景に打ちあがる花火は美しく、迫力満点でロマンチックな15分でした。

その後、デッキはパーティーモードになり、スタッフやフラ・ダンサーの人たちと一緒に参加者全員でジェンカを踊って大盛り上がり!
インディペンデンスデイならではのクルーズを思いっきり楽しみました。

予約は公式HPからどうぞ!

ハワイならではの陽気なパーティーに参加したい方は、インディペンデンスデイを狙ってみてはいかがでしょう。
落ち着いた優雅なひと時をお求めの方は、普段のプランがぴったりです。
ぜひ、チェックしてみてください。

スター インディペンデンスデークルーズ/Star Independence Day Cruises アクセス+店舗情報

スター インディペンデンスデークルーズ/Star Independence Day Cruises

住所:
Pier8,1 Aloha Tower Dr,Honolulu
電話番号:
808-983-7730
営業時間:
18:15~21:15 、7月4日(インディペンデンスデイ)
URL:
https://www.starofhonolulu.com/holiday-cruises-oahu-hawaii/independence-day-cruise/
K@z
著者:K@z
LaniLaniでまとめ記事の執筆を担当しているフリーランス・ライターです。
毎年ハワイに渡るようになって、もう少しで10年目。
これまでの旅の経験や、まとめ記事では書けなかったこと。
ワークショップやカルチャーセンターで習ったウクレレやラウハラ編み、
ハワイアンキルトなどに関することも発信出来ればと考えています。
ハワイの画像のみをアップしているInstagramも更新中。

関連する記事