ハワイのソウルフードを自宅でも!お家で作れる簡単ロコモコレシピ♪

ハワイのソウルフードを自宅でも!お家で作れる簡単ロコモコレシピ♪

ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを乗せ、グレービーソースをかけたロコモコ。
日本でも、カフェやファミリーレストラン、コンビニのお弁当など目にする機会が多く、私たちにもなじみの深い料理です。

ハワイに行けば、お店ごとにオリジナルのロコモコに出会え、単に「ロコモコ」と言ってもいろいろな味を楽しめます。
自宅でも、ハワイ気分を味わうために、ロコモコを作ってみませんか?
今回は、とってもカンタンで、おいしいロコモコレシピをご紹介します!

ハワイのソウルフード「ロコモコ」

ロコモコの起源は、じつは明らかではありません。
一説によると、「ロコ」は地元、「モコ」は混ざるというハワイ語の意味から、具材を混ぜながら食べるという「ロコモコ」になったと言われています。

ご飯の上にハンバーグと目玉焼きが乗り、そこにグレービーソースがかけられた基本的なものから、フライドオニオンやトマト、マッシュルームが混ざっているものまで様々。
また、グレービーソースもお店によって味に大きく違いがあり、店舗によってはデミグラスソースを使用していることもあります。

日本では「ロコモコ丼」のスタイルが人気で、グレービーソースがかけられたハンバーグと目玉焼きに、野菜をトッピングしているものが主流になっているようです。
今ではロコモコは、とても奥が深い料理といえるかもしれませんね。

ロコモコレシピをご紹介!

【材料】(2人分)
●ハンバーグ

  • ひき肉 250g
  • 卵 1個
  • たまねぎ 1/2個
  • 塩、こしょう 少々

●ごはん、トッピング

  • ごはん 2杯
  • アボカド 適量
  • トマト 適量
  • 卵 2個

●グレービーソース

  • ★水 200cc
  • ★しょうゆ 小さじ1
  • ★みりん 小さじ1
  • ★コンソメ 小さじ1
  • 片栗粉 大さじ1

【作り方】

    1 玉ねぎはみじん切りにする
    2 みじん切りにした玉ねぎと、ハンバーグの材料を全てボウルに入れ、ねばりが出るまでこねる
    3 ハンバーグの形に形成する
    4 フライパンでハンバーグを焼く
    5 アボカド、トマトは食べやすい大きさに切り、卵は目玉焼きにする
    6 グレービーソースを作る
    ★を小なべで混ぜ、ひと煮立ちさせた後、水に溶いた片栗粉をゆっくりと混ぜ合わせる
    7 器にご飯を盛り、ハンバーグ、目玉焼きを乗せる。
    野菜をトッピングし、最後にソースをかけてできあがり♪

素材にこだわるならば、アロハ醤油を使うのもおすすめです!

ひとり分なら、超簡単バージョンで♪

ひとり分を作ったり、時間を節約したりするのなら、コンビニなどで販売されているハンバーグを使用する方法がありますよ!

市販のハンバーグなら、ソースもついてくるので、あとは目玉焼きを作り、野菜を切るだけ!
お肉を手でこねる手間もいりません。
とってもカンタンですね。

私は、コンビニハンバーグのロコモコ丼を、お弁当として職場によく持って行っていました。
お弁当箱にはご飯と市販のハンバーグ、目玉焼きを詰め、野菜は別のタッパーに入れて持って行き、食べる直前に野菜をトッピング。
野菜を多めにしたり、職場にレンジがあるならば、チーズを乗せて温めたりと、いろいろアレンジもできますよ♪

パーティー用にはミニロコモコがおすすめ

持ち寄りパーティーにもロコモコは人気です!
みんなで少しずつ食べられるように、ミニロコモコを作るのがおすすめ。

ハンバーグはミニサイズに作るのも良いし、お弁当用で売っている冷凍ミニハンバーグを使用すると簡単です。
目玉焼きは、ウズラの卵を。
野菜はみじん切りにすると、立食形式のパーティーや、ピクニックなどバランスの悪い場所でも食べやすくなります。

ひとり分をミニカップに盛り付けたり、100円均一ショップなどで売っているフタ付のプラスチックカップに入れたりすると、持ち運びも楽でしょう。

子どもからシニアまで、みんなが大好きなロコモコ。
手軽に作れるし、お腹いっぱいになるので、いろいろなシーンで活躍しそうです。
ハンバーグと混ぜて食べられるので、野菜が苦手なお子さんにもぴったりのメニュー。
ソースやトッピングは自分の好みでアレンジ自在です!
ぜひ、参考にしてみてください♪


mitsuko
著者:mitsuko
子供の頃に家族で旅行をして以来、ハワイにずっと恋しています。
alohaな人と空気はここでしか出会えません。
毎年の渡ハでは、女子旅、ひとり旅、2泊の弾丸旅など毎回何か新しい発見を求めています。
王道からひと味違う旅まで、素敵な時間を過ごせるお手伝いができれば嬉しいです。

関連する記事